顔が小さくなる小顔矯正

北九州市小倉南区で小顔矯正をして30年。

当院では初回から顔が小さくなっていく小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに1番重要になるものが2つあります。

1つ目は疲れやストレスの蓄積です。

もう一つは眠りの問題です。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正とは顔と言うのは何なのかということを考えなければいけませんが顔と言うのは頭蓋骨の1部ですけど頭蓋骨の前側の部分を買おうと言っているだけであり正式名称は頭蓋骨の1部になりますので頭蓋骨矯正と言う意味ではありませんが頭蓋骨の前側の部分を小さくしていくことが小顔矯正になります。

多くの方がわかっていないでしょうけど顔と言うのは頭と言う意味もありますが頭蓋骨の1部ですから頭蓋骨矯正と言う意味ではなくて頭蓋骨の前側の部分を小さくすることを小顔矯正といいます。

疲れやストレスと1番関係するのは顔が大きくなること

顔を小さくしていくためには

顔を小さくしていくためには何をしたら顔が小さくなるのかと言う問題があるんですが逆に考えても顔が大きくなっている可能性もあると言うことをわかって下さい。

今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが全員と言っていいほど顔の大きさが正常ではなくなっているということがありました。

顔と言うのは

顔と言うのは小顔矯正といっても浮腫み、脂肪を減らせばいいと言うわけではありません。

エステなどに行くと顔にクリームを塗ってもらったりパックをしたりラップを巻いたりスティームをあげたりコールドスティームを当てたりマッサージをしたりと言うことで表面上の浮腫は脂肪を改善できると思いますが単純にそれだけではかは少ししか引き締まってくれませんし顔が小顔になる事は少ししかありません。

美容形成外科というのがありますが手術をして脂肪吸引したり皮膚を引っ張ったり骨を削ったりと言う行為をしていますがそういう状態でも顔が小さくなってくれますので小顔矯正といえます。

疲れやストレスが溜まると顔が大きくなっている

当院の小顔矯正は

当院で来ている小顔矯正と言うのは小顔矯正に入る前に鏡で見て顔の大きさを覚えてもらうことをしています。

鏡で見て何を覚えるのかと言うと顔の大きさや輪郭や左右差を覚えるようにしてもらいますが特に左右差を特に推薦していますので顔の半分から右側と左側の顔の形を比べるようにしてみてください。

今まで多くの方が端を中心にして右側と左側に分けてみるとかなり大きさが違ったり形が違ったりすることがありますので顔と言うのは左右が対象ではありません。

顔が左右対象ではないと言う事ですから顔には左右差が存在していますので顔の左右差をしっかりと鏡で見てそして目で見て確認してもらうと言うことをしています。

鏡で見てわかったら

鏡で見て顔の左右差がわかったら今度は自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の大きさやむくみ度合いや左右差を感じ取るようにして触ってもらいますが鏡で見るよりも大変難しいことが手で触ると言うことです。

両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんですが感じようとしないと分かりませんしただ顔に手を置いただけではわかりません。

小顔矯正といっても顔が10センチ、20センチも小さくなる事はありませんので1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで顔が小さくなっていきますのでたとえ1センチ変わってもわかるようにしておかないと小さくなって変化したのがわかりません。

鏡で見て確認すること

顔が変わったのがわかること

顔を小さくしても顔が変わったのがわからなければ意味は無いので自分の両方の手のひらで触って顔大きさを覚えるようにして触ることをしてもらいますが鏡で見てみても左右差が逆に感じてしまう方もいる位手で触ると言う事は大変難しいことなんですけど手で触って顔の変化がわかれば目で見るよりも笑顔が違いますのでしっかりと触って覚えるようにして欲しいところです。

当院の小顔矯正はボケボケもしないし痛くもない小顔矯正をしていますので安心安全な小顔矯正で代謝を良くしたりすることも可能ですしリンパの働きも流して老廃物の蓄積を解消することもできると思いますが単純にそれだけではありません。

顔を小さくしていくためには何をすればいいのかということを考えることも