整体

整体とは

整体 というのは 歪みやズレを整えていくことで痛みやコリを楽にして行く方法が整体という治療法ですから 痛みやコリが起きる時には必ず歪みやズレが起きていますので歪みやズレから整えて改善するようにしないと歪みやズレが残ったままだと繰り返しやすく戻りやすくなっていきます。

整体というのは日本古来の柔道や剣道をしている 肩の練習で痛めてしまった関節などを治療していることをしていたのが正体というやり方なので学校などもなく先生からでしに受け継がれている矯正法でした。

整体の治療が学問的にまとまることもなく経過していたためにアメリカからカイロプラクティックという同じようなやり方が入ってきました。

今では名前だけが残ってしまったのが整体ですから 整体と言ってもボキボキしたりするカイロプラクティックとあまり差はありません。

しかし学問的にはカイロプラクティックはしっかりとした学問ですからアメリカ国家が認めた学問であり第三の医療でありますからしっかりとした理論と実技を行わない限りは カイロプラクティックということはできませんので、それ以前のテクニックを持った方が、整体というやり方でボキボキしていることもありますが一般的にはそういうことはなくカイロプラクティックも整体という言い方をしますし混同しているような状態が普通一般的に多く見受けられます。

ですから今現在は整体とカイロプラクティックというのはあまり差がありませんので 整体というよりもカイロプラクティック、カイロプラクティックというよりも整体という意味になります。

整体というのは学問的に教科書も幼稚な教科書でしかなくとても学問とは言えるレベルではありませんでしたが 学問的に体系づけられることがないうちにカイロプラクティックが日本に入ってきました。

今では整体もカイロプラクティックも同じような骨盤と背骨を矯正する方法だと思っても間違いではありませんので整体もカイロプラクティックも同じような意味として捉えてください。

カイロプラクティックは学問ですから ずれた方向を表すやり方があったり矯正する方法もしっかりとした理論がありますから矯正が確かなものなんですが正体というのはイラストで書いたようなものの教科書でしかありませんでしたからしかも薄っぺらい教科書でしたから本当に正体をしている先生からでしに受け継がれるというテクニックでした。

整体の矯正頬の中にはボキボキしたりする方法もありますし怖いというイメージが強い矯正法もありますし痛いと言う矯正法もありますが当院の正体療法は痛いこともなく怖いこともなく安全な矯正に 勤めています。

整体と痛みやこり

痛みやコリが起きる時にはどういう状況で歪みやズレが起きているのか どうやってそれを整えていくのかということになりますが当院の正体療法は特殊な生態両方の技術がありますのでマッサージをするような感覚で歪みやズレを矯正したり骨盤の開きや骨盤の歪みを矯正したりすることもできます。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのはどうして起きるのかという原因がありますのでその原因を見つけ出さなければ矯正することができません。

矯正するためにも検査することができないと歪みやズレの 濡れ方がわかりませんしゆが見方がわかりませんから検査することもなくボキボキしても効果がある時もあるでしょうがそういうものではありません。

歪みやズレというのは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが溜まりますので多くの疲れやストレスが溜まることが原因で歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスというのは歪みやズレになりますが疲れやストレスがどこにたまるのかという原因がありますので疲れやストレスのたまるところを探して改善することをして減らさないといくらボキボキしても同じです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっていきますので筋肉よりも何十倍も多く蓄積していきます。

疲れやストレスが溜まるというところは内臓に蓄積していくわけですけど内臓と言っても何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓にも疲れやストレスは溜まりますのでたまることで体の中から崩れを起こし崩れることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

例えばですけど 体重が100 kg の方がいるとしたら ぎゅーっと絞れば65 kg は水分です。

後の残ったものの35 kg のうち皮膚の重さ筋肉の重さ脂肪の重さ骨の重さ神経と血管とリンパ管の重さそして後は 中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所は筋肉にもたまりながら中枢神経系にもうたまりながら内臓に溜まっていきます。

しかし内臓と言っても病気ではありませんが普通の整体カイロプラクティックの先生でもあまり知る人はいませんが表面上の骨盤や背骨ばかりボキボキして終わりという感じの方が多くいますが本当はどうして背骨の歪みが開きが起きたら背骨がずれたりするのかというのは内臓に蓄積した疲れやストレスが原因で 歪みやズレを起こしています。

歪みやズレが起こす原因は内臓に蓄積してしまった疲れやストレスが原因で体の内部から崩れを起こし崩れることで骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになったり背骨が大きくずれると椎間板ヘルニアにもなります。

椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく疲れすぎると内臓に疲れやストレスが多く溜まったら誰でも起きるのが椎間板ヘルニアです。

整体と睡眠負債

最近は多くの方が眠れているようで寝ているようで眠れていないという方が多くなっていますので、この状態の方を睡眠負債状態と言います。 夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしないでください。

音無理というのは脳から寝て休養とっていることをいいますので脳が休んでいない限りは眠れていませんし夢というのは 目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし夢を見るという睡眠よりも最悪な睡眠があります。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言いますが睡眠というのがつくことですから一応は寝ているんですが頭が妄想状態になっていますが寝ながら考え事をして睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまうことが多い睡眠なんです。

5時間も6時間も 目が覚めないから寝ているではなく誰が見てもスースー寝息を立てて気持ち良さそうな眠りをしているような睡眠でも脳の中のことまで見ていませんし考えていません。

人は見た目で見て判断していますので脳の中のことまで見えませんし分かりません。

疲れやストレスと睡眠負債

体の歪みを整えていくためにも疲れやストレスの蓄積している場所と睡眠負債状態が一番邪魔なものになります。

疲れやストレスを多く溜め込んでしまった内臓というのは簡単に減らすことができませんから減らしていかない限りは背骨も安定しにくく骨盤の歪みは骨盤の開きも安定状態を保つことはできないのでそれを減らすことをしていますがその上にさらに睡眠負債状態で脳の弱りが重なっています。

脳の四割が重なると脳細胞の急激な減少傾向が大きいのが日増しに弱っていきますので脳細胞が減れば減るほど 認知症や痴呆などまたは精神疾患やイライラしたりパニクったりということが起こりやすくなります。

疲れやストレスが内臓に蓄積していくことよりも最大に悪いことは睡眠負債状態が一番邪魔なものつまり厄介なものになります。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると思っている方が多いためなんですが当院の院長は体調や睡眠負債状態を検査することができますので多くの方の検査をしてみると全員と言っていいほど両方が強く存在しています。

しかも睡眠負債状態が多い方ほど脳が疲弊状態になっていますので痛みやコリをあんまり感じにくく平気で体調はいいですとか調子は悪くありませんとか言いますが検査してみると骨盤の歪みがむちゃくちゃあったり骨盤が開いていたり背骨のズレがあったり椎間板ヘルニアが起きていたりということがありますがそれの悪さを感じていません。

眠れていない割には脳が興奮状態になりますので脳が興奮状態になるということはハイテンションになりますからはいてんしょになれば朝から動けますし疲れ知らずで日常生活を送ることも出来ますしインフルエンザウイルスや風邪になることもありません。

インフルエンザウイルスが体内に入って増殖していても脳が元気じゃないと熱が上がりません 。脳が元気だから細菌やウイルスが体内に入ってきて増殖してきたら熱を上げて細菌やウイルスを減らそうとします。

脳が弱ってしまった彼は最近ウイルスが入っても何も起こりませんし何も感じませんから熱を上げることもなく風邪も引かないと思うかも分かりませんしインフルエンザにならなかったと思うかも分かりません。

 

小倉北区 から多くの方が痛みやこりがラクになるため 整体 の強制を受けています。

error:Content is protected !!