肩こり

肩こり

肩こり解消

肩こりを解消する為には、肩こりというと筋肉のコリというイメージがどうしても強いので、筋肉のコリからほぐすようにして楽にすることをしていきますが、楽になったらそこで終わりではなく、そこから原因を見つけ出すことをしています。

肩こりを感じたら、何を一番にしたらいいのかというと、まずは湿布を貼ったりして冷やすということは良いと思いますので、湿布を貼ってみてかぶれない方は湿布を貼ったりして鎮痛効果があるので保留をほぐすことができると思いますので、まずはそれから試してみるといいと思います。

しかし、肩こりというのは原因があるから筋肉のコリや緊張が起きて固くなっている現象を言いますので、どうして筋肉のコリや緊張や硬くなっているのかということが起きるのか見つけ出すことをしないといけません。

必ず何かの症状が起きる時には原因が潜んでいるわけですけど、多くの肩こりを改善する治療法というのは原因を見つけ出すことはしていませんので、対症療法というやり方になっています

肩こりを解消していくためには、楽にすることと原因を見つけ出して直していくという治療法-2つがあります

多くの治療法というのは原因なんかは関係なく、ただ楽にすることだけを中心的にしていく治療法が多く見受けられますので、楽にすることばかりしていると、原因もいつの間にか進行していくということが多くあるということなんです

肩こりを起こす時には原因が裏側にありますが、原因を見つけ出すことは大変難しく簡単なことではありませんので、見た目で見て筋肉のコリとか緊張とか言う感じをほぐす事をしてしまえば楽に感じてしまうことができるために楽にすることが治しているということを言っています。

楽にするということは、対症療法なんですが、対症療法という治療法は原因なんかは見つけることをしませんし、検査することもしていません。

当院では肩こりを解消していくためには、筋肉の凝りが本当に起きているのかという検査をする事をしていきますので、筋肉疲労から起きている緊張やこりや硬くなっているのが本当に起きているのかということを検査したり、筋肉があまりにも状態が悪いと炎症や腫れがあるということが多く見受けられますので、炎症や腫れが検査して分かれば、炎症や腫れを改善するようにしています。

筋肉もあまりにも状態が悪かったりすると炎症が起きたりハレているということが時々ありますので、炎症や腫れがあると炎症や腫れから押さえていくことをしなければ、肩こりを良くすることができません。

そして、肩こりが慢性化した状態で長期間にわたり肩こりを感じている方は、肩の筋肉が老化して硬くなるということが起こりますので、単純な筋肉疲労や緊張ではなく慢性化状態を長期間になってしまうと筋肉が老化するということが本当に起きて固くなります。

しかし、あまりにも筋肉が硬くなると筋肉だけではすみませんので、周辺にある神経や血管やリンパ管などの部分も硬くなったりすることが大きい、特に神経が硬くなると肩こりを感じなくなっていきます。

肩こりを感じなくなっていくと、それだけではすまなくなって握力低下という症状が起きたり、血管が硬くなると血行不良という状態になってしまいます。

肩こりというのは、筋肉のコリだけで起きていることはあまりないと思っていますので、今まで30年間、肩こりを解消してきて筋肉の凝りだけで起きている方は1人もいませんでしたけど、ただの筋肉さえ解せば1時的にしろ楽になることができますので、楽にすることばかりしているとその先にある原因もいつまでも同じままではいられませんので、進行していくということがあります。

肩こりは歪みやズレから

肩こりを起こす時にはもちろん、筋肉の緊張や筋肉、疲労が起きていて、肩こりを感じていますが、単純にそれだけで起きることはありません。

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから、骨がずれて動くことで筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしながら循環が悪くなっていき、リンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していくということが起こります。

背骨の骨がずれて動くことが原因で骨が動いたら筋肉は引っ張られますので、引っ張られた状態が肩こりに進展していくということを言っていますが、何も原因がなくて背骨のズレが起きることはなく、猫背でも背骨の骨がズレることもなく、姿勢が悪いからといって背骨がずれたりすることもなく、どうしてズレるのかという原因があるからズレを起こしています。

背骨というのは、中枢神経系の脊髄を守っているものですから、姿勢などで曲がったりすることが起きると大変なことが起こりますので、どうして歪みが起きるのかどうしてずれが起きるのかという原因がどこかに存在しているわけです。

中枢神経系や守っている背骨が簡単にずれることはありません。

しかし、毎日毎日の生活や仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどを加えられたりすると疲れやストレスが多く蓄積していきます。

運動することでも筋トレすることでも、ジョギングをすることでも走ったりすることでも歩いたりすることでも散歩をしたりすることでもショッピングをすることでも、車の運転をすることでも疲れやストレスが多く生み出されていきます。

そして、アルコールを飲んだり、食事をすることでも内臓が勝手に働いてくれていますから、わからないと思いますけど、内臓が働いて分解したり消化をしたりするからエネルギーを作ることができますけど、内臓が働くということは自分自身に疲れやストレスが溜まっていきますので、これらの内側の疲れやストレスが蓄積している内臓から歪みやズレが直結的に起きていきます

