腰痛を解消するなら

2019年10月5日

腰痛は腰の痛みがある時には、湿布を貼ったり、冷やしたり温めたり、マッサージをしたり、鍼を打ったり、お灸をしたり、指圧をしたり、低周波治療器や電気などをかけたり、整体やカイロプラクティックに行って整えたり、サプリメントを飲んだり、薬を飲んだり、色々な方法があると思うんですが本当の原因を見つけることをしなければ、一時抑えになってしまいます。

腰痛、腰の痛みの直し方

腰痛の治し方

腰痛の治し方というのは色々な方法があると思うんですが、どれもこれも効果があるから治療法として成立しているわけですけど、多くの治療法では原因を見つけ出すまで至っていないという事実があります。

腰痛になっている原因は体の中にありますので、体に何かが起きているから腰の痛みとして起きているのに、原因は簡単に見つけ出すことができないために、対症療法の治療法が多く見受けられますが対症療法というのは、原因なんかは関係なく痛みを楽にすることに専念している治療になります。

腰痛、腰の痛みと湿布を貼る

腰痛は腰の痛みがある時には、急性状態では湿布を貼ったりして冷やした方がいいと思いますので、暖かくなる湿布よりも、冷たく感じる湿布の方が有効だと思いますが、患部を触ってみて暖かい感じがあれば熱を持っていたり炎症や腫れを起こしていますので、その時には必ず冷やす湿布を貼ってください。

腰痛、腰の痛みと湿布を貼る

痛みが強い時には温めたりすることは、よくないこともありますので、お風呂に入ったり入浴したりすることもなく、安静状態を保つようにしたり眠るということが、大切なことになりますので眠ることで、回復する場合も多くあり早く促すことができます。

家でゆっくりするというよりも、ゴロゴロダラダラしても意味はありませんので、眠らなければ回復はしませんし、本当に熟睡ができていれば回復しやすいと思います。

腰痛は腰の痛みが起きる時には自分で感じていないほど状態が良くないし、体調を落としていますので回復させなければいけませんが、回復するためには栄養のあるものを食べるというのも有効的な手段なんですがゆっくりと家で熟睡を取らなければ回復は望めません。

湿布を貼って良くなる程度の腰痛や腰の痛みでは、楽になっていきますが、痛みを改善することが出来ても原因は残ったままになっています

腰痛、腰の痛みとサプリメント・薬

サプリメントと腰痛、腰の痛み

腰痛は腰の痛みがある方がサプリメントや薬を服用することもあり、薬というのは一時的に痛みを緩和することができる可能性もあるんですが、サプリメントというのは 栄養やビタミンやミネラルや何かのエキスが入っているという感じで腰痛を楽にすることも可能だと思うんですが原因が残ったままになっています

腰痛とマットレス・布団

布団やマットレスで寝ている時に腰痛を起こしている方が多くいるんですが経年で布団がへたっていたりすると腰を痛めてしまうこともありますので年数が経っていてへたっているような布団を使っていては疲れやストレスも取れないことも多くありますので変えたほうがいいと思います。

布団やマットレスが合う合わないというのは、ご自分の状態のことを考えていませんので布団やマットレスのせいに完全にすることはできません。腰痛、腰の痛みと布団

布団やマットレスが合わないという方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくある可能性もありますし背骨がずれていることもあるんですが歪みやズレや開きの原因がさらに奥に潜んでいるため回復ができないということです。

腰痛とストレッチ・運動・筋トレ・水泳

腰痛、腰の痛みとストレッチ

腰痛や腰の痛みが起きやすい方は運動不足だとか筋トレをしなきゃいけないとか水泳で泳いだ方がバランスが良くなるとかストレッチして筋肉や靭帯を伸ばしたほうがいいという感じで色々なことを言われるんですが腰痛がひどい時には色々なことをしない方がいいと思います。

どうして色々なことをしてしまうといけないのかと言うと体調を落としているから動いたり運動したり筋トレしたり水泳をしたりすることで負担になるからです。ストレッチと腰痛、腰の痛み

二になるものは筋肉ではありませんので筋肉以外のもので負担になっていますので状態が良くない時には運動したり筋トレしたり運動不足だとか思わないほうがいいと思います。

腰の痛みや腰痛が起きた時には、必ず何かが落ちているから痛みになっているわけですからこの場合の何かと言うと原因は腰痛を起こしている大元の原因になっていますので下の方で説明しています。

腰痛とマッサージ、指圧、鍼灸

腰痛は腰の痛みがある時は筋肉を揉んでもらうマッサージなどが有効だと言われているんですが筋肉だけで起きている腰痛というのはないと思います。腰痛とマッサージ

マッサージというのは筋肉に対して揉んだり押したりほぐしたりということをしていますので腰痛というのは筋肉だけで起きていることはありませんので肩こりでしたら有効な手段かも分かりませんがマッサージというのは強制することもなく筋肉だけをもみほぐしているだけですから腰痛に対してはどうなのかなと思っています。

