肩こりを楽にする

2019年4月17日

北九州市小倉南区で肩こりを解消して30年。

肩こりを改善するために

肩こりを楽にするためには筋肉のコリから解さなければいけませんが筋肉のコリと言うのは筋肉疲労だったり筋肉の緊張だったり筋肉の1時的な硬くなった現象のことをいいます。

肩こりを起こしている肩と言うのはいつもいつも使うことが多くありますので筋肉疲労が起こりやすく緊張が起こったりすることもありリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから肩こりになっていきます。

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリばかり解して楽になることがあるために筋肉に注目している場合が多くあるんですが筋肉のコリも一時的なものではなくいつもいつも肩が凝ってしょうがないと言う感じでどうして起きるのかと言う問題も考えなければいけません。

何も原因がなくていつまでも筋肉が凝っていると言う事はありませんので肩こりの方も24時間ずっと肩が凝りっぱなしだと言う方はいませんので、時々、肩こりが急に強くなったり弱くなったり軽くなったりと言う変化があると思います。

肩こりを感じている方は昨日が悪かったけど今日はそこまでないと言う方が多くいますが変化していると言うことを考えなければいけませんので普通に考えれば筋肉がそんなに変化する事はないと思っています。

肩こりの原因

肩こりを改善していくためには筋肉のコリからほぐすようにはしていますが筋肉のコリが本当に起きているのかということを見つけ出す検査をすることもしていますが普通一般的な治療院では検査することもしていませんので、ただ触ってみて、硬くなっていれば方が凝っていると言う状態のことを言われると思います。

肩こりは疲れやストレスの蓄積から

どうして肩の筋肉の疲労が取れないのか緊張が取れないのか一時的に硬くなった現象が取れないのかと言う原因があると言う事ですから変化すると言うことを考えれば変化しやすいものが原因だと考えられます。

肩こりの原因の変化するもの

肩こりの原因になるものが変化して軽い時もあればひどい時もあると言う状態で肩こりを感じてしまうんですが変化するものと言うのは、いつもいつも生活することや仕事をすることや仕事をすることで多く積み重なっていくものが原因だと考えられます。

多く積み重なっていくものというのは何をしても多くなっていきますし、何もしなくても多く積み重なっていますから何もしていないんだけどなと言う事はありません。

肩こりの本当の原因

肩こりを起こすときの本当の原因と言うのは疲れやストレスが、蓄積したのが原因で起きているわけですけど少しだけ回復してきているときには、軽く感じてしまい疲れやストレスが多く蓄積したときにはひどく肩こりを感じてしまいます。

体には多くの疲れやストレスがいつも溜まっているんですが、筋肉にもたまりながら歩歩歩にたまると言うことがわかっていますのである部分と言うのは体の奥にあるものです。

体の奥にあるものというのは疲れやストレスを溜めやすくなっていますので、多く溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きが、起きて背骨がずれてガタガタ状態になっていき、ズレが大きくなると椎間板ヘルニアが起きたりすることもあります。

肩こりとは筋肉のコリだけではありません

疲れやストレスが溜まると背骨がずれていきますので筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨が動いてずれることが原因で引っ張られたり緩んだりしてリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなった状態で肩こりを起こしています。