体の崩れから

体に起きるあらゆる症状・体調の悪さ、調子が悪い、ダルイ、キツイ、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、頭の痛み、偏頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背中の痛み、背中のハリ、背中が重い、自律神経失調症、更年期障害などの色々な症状の原因と、小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット矯正の美容整体をする時に関係するモノは、同じモノです。

両方に深く関係して体調の悪さ、調子の悪さ、ダルイ、疲れやすい、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどを起こす時でも、浮腫みが多くなったり、小顔にする時でも、小尻にする時でも、ウエストを細くする時でも、関係するモノを減らすと楽になったり、小顔になったり、小尻になったり、浮腫みが減ったり、ウエストが細くなったりします。

両方に関係するモノは、特別なモノではありませんから、誰でもたまっているモノです。それも毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるモノです。

毎日の日常で多くなるモノと言うのは、多くの方が簡単に考えているモノであり、いつも感じているモノです。

しかし、これは日増しに蓄積して体にたまっていきます。

両方に関係して、日常で多くなるモノとは、疲れです

疲れが多くなると限界なくたまっていきます。疲れが多くなってしまうと疲労になり、疲労が多くなっていくと蓄積疲労になり、普通は蓄積疲労の事をストレスと言いますが、一般の方がストレスと言うと、わかっていないのに使っています。ストレスには精神的なストレスと肉体的なストレスがあります。

普通に、『ストレスがたまったぁ~』とか言ったりするのは、『疲れが溜まった』と言い換える事ができます。ストレスがたまると人は違う方向をしています。カラオケに行ったり、飲みに行ったり、ギャンブルをしたり、焼肉・ウナギを食べたり、旅行に行ったり、温泉に行ったり、普段と違う事をしてストレス発散と考えています。

 

これは精神的なストレス発散になりますが、発散と言うよりも気分転換にしかなっていません。普段と違うことをするから気分転換です。美味しいものを食べたり、綺麗な景色を見たり、趣味をしたりすることは楽しいですから。しかし精神的には気分転換ができても、肉体は、逆のことが起きています。

体には何をしても、何もしなくてもストレス(疲労)が溜まっていきます。家でユクッリしてもゴロゴロしても疲れが多くなっていきます、そして気分転換で多くなってしまった疲れも蓄積していきます。

疲れは体操してもストレッチしても筋トレしてもプールで泳いでもジョキングしても歩いても、疲れが生み出されてしまいます。サウナに入っても夏でも熱いと言う刺激になり疲れが多くなります。

脂分、糖分、炭水化物、甘いモノ、高カロリーのモノや焼肉、ウナギを食べも、内臓が働いてくれるから体を動かすエネルギーが作られます。ここで考えなければいけないのが内臓が働くと言う事です。人の生活や仕事と同じで内臓を働かせると言う事は内臓にも疲れが生み出されて内臓にたまっていきます。それは1日に3度以上、行われることになります。水を飲むことでも内臓は働きます。呼吸で酸素を体に取り込むことでも内臓は働きます。

体には多くのストレス(疲労)がたまっていきます。

日常で増えるストレス(疲労)の蓄積

体に日常で生み出される疲れが大きくなり、疲労になり蓄積疲労になって積み重なっていくと、体はあると、あらゆる悪いことが起きていきます。

まずは、代謝が悪くなります。

血液の流れが悪くなり、血液の中の老廃物の流れが悪くなります。

リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

神経の流れも悪くなります。

骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。

疲労の蓄積する場所から背骨のズレになります。

内臓の働きが低下します。

 

疲れがたまってしまうと、疲れが体の弱い部分により多くたまっていきます。人の体には弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は疲れはたまりにくく、痛みやコリになることも先将来につながる事もありません。

しかし弱い部分は、そうはいきません。弱い部分と言うのは一時的に弱くなっている部分ではありません。弱い部分は遺伝的な要素、家系的な要素が多く含まれています。人は今まで生きてきて生活してきて、多くの疲れを弱い部分に、ため込んでいます。ため込んだ疲労は、そのままではありません。たまったままではなく蓄積した細胞を変化させていきます。細胞が変化すると、どう変わるのかは考えて下さい。ここでは言えないことが水面下で進行していきます。症状を感じない時でも細胞の変化が起きて進行していきます。この最終形態が、何なのか、何になるのか??

