肩こりを解消するために

肩こりを楽にしていくためにはいろいろな方法があると思うんですが肩こりを起こしているときには原因がありますので原因から改善していかないと原因が残ったままになっていて肩の筋肉を揉んだりマッサージをすることでも一時的には楽になってしまいますが楽になっただけであり原因が消えたわけではありません。

肩こりを楽にしていく

肩こりを解消するために

肩こりと言うと多くの方が筋肉のコリと言うイメージがあるために筋肉ばかりに集中してマッサージをしたり、揉んだり針を刺したり補給をしたり指圧をしたり低周波治療器は電気等をかけたりすることも多くありますので、肩こりには必ず原因が存在していますので原因を見つけ出すこともしないで対症療法ばかりしていると原因も、いつまでも同じままではいられませんので進行するということがあります。

肩こりを解消していくには対症療法と根本療法というのが存在しています。

対症療法と言うのは楽にすることが可能だと思いますが根本的に直しているわけではなく一時的に表面的なものを解消する方法です。

肩こりと言うのは必ず原因が存在していますが原因を見つけ出す事は専門家の先生でも簡単な方法ではないためにできないことが多くありますので原因を見つけ出すこともなく検査をすることもなく解消して楽にすることをしています。

肩こりとは

肩こりを感じてしまったときには何が起きているのかということを考えてください。

多くの方が肩こりを感じてしまったときに何も感じていないで何も考えていないでただ湿布を貼ったりマッサージをしたり肩を叩いたりと言うことがあります。

肩こりと言うのは、必ず原因が存在していますが原因を見つけ出す事は、専門家の先生でも一般の方でも難しいことなので人それぞれで違う症状なのに見つけ出す事は簡単ではなりませんので確認もしないで筋肉を、ただ揉んだりリンパの働きだと思ってリンパを流すようなことをしたりリンパマッサージやリンパ療法をしたりと言うこともありますので、何も原因がなくてリンパの問題が起きることもありません。

肩こりといっても検査ができない方が多くいますが筋肉を揉んだり押したり叩いたりすることや湿布を貼ったりマッサージをすることで肩こりを一時的に楽に感じさせてしまうことができます。

筋肉のコリが肩こり

筋肉のコリが肩こり

しかし肩こりは楽になったとしても原因が残ったままになっています。

肩こりの原因を残したままだと、慢性化状態を招いてしまったり、こじらせてしまったりということが起きてしまう怖さがあります。

肩こりを揉んだりマッサージをすることで一時的に楽になってしまってそれで治ったと多くの方が思っているようですが実は治っているわけではなく一時的に楽になっているだけであり楽になったことを治ったと思うのは違います。

肩こりを根本的に改善していくためにはまずは楽にすることから始めていくますが筋肉がどんなに、ほぐれてもその先にあるものから解消していかなければ治っているわけではありません。

肩こりを楽にすることと原因から改善すること

肩こりを楽にする事は湿布を貼ったりしても楽になることもあるでしょうしマッサージをしても筋肉を揉んだりしても楽になることもあるでしょうし低周波治療機や電気などをかけても楽になってしまいますが、根本的な原因を見つけ出すことをしない限りはどんなに良い方法でもどんなに良い機械でも、筋肉の揉み方が上手な先生でも原因が残ったままになっていると言うことを考えてください。

肩こりを起こしているのは日常的に荷物を持ったりすることで形を意識しなければ荷物が落ちてしまいますので意識をすることで常時、肩の筋肉に力が入ってしまうことが原因などで起きてしまいますが、腕や肩や指先を使うことで全般的に筋肉の凝りが起きてしまうと言うことで筋肉の凝りが解消しなくなってしまうことが起きてしまいます。

筋肉が解消できなくなってしまったことが積み重なって肩こりになります。

肩こりのコリとは

肩こりを起こすときには凝りと言うのを考えなければいけません。筋肉が凝りを起こすと言うふうに一般的に言うようにコリと言うのは何なのかと言う意味があります。

肩こりを起こすときに凝りと言うのをよく使うと思いますが、意味不明な言葉と言うこともわかっていなければいけませんので凝りと言うのは、日常的に多くなってしまう筋肉の疲労や緊張や拘縮状態のことを言うと思います。

筋肉の問題が起きると言う事は当然なんですが代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まってしまうということが普通に起きてしまいますが、全員の方が同じことをしても肩こりになりやすい方となりにくい方がいます。

肩こりになりやすい方と言うのは何かの原因があって起きていると考えなければいけませんが同じ行動して起きる方と起きない方がいるということも問題だと思います。

肩こりになるときは

肩こりになったりするときには例えばですけどデスクワークでパソコン作業をしてキーボードを多く打っていると肩や腕や指先などに力が入ったままになっていますので力が入ったままで連続してキーボードを打ったりすることで肩こりになっていくと言うことが起きてしまいます。

体に疲れが溜まると背骨がずれる

体に疲れが溜まると背骨がずれる

しかし同じ作業をしても椅子の位置の関係やデスクの位置の関係やいろいろな物事で違う場合もありますし年齢等も違うだろうし仕事量も違うかもわかりませんが、肩こりになりやすい方と肩こりになりにくい方がいると言うことも考えた方がいいと思います。

肩こりを起こすときには仕事の問題や運動しないからだと言う感じでよく言われますが実はそれも一因ではありますが多くは他の原因も存在しています。

肩こりになってしまうのは

肩こりになってしまう原因と言うのは日常的に多く積み重なっていくものが原因です。

日常的にしている事と言うのは生活をすることでも生み出されていくものであり仕事をしていくことでも運動していくことでもストレッチや体操をすることでも多く重なっていくものが原因です。

日常的に多くなる事と言うのは仕事をすることでも運動することでも生活することでも車の運転をしたりすることでもデスクワークでも積み重なっていくものは疲れです。

疲れの蓄積と言うのは『疲れた』と思っても、いつの間にか疲れを感じなくなってしまいます。

例えばですけどデスクワークをして『あー今日は疲れたなぁ』と思っても、しばらくするといつの間にか疲れを感じなくなってしまいますし、寝て朝起きたら疲れを感じなくなっていることもあります。

急性状態つまり何か起きたときには疲れを感じているんですが、いつの間にか疲れと言うのは収納されるような状態で感じなくなってしまいます。

収納されると言うのは体に蓄積していくと言うことをで体に溜まっていく事なんですが体にたまってしまったことが原因でありとあらゆることが体には起きて行きます。

体に蓄積していくときには筋肉だけに溜まる事はありませんので体に溜まるわけですから体の中に何があるのかということも考えてください。

体には体重が100キログラムの方がいるとしたら、体をぎゅっ〜と絞ってみると水分が65キロから75キログラムも水が出てきます。

水分以外で残ったものと言うのは神経と血管とリンパ管と皮膚と皮下脂肪と筋肉とじん帯と骨と内臓と中枢神経系しかありません。

この中に疲れが溜まる部分がありますが筋肉以外です。

当然ですが筋肉が疲れが溜まると言う事はわかっていると思います。

筋肉だけをほぐせばいいわけではなく筋肉以外に溜まった疲れも減らすことをしなければいけませんが疲れと言うのは限界なくため込んでしまう傾向がありますので「ここまでしかたまらない」と言う事はありません。

何をしても疲れやストレスというのが関係する

何をしても疲れやストレスというのが関係する







コメント

タイトルとURLをコピーしました