体質改善

当院では体質改善と言う特殊な施術をしています。体質改善と言うのはアンチエイジングとも言いますが通販やテレビで宣伝している体質改善は体質改善とは違います。

体質改善と言うのは体の質を変えるものですから、簡単に変わることはありませんしクリームを塗ったりサプリメントを飲んだりして変わるものではありません。

何かのクリームを塗ったりサプリメントを飲んで、本当に体質が変われば世界中から依頼が来ます。まさにノーベル賞モノです。そんなクリーム・サプリメントがあったら国が健康食品にしておくはずはありません。

病院で病気で入院している方が、どれほど使う事ができるのか。健康食品で飲んだら朝から元気で動けると宣伝していることもありますが、そんなものがあれば健康食品の分野に入る事はなく医薬品とした方が宣伝もしなくて売れます。

世の中には、そんなものはありません。

簡単に変わる事はない体質改善

しかし、多くの不調や痛みやコリの根底にあるのは体質の低下です。体質である体の質が変わる時には何が主に変わるのかと言うと筋肉でもなく神経でもなくリンパでもなく関節でもなく内臓です。

しかし内臓と言うと多くの方が病気と思いますが病気ではありません。

例えば腎臓が弱くなっていくと腰痛になります。(病気ではありませんよ)

心臓・肺に疲れやストレスがたまると肩こりになります。(病気ではありませんよ)

飲みすぎでもなく肝臓の弱い方が肝臓に疲れやストレスをためてしまうと膝の痛み、外反母趾、花粉症、アレルギー性鼻炎が起こります。何でも肝臓と言うと飲酒と直接的に結び付けないで下さい。大酒飲みでも肝臓の数値が悪くない方もいます。

体質を変えると言うのは

体質と言うのは、わかりにくいものですが、例えば、ぜん息体質だとか、アトピー体質だとか、アレルギー体質だとか、頭痛持ちだとか、腰痛持ちだとか、と言うことと同じです。

体質と言うのは簡単には変化しませんが少しずつ、変化しています。しかも良い方ではなく悪い方に変化しています。

 

痛みやコリ、体の不調のおおもとは弱い体質に関係があります。腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどは全て体質が深く関係したものです。

 

弱い体質があるから症状になっていきます。もし弱い部分がなかったら痛みやコリは起こりません。

弱い部分に疲れやストレスがたまります。疲れやストレスがたまると歪みやズレになります。これが痛みやコリになっていきます。

 

体質改善はアンチエイジング、若返り、老化防止の施術をしています。

ご予約・相談は093-962-9133  携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

多くの症状のもとは、体質に関係があります。痛みやコリが起きるときも体質が関係していますし、病気になるのも体質が関係しています。

少し前に流行った遺伝子検査と言う言葉があります。この遺伝子が体質と同じではありませんが、関係しています。

有名なハリウッドの女優さんが母親が乳がんになったから、遺伝子検査してみると、自分にも可能性があると言うことが、わかったと言って乳房を切除したと言う話題は聞いたことがある方も多いと思います。

この遺伝子の中に含まれる情報が親子関係を証明するものであり、親の病気と自分の先将来の病気を暗示しています。なると断言している訳ではなく親は2人いますから、どちらの遺伝子を多く受け継ぐかで違います。

悪い遺伝子を両方が持っていれば可能性と確率が高くなります。

片方から悪い遺伝子をもらうだけでも、悪さが強いと避けることができない可能性があります。

親が病気になっていなくても、弱さがあれば同じことが起こります。

遺伝子も変化して悪くなるばかりです。

これが体質です。

遺伝子情報に関係して起きるのが、『体質』と言います。

病気になる時は遺伝子が関係していますが、遺伝子が関係しているからと言って病気になるとは限りません。

それは、注意して生活する事なんですが、多くの方は注意して生活することをしていません。

風邪を引いていますから、注意して下さいね、と注意しても、返事はしますが、注意して生活している方はいません。

食事でも栄養バランスを注意しても、お菓子を食べたり、ケーキを食べたり、脂っこいものを食べたり、アルコールを飲んだり、タバコを吸ったり、寝不足をしたりすると意味ないことはないですが??、と言う事です。

唯一、正しい食事をしているのは入院している方と高齢施設に入って3度の食事をコントロールしている方だけです。

途中でお饅頭、お菓子でも食べれば意味ないような感じですが。

腰痛も根底にある原因は体質(遺伝子が関係しています)です。

肩こりも根底にあるものは、体質です。

頭痛も体質が深く関係しています。

体質で起きるもの

生理痛も、生理不順も、便秘も、下痢も、膝の痛みも、花粉症も、アレルギーも、アトピーも体質的な弱さ、悪さが根底にある方がなります。

病気でも心臓病でも、肝臓病でも、膵臓病でも、腎臓病でも、脳梗塞でも、脳出血でも体質が関係して数年から数十年かけながら進行していきます。進行して完成しないと検査でも異常は見つかりません。検査で異常が出ないと病気ではありませんが、1年や2年で健康から病気に進行することはありません。

病気になる為には8年や13年、20年かかります。健康な細胞から変化していく時間が必要です。その時間はかなりかかります。しかも今からなるものではなく生まれた時からスタートをしています。生まれた時から老化は始まります。成長と言うのは体が大きくなることであって良くなることではありません。老化する事です。大人になるということは老化して行く事です。

体が大きくなることではありません。子供から大人になると言うことは。

体が成長して大きくなっていくと老化が進んでいきます。遺伝的な情報の中には家系的な要素が含まれます。家系的に代々子孫が受け継ぐ情報が遺伝子に情報として入ります。この情報の中には顔つきが似ていることと、雰囲気が似ている情報と内臓の弱さが情報として入っています。

この情報のもとに作られるのが体です。(赤ちゃんです)

親の遺伝子の弱い部分と言うのは内臓の弱さになります。もちろん親の責任はありません。

これを、少しずつでも変えていくことができるのが体質改善であり、アンチエイジングであり、若返りの施術です。

ですから大変な作業が必要になりますから、短期ではしていません。