腰痛と低周波治療器や電器

低周波治療器や電気などは当院でも昔多くの電気を使っていましたので、よく知っていますが低周波治療器に代表される電気というのは痛みやこりを治すことはなく、散らして分からなくしているだけであり、本当の意味で治療とは言えないと思っていますので、当院では一切の電気や機械や低周波治療器を使うことはしなくなりました。

本当に治療をしなきゃいけないのに痛みやコリを分からなくしたり、ごまかしたり、散らしたりということをして、どうするのかという問題があるので、急性状態で電気や機械をかけるということが有効な手段ですし簡単でいいんですが、当院では電気や機械などは用いることはしていません。 電気や機械というのは、モノさえあれば素人でもできるからです。

腰痛ベルト

腰痛ベルト

腰痛ベルトをする時には重たいものを持ったり仕事上では構わないと思いますし圧迫することで血の流れが悪くなり血流が悪くなってしまいますし内臓の働きも低下してしまいますのでいつも腰痛ベルトをすればいいというわけではなく負担になることをする場合だけに限ってください。

腰痛と病院

腰痛、腰の痛みと病院

腰痛は腰の痛みが起きた時には病院に行くとレントゲンを撮ってもらってレントゲンに異常がなければ注射を打ってもらうこともあるでしょうし、注射というのは痛み止めですから痛みを止めているだけでやり、原因の解消にもなっていませんので痛みを止めてしまうことで進行していくという事も起きてしまいますので湿布を貼っても同じことです。

腰痛、腰の痛みと整体・カイロプラクティック

腰痛は腰の痛みが 起きた時には整体院やカイロプラクティック院に行って、骨盤矯正や背骨の矯正をしてもらうと楽になることもあるんですが、どうして骨盤が歪んでいるのか背骨がズレているのかと言うことまで、確認していませんし、見つけ出すことができていないことが多くあります。骨盤矯正、背骨のズレ

骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がズレたりする原因が存在していますので原因は、すべて体の中に残ったままになっているのに残したまま骨を矯正してもまた元に戻りやすく、一過性でしか過ぎませんので原因もいつまでも同じままではいられません。

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛や腰の痛みを起こしている原因はどこにあるのかという問題を見つけ出さなければいけませんので見つけ出すためには、まずは腰の痛みや腰痛を楽にすることから始めていきますので当院では楽にするためには検査して異常のある部分を見つけ出すことをしています。 検査

① 筋肉、じん帯のバランスと炎症やハレを検査する ⇒ 検査して確認できれば回復させる

② 骨盤の歪み・背骨のズレの検査 ⇒ あれば矯正して整える

③ 骨盤の歪み・骨盤の開きを起こしているモノを見つけ出す事

④ 最近は、普通ではおこりませんが腹膜の炎症や腫れや膿がたまっている方もいますので検査して見つかれば回復を図らねば腰痛が取れないこともありますので、普通ではおこりませんが特殊な症状です。 一度で、全て回復することはありませんが、少しずつ楽にできます。

⑤ 普通では、起きることはありませんが、骨盤のゆがみや背骨のズレだけではなく骨盤、 背骨の炎症や腫れ、つまり骨自体の炎症や腫れがあることがありますので、骨自体が炎症や腫れを起こしているのを回復していかないと、腰痛が取れないし安定しないということもあります。

⑥ 内臓疲労を検査で確認

腰痛は腰の痛みの原因は骨盤のゆがみや背骨のズレなんですが、どうして歪みやズレが起きるのかという原因は毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが満たされていきます。疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れやストレスは弱い部分にたまる傾向がありますので、弱い部分が、どこなのかで腰痛になるのか、肩こりになるのか、生理痛になるのか、便秘になるのかが決まります。

疲れやストレスというのは体に蓄積していくということが起きてしまうんですが弱い部分に溜まっていくことで色々な症状を起こして行きますので筋肉にも溜まりながら最大のものは内臓にたまっていきますので内臓と言っても病気と言ってるわけではなく内臓疲労から骨盤のゆがみや背骨のズレを起こして行きます。

弱い部分に疲れやストレスが多く溜まっていくと単純に疲れやストレスが溜まっただけでは済まなくなって負のエネルギーに変換されて、細胞を変化させながら細胞を悪くしてしまいますので悪くなったものの最終形態が可能性としてですが病気になってしまいます。