毎日毎日の生活や食事をすることや、運動することなどが中心でまた仕事をすることでも疲れやストレスは多く、産み出されてしまいますので疲れやストレスというのは、溜まるところがあるといいますが、どこに溜まるのかということが一番の問題になります

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら百kg中体をぎゅっと搾ってみれば65キロの水分が出てきます。

体の体重の半分以上が水分だということなんですが、水分が何かの問題を起こしということはないと思いますので、後残った35キロの中に何かのものが潜んでいるということなんです。

35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと、あとは中枢神経系の重さと内臓の重さになります。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉ということになります。

疲れやストレスの蓄積と肩こり

毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することで食事をすることで疲れやストレスが多くなっていき、疲れやストレスは内臓に蓄積していくということなんですが、内臓と言っても病気と言っている訳ではありませんので、なんでもかんでも内臓と病気というのは結びつけるのはやめてください。

日常的に働いていると、全ての内臓が疲れやストレスを溜めてしまいますので疲れやストレスを溜めるだけではなく、色々な部分にも疲れやストレスもありますので、アルコールを飲んだりすることでもなく、疲れやストレスは溜まっていきます。

肝臓に疲れやストレスも溜まることはありますが、肝臓というとイコールアルコールと誰でも考えてしまっていますが、そういうものではありません。

確かにアルコールを飲んでもアルコール分を分解するだけでも肝臓が働かなければいけませんけど、単純にアルコールだけが肝臓に悪影響を出すものではありませんので疲れやストレスの蓄積というのが食べる事でも運動することでも仕事をすることでも生活することでも蓄積していきます

つまり、全ての内臓が対象で疲れやストレスが溜まっていきます

疲れやストレスがたまらないところはありません

最近分かったことなんですが、筋肉にも疲れ、ストレスがたまるということは説明したようにそれ以外にも疲れやストレスが溜まるということがわかりました。

筋肉にもたまるということは、単純に考えても誰でも知っていることだと思いますが、疲れやストレスは骨にもたまるということが分かったんです。

小顔矯正をしていますので、小顔矯正を希望されて訪れた方の中に顔の骨に炎症や腫れが起きているという方がいましたので、どうして炎症や腫れが顔の骨に起きるのかということを研究して探ってみると疲れやストレスが骨に溜まっていて骨に溜まると炎症や腫れになるということが分かったからなんです。

肩こりを起こす時には、筋肉の凝りと背骨の歪みやズレをチェックする必要がありますが、それだけではなく首の骨や肩の骨の炎症や腫れがないのかということを確認しなければいけませんので確認するためには検査が出来ないと確認することができませんし、解消することができません。

本当に変な話なんですが、院長も最近まで分からなかったですが、研究をしてみると骨が炎症を起こしたりすることがあるということがわかったことが肩こりをさらに良くすることができるようになった訳です。

肩こりを良くしていくためには、検査することをしてどういう状況になっているのかという検査をすることが一番大切になります。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方が睡眠負債状態になっている方が異常に多く、睡眠負債状態になっていると体調が無茶苦茶と言っていいほど悪くなっているんですが、多くの方はそのむちゃくちゃ体調が悪い状態を感じていない方が多くなっています。

体調がむちゃくちゃ悪い状態になっているにも関わらず、限界まで状態悪くした状態でやっと肩こりを起こしている肩こりを感じている方がいます。

限界まで肩こりの状態を悪化させて感じてしまった方は結構厄介な状態になっていますので、こじらせた状態という風に簡単に説明していますが、そんなもんじゃないということが多く見受けられます。

体質改善で肩こり解消

肩こりを解消しようと思うなら、人の身体というのを知らなければいけませんので、人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

そうでもない部分は何も症状を起こすこともなく、先将来の心配もない部分なんですが、弱い部分はそうはいきません。

弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすく、疲れやストレスを多く蓄積していくと徐々に細胞が変化していき、細胞が老化していくということが起きるからです。

細胞が老化してしまったものは、関節でいえば関節が固くなったり、膝の痛みなどに起きたりするのが特徴です。

肩関節も筋肉にしめられていますので、筋肉が硬くなるということは、老化していくことを指しますので、どうかした筋肉はいくら揉んでも何をしても柔らかくなることはなくしている時だけいい感じがすることもありますが、すぐに戻ってしまいます。

内臓が老化した最終形態が病気ですけど、筋肉も固くなったり、靭帯も硬くなったりということが起きてしまうので、肩こりと言っても筋肉や靭帯の老化現象から落ちていることもあるということなんです。

単純に解せばいいというわけでもないし、マッサージをすることでも柔らかくならない、解消できない肩こりもあるということです。

 

小倉北区から肩こりを解消する為には。

error:Content is protected !!