初回から顔が小さくなる小顔矯正

小顔矯正で顔を小さくするためには、 初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますがどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんし、顔というのは頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨を小さくすることになりますので色々な部分にも影響を出してしまいます。

多くの方が分かっていないと思いますが、顔というのは頭蓋骨の前側の部分だけですから頭蓋骨矯正 という意味ではありませんが頭蓋骨の 前側の部分を変えていくことが小顔矯正になります。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には、どうやって顔を小さくしていくのかと言うとマッサージをするような感じだと思ってしまえばいいと思いますのでマッサージ感覚で顔を小さくすることができますが、実際にマッサージをしているわけではありませんのでマッサージをして顔が小さくなることはないと思いますが一番、近い言葉を探せばマッサージをしているような感じで顔を小さくすることをしています。

マッサージをするような感じで揉んだりしながら顔を小さくすることをしていますが当院では一番、自分で顔が小さくなるのが分かるようにしていますので院内のスタッフなどが測ったりすることはしていませんので自分で確認しながら顔を小さくすることをしています。

顔を小さくするためには

顔を小さくするのが自分で分からなければ意味がありませんので、院内のスタッフが測ったりすることはしていませんのでご自分で分かるようにして調整をしています。

小顔矯正を希望されて訪れた方の全員に対してしてもらうことがありますのでまずは鏡で見て自分の顔の大きさや形や浮腫度合い、左右差を覚えるようにして鏡で見てください。

鏡で見る時にむくみの度合いを見る時にも目で見て右側と左側を比べてもらいます。

目で見る範囲で構いませんので右側と左側の脂肪の度合いを比べながら確認してもらいます。

鏡で見て覚えたら次は手で触ります。

顔を手で触る

鏡で見て顔の形や大きさや浮腫み度合い、左右差を記憶したら今度は手で触ることをしますが手で触る時には特に鏡で目で見るよりも難しいことになりますので簡単に触ってしまった方ほど小さくなってもわからないということがあります。

むくみ度合い

顔を手で触る時には両方の手首を合わせるようにして顎に当てて手のひらと指を 顔に密着させるようにして触るだけなんですがただ触っただけでは 分かりませんから 親指と人差し指で自分の顔の左右をつまんでみてください。

脂肪やむくみがどれぐらいあるのかということがわかりますので必ず指を立てて親指と人差し指でつまむようにして触ると左右さを比べることができますので左右差を比べてもらうと脂肪やむくみの度合いが分かるということです。

脂肪の多さ、浮腫み度合い

不気味むくみの度合いがわかったら次は顎に手首を当てて、手のひらと指を顔に密着させて顔の大きさを比べますが、左右さを比べるようにしてもらってください。

むくみや脂肪の度合いをぶよぶよ感で分かってもらうことをしていますが、それだけではなく顔というのは、左右差に違いがありますので、全く右側と左側が同じ方はいませんので、左右が違うのが分かってもらうために右側全体が大きいとか左側の頬骨のあたりが一部分だけで待っているとかいうことを意識しながら触ってください。

しかし簡単な方法ではないですからしっかりと意識しないと分からないということがありますので、単純に手を置いただけではわかりませんのでしっかりと意識しながら感じ取るようにして触ります。