骨盤矯正で骨盤を小さくするために

北九州市小倉南区で骨盤矯正をして30年。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためには、いろいろな方法があるかもわかりませんが当院では初回から骨盤が小さくなると評判の良い骨盤矯正をしています。

初回から言葉が小さくなる骨盤矯正をしています

骨盤を小さくしていくときにはどうやって言葉を小さくすることができるのかということを見つけ出すことをしていますので初回から骨盤が小さくなることで評判です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには単純に骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいと言うわけではありませんので1回で終わる骨盤矯正はありませんので体が整えていくことで維持することや、持続性が向上していきますので、一度で骨盤が小さくなったからといって安心しないで体を整えていくことが基本だと思っています。

多くの治療院が骨盤矯正と称して骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正することをしていますがもちろん骨盤矯正ですから骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すると言うのは良いことだんですが。

骨盤矯正と言うと骨盤の歪みや骨盤の開きだけではありません

骨盤矯正で骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正していくと骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことができます。

しかし単純に骨盤矯正だからといって骨盤を矯正すればいいと言うわけではなくどうしてどこから骨盤が歪んだり開いたりしているのかということを見つけ出さなければいけないと言う事ですから単純に骨の矯正だけをすればいいと言うわけではなく骨盤の矯正をすればいいと言うわけではありません。

骨盤矯正の方法

当院では骨盤矯正をしていくときには電気や機械を使ったりすることもなく骨盤矯正グッズを使ったりすることもなく体の技術力のみで骨盤を小さくすることができますが全員の方に骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅を覚えてもらうことをしています。

自分で骨盤矯正に入る前に骨盤の真横に手を当てて幅を覚えてもらうことをしていますし実際に骨盤矯正に入る直前に矯正内に寝てもらってさらにもう一度骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますので2度ほど骨盤を触ることができます。

どうして2度ほど触るのかと言うとそれほど本当に小さくなるからです。

当院のスタッフがメジャーや計測をする機会で図ったりする事はしていませんので自分だけで覚えてもらうことをしていますがただ手を当てただけではわかりません。

骨盤の幅を触る

骨盤の骨盤の幅が変わっていくのが骨盤矯正ですから骨盤の横の幅の部分に手を当ててもらうと言う事は股関節のあたりの少し上のあたりを触ってもらうことをして両方の幅を触って覚えてもらうことをしていますが骨盤矯正と言うのも小顔矯正と同じように左右にさが存在しますので中心部から考えて右側と左側の幅をしっかりと触って覚えてみると左右差があるのがわかると思います。

骨盤には真ん中あたりを中心として右側と左側に差が生じていますのでその差がわかるように触ると骨盤が小さくなったのがわかりますので骨盤矯正といっても10センチ× 20センチも骨盤が小さくなる事はありませんので1センチだったり1センチだったり3センチだったりと言う感じで徐々に骨盤が小さくなっていきますのでたとえ1センチ変わっても変わったのがわかるように触っておいて欲しいんです。

時々骨盤の幅がわからないと言う方もいますが両横に手を当てているだけで感じようとしていない方は分かりませんので、メジャーで測ったりすることは簡単ですが手で触ると言う事は自分の感覚神経を研ぎ澄まさないとわかりません。

しかし2度ほど練習するのはまずは自分で触ってもらうことを大切にしていますので感じよう歳すれば大勢の方はわかると思いますしさらに強制内に入れてもらって院長とともに骨盤の幅を触って覚えることをしますので大勢の方は2度目にわかると言う方もいます。

本当に骨盤が小さくなる骨盤矯正だから骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには