初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正

北九州市小倉南区で 当院では30年の経験がある院長が初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正を していますが当院では無理やりな骨盤矯正をしていませんしボキボキしたりすることもなく電気や機械に頼ったりすることもなくて手の技術だけで骨盤を小さくすることをしています。

骨盤の幅を自分で覚える

当院の骨盤矯正は骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を自分で触って覚えてもらうことをしていますので院内のスタッフが骨盤矯正をする方の骨盤を測ったりすることもなくメジャーを使って計測したりすることもありませんので自分で変換を確認しながら骨盤矯正をすることができます。

他人がメジャーや計測する機械で測ったりすることも大切かも分かりませんが一番は自分で分かるということが一番だと思いますのでスタッフが測ったりすると緩く測ったり強く測ったり位置が違ったりという感じでまちまちになってしまいますので自分で分かるように骨盤矯正をして骨盤を小さくすることをしています。

骨盤の歪みや骨盤の開き

骨盤矯正をしている時には 骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正すればいいかと言うとそれだけではありませんので、検査することをして骨盤がどうやったら小さくすることができるのかということを考えながら矯正に入っていきます。

骨盤矯正をするときには自分で骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますが骨盤矯正に入る時の骨盤の触り方というのは、しっかりと説明をすることをしていますが多くの方が骨盤の幅を触ることができないのに骨盤矯正に訪れていますので骨盤の幅というのは横ですから股関節の辺りに手を置くということをしてもらいます。

むくみや脂肪を減らす

骨盤矯正というのは骨盤を小さくすることですから外周というよりも骨盤の幅を小さくすることが、骨盤矯正になりますのでもちろん回収も変化してきますが骨盤矯正で行うのはむくみや脂肪を減らすだけではなく、また骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいかと言うとそれだけではありません。

骨盤矯正をしている時には当然ですが骨盤の歪みや骨盤の開きがあるとむくみや脂肪が多くなっていきますので、むくみや脂肪を減らしながら骨盤の歪みや骨盤の開きを整えて調整していくことでも骨盤は小さくなってくれます。

骨盤矯正と言うと多くの方が勘違いしている場合が多くありますがストレッチをしても運動しても筋肉を鍛えても、筋トレをしても 、腰痛ベルトや骨盤ベルトを巻いても効果的には閉めつければ、いいというわけではありませんので何をしたら骨盤を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんので当院では検査することをしています。

骨盤矯正をする方法

骨盤矯正をする時には痛くもなくボキボキもしないし電気や機械を使うことなく院長の手の技術だけで骨盤を小さくすることをしていきますが無理やり押さえつけたりすることもなくボキボキしたりすることもなく 矯正をするということはどうやって骨盤を小さくすることができるのかという疑問があります。

院長が骨盤矯正をする時にはマッサージをしたり揉んだりするという漢字が一番近いことだと思いますが実際にはマッサージをしているわけでもないしマッサージをして骨盤が小さくなることはないし歪みやズレが開いたりすることが起きているのにマッサージをして整えられるかと言うと整えられることはないと思っています。

しかし骨盤矯正をしている ことを実際に見てみると マッサージをしているようにしか見えないし音でいるようにしか見えないという感じなんですがそれでも本当に言葉が小さくなっていくという特殊な骨盤矯正を30年の経験があるからしています。