体質的に弱い部分には疲れが溜まりやすく、ため込んでいくと必ず骨盤の歪み・骨盤の開きになります。そして溜め込んだ部分で背骨のズレの位置が違います。背骨のズレは腰椎部であれば骨盤の影響からズレを生じます。骨盤が歪んだりすると、骨盤の上にある背骨は正常ではありませんのでズレて行くからです。そうすると腰痛になる方も多くいますが、腰痛だけではありません。

骨盤が歪んだり開いたりすると骨盤の中にある内臓も正常でありません。

しかし、一般的には猫背だからとか、姿勢が悪いからだとか、座り方が悪いとか、変な姿勢をした方だとか、言われる骨盤の歪み・背骨のズレですが、関係するものは、疲れですから、疲れがどこにたまるのか、と言う問題ですが、疲れは体質的に弱い部分にたまると説明しました。

体質的に弱い部分とは、どこなのか??です。

人の体には、何があるのか??

大半は水です。水と言っても血液、リンパ液、脳せき髄液、細胞の中の水分などです。これが体重の60%から75%あります。つまり体重が60キロの方は40キロ前後が水分です。あとの20キロは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓(脳や脊髄も)しかありません。

この中で疲れが溜まりやすい部分は筋肉もたまりますが、さらに疲れをためやすい所があります。これは内臓です。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れや蓄積疲労が内臓にたまると言うことが多くあります。

つまり疲れが溜まると筋肉疲労も伴いながら、内臓疲労になります。筋肉疲労よりも、内臓疲労の方が体に与えるダメージが大きくなります。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャーは体にたまっていき、筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきますが、疲労ですから病気ではありません。

と言う事は病院で検査しても健康だと言われることも。

体に何かの症状がある時には、どこかに異常がある訳ですけど、病院で検査するのは病気の検査ですから。病院は病気の専門機関です。病気になったら病院で検査する必要があります。

しかし病気でもないのに、色々な症状が起こります。

これは、すべて疲れの蓄積の多さと蓄積する場所に関係しています。

蓄積する多さ

疲れは体質的に弱い部分に多くたまっていきますから、弱い部分を変えない限りは、生活している限り、生きている限り疲れは多くなるばかりです。

そこで、体質改善と言う矯正があります。

体質改善の矯正

体質改善は、体質的に弱い部分を変えていくことができる唯一の方法です。しかし1回や2回、体質改善の矯正をしても変わる事はありません。体の質は簡単に変える事が出来ないからですがクリームを塗ったりサプリメント、健康食品を飲んでも変わりません。

しかし運動の部類をすると、疲れが多くなるので落ちて悪くなります。悪い方に進むことはあっても良くなることはありません。人は1年で1歳、歳を取りますが、体の年齢、内臓の年齢、筋肉の年齢、関節の年齢、血管年齢、神経の年齢、リンパ管の年齢、皮膚年齢は、そうではありません。

1年で1歳、歳を取るのは暦暦あり1年で地球が1周するからです。人の体の中は、バラバラで歳を取っていきます。弱い部分ほど急速に進んでいきます。

関節は筋肉・じん帯が固くなっていきます。他にも、筋肉の年齢、関節の年齢、血管年齢、神経の年齢、リンパ管の年齢、皮膚年齢、内臓の年齢も同じようなことが起こります。

それらの減少が徐々に体を蝕んでいきます。その時々に、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどの痛みやコリを起こしています。

また、眠りが浅くても疲れはたまっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました