肩こり

肩こりを解消

肩こり を楽にしていくためには肩こりの原因を見つけ出さなければいけませんので見つけ出すためにも検査することを重要視しています。

肩こりを改善していくためには色々な方法があると思いますが多くの肩こり解消法というのは対症療法ばかりしていることが多くありますが対症療法というのは原因なんかは関係なく楽にすることを優先としている方法です。

肩こりには原因があると説明したように肩こりには本当に原因があるんですが対症療法というやり方ばかりいると 原因もいつまでも同じままではいられません。

対症療法という治療法はいろいろな治療院でしていますので多くの方が気がついていないことが多くありますが対症療法というやり方は原因なんかは関係なく検査することもしないで 楽にすることばかり優先的にしているやり方です。

対症療法というやり方はドラッグストアなどで売っている湿布を貼ったりすることも対症療法の一つですし 家族の方にマッサージをしてもらうことも対症療法の一つですし 指圧、 鍼灸 などもツボを利用して 内臓を刺激するということをしていますが効果がある時もあればない時もありますので原因を探さなければいけない時には検査することをしていないので見つかることはなく 楽になることばかりしています。

隠れている原因を見つけ出すことは簡単なことではなく 熟練と経験が必要になり ますので簡単な方法で検査することはできません。

しかし多くの治療院というのは検査することができないので 対症療法ばかりしていることが多く見受けられますがツボを押すことよりも時間に何かをした方がいいと思います。

肩こりと言うと

肩こりと言うとドラッグストアなどで売っている湿布を貼ったりしても鎮痛効果がありますので肩こりを楽になることができますが鎮痛効果の薬剤でスースーする感じでインドメタシンなどでも炎症や腫れを抑えていくことができますがどうしてこりが起きたのかということを見つけ出すことをしていませんので原因なんかは関係なくただ湿布を貼ればいいという状態で薬剤が効果を出すのが湿布の役目です。

確かに単純な筋肉のコリや緊張や疲労から起きているものでしたら効果はあると思いますが、普通それぐらいの肩こりでしたら腕を回したり首を動かしたりすることでも解消していると思います。

肩こりというのはどうしてこりが起きるのかということを見つけ出さなければ本当の意味で改善することはできませんので1時抑えということになりますが例えばです。

例えばマッサージや低周波治療器や何かをして肩こりを感じなくなっても感じないだけで原因が残ったままになっていますので数ヶ月肩こりを感じないまでも原因はどんどん進行していきます。

マッサージ以外でも多くの整骨院で用いられている低周波治療器というのも当院では研究することをしてみましたが定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に電気を流して筋肉を刺激して老廃物の流れを良くしリンパの働きを良くすることで循環を良くするという効果はありますが単純に筋肉を刺激しているだけです。

しかし低周波治療器などは多くの治療院で用いられている電気ですからそれなりに効果があると言うか痛みやコリを散らしてしまう効果があるだけで本当の意味で改善策とはなっていません。

しかし一番簡単な痛みやコリを散らしてわからなくすることができるので多くの治療院でそういう事も分からずに使っているということです。

昔は当院でも低周波治療器を使っていましたが今では一切の低周波治療器が機械などを使うことなくての技術力を上げることを目的として色々研究をしたり臨床を踏まえたりしながら肩こりの原因になるものを見つけ出す検査と治療技術を向上させています。

昔も低周波治療器を使っていましたのでよく低周波治療器というものを知っていますが低周波治療器というのは筋肉を疲労させて痛みやコリを切らしているだけですから本当の意味で何もなっていないのが低周波治療器です。

筋肉以外で起きる肩こり

多くの肩こりというのは筋肉だけで起きているものではありませんが筋肉を揉んだりマッサージをすることで肩こりは楽になるというよりも分からなくなりますので原因を見つけ出すのが遅れる結果になってしまっていることが多くあります。

筋肉以外で起きるというよりも筋肉が凝りを起こしたりするのは背骨のずれが原因なんですが中枢神経系を守っている背骨が簡単にずれたりすることはありませんので猫背や姿勢などでズレたりすることはありません。

姿勢や猫背や重たいものを持ったりして背骨がずれたりすると中枢神経系を守れなくなって中枢神経系が傷ついたりするとか半身麻痺が起きたり手足の麻痺感が起きたりする大変なことになりますのでそういうことではなく中からの崩れに対しては脆い面を持っています。

体の中から崩れることが原因で背骨がずれていくということなんですがどうして中からの崩れが起きるのかということがありますので、それを説明していきます。

毎日毎日の生活で疲れやストレスは多くなるばかりなんですがこの疲れやストレスというのがどこにたまるのかということが内部からの崩れを起こしています。

疲れやストレスというのは 筋肉にもたまにながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅーっと絞れば65 kg が水分になります。

つまり体の大半は水分でできているということなんですが水分と言っても体液もあれば血液もあればリンパ液もあるし内臓の中に入っている水分もありますし細胞一個一個にも水分があります。

あと残ったものは 皮膚の重さと 筋肉の重さと脂肪の重さと骨の重さとリンパと血管と神経の重さです。

あと残ったものは 内臓と中枢神経系しかありませんので中枢神経系は大脳と脳幹と脊髄なんですがこれは内臓に入ります。

つまり疲れやストレスが溜まるということは内臓と筋肉に溜まるということが考えられます。

体の中には多くの内臓がありますので弱い内臓とそうでもない内臓に分かれた内臓がありますのでそうでもない内臓は何もトラブルを起こしませんが親からもらった遺伝子家家系的なよさのある内臓というのが疲れやすトレスを貯めやすく何かのトラブルになり体の崩れを起こしていき背骨のズレを起こします。

しかし内蔵といっても病気というわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく疲れやストレスが内臓に蓄積していくということを言っています。

疲れやストレスと肩こり

肩こりになる時には弱い内臓に疲れやストレスが溜まり弱い内臓に関係する背骨がずれて筋肉が引っ張られたり緊張したりして肩こりになります。

肩こりを起こしている内臓というのは関係する内臓がありますので関係する内臓を簡単に言えば心臓や肺や横隔膜や肝臓や胃が中心だと思います。

例えば心臓が弱ったりすると呼吸が息苦しかったり胸が苦しかったり時々胸の辺りでチクッとする痛みが一瞬ですけど起きたりします。

肺が弱って疲れやストレスをためていると 咳が出やすくなったり喉の違和感が出やすくなったりします。

自覚症状的に色々な症状が出ていますが時々出てくることが多くありますので そして一瞬で治ったりすることもありますから異常を感じない方が多くなっていますがこれらの内臓の疲れやストレスが溜まった状態が背骨のズレになります。

肩こりを解消するためには

肩こりを解消するためには 筋肉だけではなくまた背骨のズレだけではなく内臓の働きを向上させなければ本当の意味で改善することにはなりませんので肩こりを改善しようと思ったら内臓疲労を解消していくことなんですが簡単な方法ではありません。

そして最近多くの方が寝ているようで眠れていない睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態が多くなると内臓は全て弱ってやられていきますのでトップで得られるところをあげれば心臓と肺なんです。

心臓と肺に疲れがたまると 胸椎の一番目、二番目、三番目のズレやゆがみが起こります。

胸椎の1番目は心臓に関係するところですし二番目も心臓で、3番目は肺になります。

内臓と背骨のズレは関係がありますので背骨のズレがあるところの内臓は疲れやストレスをためています。

背骨のズレがあるところは必ず内臓の疲弊状態が起きています。

 

小倉北区から肩こりを解消するなら徳力整体院。

error:Content is protected !!