疲れやストレスが自力で解消できなくて負のエネルギーに変換されてしまうと内臓の細胞を変化させてしまい内臓を徐々に蝕んでいくようになっていき最終形態が病気に近づこうとして病気になってしまうか、病気の手前で数値的な異常が出ない状態になります。

健康診断を受けている方も例えばですけど80%を超えてしまったら、病気という診断が下るのに70%では病気というわけではないから完成していないということで、健康だと言われてしまいます。しかし当院では病気の専門家ではありませんので病気として完成してしまったら数値的な異常が出ていると思いますので病院に行って、しっかりと検査することをお勧めします。

眠りの問題と腰痛、腰の痛み

不眠症腰痛は腰の痛みがある方が眠れていない場合が多くありますので眠れていない場合は回復する力もなくいくらどんなに骨盤の歪みは背骨のズレを整えようとしても回復が遅れたり回復しなかったり戻りやすいということがありますので眠りというのは、かなり自分の症状と合致して色々なものを起こしていきますので簡単に考えている場合ではありませんので、眠りができていないかとは脳細胞の急激な減少を招いて行き色々な症状に発展していく場合があるんですが発展して行く前には麻痺した状態を作ってしまうことがありますので自分の状態がわからなくなっている方も多くなっています。

眠りというのは、脳が寝ていること、つまり熟睡状態の時間だけなんですが熟睡で最高に長くとっても30分以内です。

不眠症と腰痛、腰の痛み

不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症の特徴なんですが夜中に何回も目を覚ましたりすることもあって、すぐ眠れるから不眠症だと思ってないし考えていない方が多くなっています。 眠り

不眠症の方は体を検査してみると状態がかなり悪くすごく落ちているのに自分で感じていない方が多くなっていますので脳内麻薬が多く出てしまいモルヒネに似たホルモンが出るため痛みやコリもわからなくなっていて限界まで溜めた状態で腰痛を起こしている方もいます。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み

睡眠負債は夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがないのが特徴ですけど眠りが浅い睡眠しかしていないのに目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないため分からなくなっている方が寝ていると思っている場合です。睡眠負債

多くの方は不眠症ではなくて睡眠負債の方が8割以上いますので気が付いていないで眠りが浅いのに普段の生活をしていると普段の生活していること自体が負担になっていますので運動したり鍛えたり水泳したり歩いたりジョギングしたりすること自体が内臓に凄い負担になっています。

腰痛、腰の痛みとは

当院の腰痛、腰の痛み解消法は

多くの腰痛の治療というのは原因を見つけることもなく何かをしていますので、原因を見つけ出すということは簡単な方法ではないために、テレビで特集されることもなく雑誌で特集されることもありませんが、腰痛には腰痛を起こしている原因が体の中に存在しています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる時には、筋肉、じん帯が炎症やハレを起こしている時もありますが、筋肉、じん帯が、どうして炎症やハレを起こすのか、原因があります。その原因とは、骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起きているからです。

 

 

ご予約・相談は093-962-9133  携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどがある時には、必ず骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレがありますが、姿勢でも起きる事はありません。骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレが起きるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスは体の弱い部分にたまっていくと骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。歪みや開きや背骨のズレになった時に、重たいものを持ったり、中腰をしたり、柔らかい布団に寝たりしたときに腰が痛くなります。骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレがなくて痛みになる事はありません。

座り方で、骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレが起きる事もありません。

疲れやストレスと言うのは人の体の弱い部分にたまっていきますから、腰痛の方の弱い部分と言うのが、どこなのか、です。

腎臓の弱さが腰痛になる

骨盤には骨盤を固定している筋肉があります。色々な固定している筋肉がありますが腰の痛みに関係しやすく骨盤を歪ませたり開かせたり背骨のズレを起こすのは大腰筋、腸骨筋が主です。

この大腰筋、腸骨筋と言う筋肉がバランスが悪くなると、骨盤が不安定になります。この不安定が歪みや開き、背骨のズレを起こしていきます。

大腰筋、腸骨筋のバランスを悪くして崩してしまうのは腎臓疲労からです。腎臓と大腰筋、腸骨筋には密接に関係があります。腎臓の疲労が大きくなると徐々に筋肉バランスが悪くなり崩れていきます。

この筋肉バランスが崩れた時に、何かをしたら、腰の痛みになります。腰痛が起きるのは、腎臓が弱い方です。弱い腎臓に疲れやストレスがたまると痛みになります。

体質改善と腰痛の施術

当院では体質改善と言う施術をしています。弱い腎臓を変える事ができる方法ですが、1回で変わる事はありません。体質改善の施術ができるようになるまでに数回はかかります。まずは体質改善をするよりも、腰の痛みを楽にしなければなりませんので。

楽になったら体質改善で腎臓を変えていくことができます。

 

Posted by phg42033