腰痛

腰痛を解消

腰痛 を楽にして行くなら 腰痛になっている原因を見つけ出すことが大切になります。

腰痛の原因を見つけることは簡単なことではないために対処療法という治療法が腰痛を楽にすることが普通一般的に多くなっています。

対症療法というやり方は湿布を貼ったりマッサージをしたりサプリメントを飲んだり 低周波治療器などの電気をしたり という方法が 対症療法という治療法になりますが対象療法は原因なんかは関係なく楽にすることを目的として治療をしていることです。

しかし対症療法ばかりして腰の痛みを楽にすることをしていると原因もいつまでも同じままではありませんので進行してしまうということで腰痛を悪化させるかこじらせるか椎間板ヘルニアになるか坐骨神経痛になるかまたは 骨盤の歪みは骨盤の開きを放置しておくと 脊椎管狭窄症などの症状に進行していき 厄介なことになっていきます。

腰痛というのはどうして起きるのかどこから起きるのかという原因があるから腰の痛みが腰痛になっているわけですから原因を見つけ出すことをしないと 痛みを楽にする治療ばかりしていると 大変なことになります。

普通一般的には腰痛や腰の痛みで起きると、どこに行くのか考えると思いますが多くの方が 整形外科、外科に行ったり 整骨院というところに行ったりマッサージをしに行ったり鍼灸に行ったり指圧に行ったりということが多く見受けられますが この 治療院というのは対症療法が目的で治療をしているところです。

現代でも腰痛や腰の痛みがどうして起きているのかどこから起きているのかということがわかっていません。

しかし他の治療院に対して整体とカイロプラクティックで腰痛や腰の痛みを治療する時には骨盤の歪みや背骨のズレをボキボキしたりして矯正することが主に行われています。

腰痛や腰の痛みを治して行く時には整体やカイロプラクティック院では骨を中心に考えています。

骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨のずれが起きたりということで腰痛と腰の痛みが起きるというわけなんですがでは、どうして骨盤の 歪みや骨盤が開いたり背骨のずれが起きるのかという先のことまで 検査をして見つけ出すことをしていません。

当院ではほかの整体院やカイロプラクティック院とは違い先のことまで考えて原因を見つけ出し調整して整えていくことをしています。

腰痛と疲れやストレス

腰痛と言うと疲れやストレスと密接に関係がありますので 毎日毎日の生活で仕事上で精神的な緊張やプレッシャーなので 疲れやストレスが多く蓄積していきます。

疲れやストレスが多く溜まっていくと誰でも姿勢が悪くなって猫背になっていきますので 疲れやストレスの原因が猫背や姿勢に影響を与えてしまいます。

疲れやストレスがないという方はいませんので疲れやストレスをわかっていないという方は多くいると思います。

疲れやストレスと隣り合わせで生活して生きていくしかない現代ですが多くの疲れやストレスはどこにたまるのかということを考えた人は少ないと思います。

普通一般的に疲れたとかストレスが溜まったと言いますが疲れもストレスも同じことを言っています。

ストレスという英語はありませんので ストレッサーか、ディストレスという言葉が語源になっていると考えられています。

ストレスというのは 疲れが多くなった状態のことを言いますのでストレスというのは蓄積疲労になります。 体に多くの疲れが溜まった状態のことを蓄積した疲れつまり蓄積疲労と言います。

ストレスが溜まって多くなっていくと限界はありませんのでここまでしかたまらないということは存在しませんからストレスというのは限界なく体に蓄積していき弱い部分に蓄積していきます。

人の体にはいろいろなところで弱いところとそうでもないというところがあります。

そうでもないところは何も起こすことはまずは考えられませんが弱いところにストレスが溜まれば何かが進行していき痛みやコリになっていきます。

この弱い部分というのが永久的に人の体に何かの問題を起こしトラブルになり痛みやこりになるだけではありません。

膝が弱いほうでしたら 老化とともに弱くなって進行していくと膝の痛みになります。

腰の部分が弱いほうでしたら 老化とともに進行していき筋肉や靭帯が弱くなっていき体を支えられなくなっていくと腰痛や腰の痛みになります。

疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉や靭帯だけではなく 筋肉や靭帯に溜まる疲れやストレスよりも何十倍のストレスや疲れが内臓に溜まっていきます。

内臓といっても疲れやストレスの蓄積のことを言っているので 何でもかんでも内臓の病気と結びつけるのはやめてください。

疲れやストレスというのは色々な所に蓄積していきますが特に弱い部分に多く蓄積していき関係する 崩れを起こし痛みやコリになります。

疲れやストレスのたまる内臓は

疲れやストレスの溜まる内臓というのは多く見受けられますが一番弱い部分に多く蓄積していき弱い部分に関係する痛みやコリになっていきます。

腰痛や腰の痛みを起こす時には腎臓に疲れやストレスが溜まっていきますので腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

腎臓というのは血液から尿を作ってくれているところですからろ過するところだと考えてください。

腎臓で尿を作って膀胱におしっこを送るということで腎臓が働いてくれているからおしっこを作ることができます。

腰痛と腰の痛みで起きる原因の80%は腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜まった状態で腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋のバランスが中から崩れていき筋肉バランスの崩れから骨盤が歪んだり開いたりそして背骨のズレが起きていきます。

腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜まります。

腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜まる状態が多いと 腎臓の細胞が老化して硬くなり病気に近づこうとします。

腎臓が弱いから腰痛や腰の痛みに見舞われて一年に一回痛くなったり数年に一回痛くなったり長期間悪いまま固定化された状態で慢性化状態に陥ります。

睡眠負債と腰痛

毎日毎日の生活と仕事と精神的な緊張とプレッシャーとそしてもう一つ最大の疲れやストレスを溜めてしまう原因があります。

これは睡眠負債です。

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていない状態のことを言いますがね無理というのは脳から出ていない限りは寝ているとは言いません。

大脳が休養とって眠るということが眠りですから誰が見てもスースー寝息を立てているからといって寝ているとは言えません。

人は見た目で見て判断している場合が多いようですから出ているような感じでも脳の中までは考えていません意味ていません。

寝息を立てている状態でも 大脳の中までは分かりませんから 大脳が休養とって休んでいないと脳は日増しに弱っていきます。

大脳が日増しに弱っていくと痛みやコリも感じにくくなって鈍感になり麻痺した状態で限界までためてしまわないと分からないという方がいます。

毎日毎日の生活で蓄積していく疲れやストレスが脳が弱ってしまうと分からなくなってイキどんなに痛みやコリが起きる状況に体がなっていても感じ取ることができません。

最近多くの方が麻痺した状態で体調は良いと思っているという返事まで帰ってきていますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みが大きくあったり骨盤の開きが大きくあったり背骨のズレが起きてガタガタしていても体調は良いと思っています。

腰痛と骨盤の歪みと骨盤の開き背骨のズレ

腰痛が起きている時には必ず骨盤の歪みと骨盤の開きそして背骨のズレが起きていますので それらを 検査をして見つけ出すことをして改善していきます。

普通一般的には骨盤のトラブルがあっても背骨がずれていても軽い時には何も感じませんから徐々に悪化させた状態で急激に起きるのが腰痛と腰の痛みです。

腰痛や腰の痛みで起きる時には必ず骨盤の歪みと骨盤の開きの両方があったり片方があったり背骨のズレが起きていますのでそれだけでは済まないで椎間板ヘルニアになっている、腎臓疲労から起きる内部からの崩れを減らしていくことも大切な腰痛と腰の痛みの治療になります。

 

小倉北区腰痛を解消するなら徳力整体院。

error:Content is protected !!