カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティック で歪みを矯正することで痛みやコリが楽になっていく 施術をしています。

カイロプラクティックというのはボキボキしたり痛い怖いというイメージが強い雨に敬遠されてしまいますが当院のカイロプラクティックの技術力による治療は痛くもない強くもないボキボキもしないし低周波治療器や機械などを使うことなく手の技術力のみで体を整えていくカイロプラクティックをしています。

当院でも昔は技術力がない時には低周波治療器や電気などを多く使って痛みやコリをほぐしたりチラシたりすることをしていましたがある時、電気ということを研究することをしていきました。

低周波治療器や機械の意味を検査することで治療する前と治療した後を比べてみることができましたので比べてみると 低周波治療器や機械を測った後とかかる前が体調が全然違っていました。

低周波治療器は電気をかかってもらう前に検査をして状態を確認してそして低周波治療器や電気をかかってもらうことをすると以前と測る前とは体調自体が違うということが分かったからです。

低周波治療器と電気というのは体を疲れさせることをしているということが分かったからそれ以来、低周波治療器や電気などを使うことなく本当の意味で患者さんの状態に向き合う事をしていきました。

特に低周波治療器をすると定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激することをしていますので筋肉を刺激するとリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていき循環が良くなっていくということがありますが終わった瞬間から戻っていきますので何も変わることもなく逆に筋肉疲労が起きているのに 筋肉疲労を余計に積み重なった状態になるということが分かったからです。

低周波治療器などを用いている治療院が多くありますがほとんどの低周波治療器の意味というのはプラス端子からマイナス端子に定電流の電気を流すことで筋肉を疲れさせているということにしかなっていません。

多くの治療院が低周波治療器という意味や機械のマッサージ器などの意味を知らずに使っていることが多く見受けられますが多く使えば使うほど体は弱っていき疲れをためていきます。

一時的に揉んだりをしたりすることでほぐれたような感じになっていきますが低周波治療器などのマッサージ器を使えば使うほど筋肉は硬くなり皮膚も固くなるということがあるようです。

筋肉や皮膚が硬くなるとその中に入っている神経や血管も硬くなりますので硬くなれば結構障害が大きい血行不良になり神経も正しく働かなくなって力が出にくくなったりします。

筋肉や靭帯や皮膚が硬くなるとその中に入っている神経や血管も正常ではいられませんので 同じようなことになっていきますのであまりに多く低周波治療器やマッサージ機械などを使うと筋肉や皮膚や神経や血管などもどうかしていき血行障害や握力が落ちたりすることが起きます。

カイロプラクティックというのは

カイロプラクティックというのは歪みをズレを矯正していくことなんですが普通のカイロプラクティック医院では ただ骨盤の歪みや背骨のズレを矯正することを目的として治療を行いますが本当はどうして背骨の歪みや骨盤の歪みなどが起きるのかという原因が裏側にあります。

姿勢が悪かったり猫背などで背骨が歪んだりずれたりすることはありませんので姿勢でもない原因があるということです。

日常的に多くの生活をする方がいますが仕事をしている方と家事をしている方と色々な形が存在しますけど共通するあることが体に蓄積していくことが原因で体は補正的に歪みやズレを起こしていきます。

共通してたまるというものは特別なものではなく日常的にいつも隣り合わせであるものなんです。

体に蓄積したりたまるというものは普通一般的に誰でも使っているものなんですがこれが多くなればなるほど体の歪みやズレを起こしていきます。

このあるものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積が筋肉にもたまりながらある部分により多く溜まっていきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら65%つまり65 kg は水分です。

水分は流れている水分もあればリンパ液の水分もあれば内臓の中にも水分がいっぱい入っていますし 細胞の中にも水分がいっぱいありますのでその水分を総合的にトータル的に集めてぎゅーっと絞れば65 Kキロの水分ができます。

あとの残りの35 K 部分の重さというのは 筋肉の重さと脂肪の重さと骨の重さと 皮膚の重さと髪の毛と爪の重さと 後は血管と神経とリンパ管しかありません。

あとの残りは 内臓と 中枢神経系です。

疲れやストレスが溜まるということは筋肉にもたまにながら多くは内臓に蓄積していき内臓に蓄積していく疲れやストレスですから何でもかんでも病気というのを結びつけることなく 内臓に溜まった疲れやストレスということで体が内部から破壊された状態で崩れていきます。

疲れやストレスがない方はいませんので疲れやストレスを感じていないという方も多くいますし疲れやストレスをわかっていないという方も多くいます。

疲れやストレスの蓄積が歪みやズレに

体に多くの疲れやストレスが生活する時にもたまり仕事する時にもたまり、また最近多くの方が睡眠負債状態になっていて寝不足状態になっていますので眠りでも疲れやストレスは溜まっていきます。

疲れやストレスは生活する上で避けきれないものなんですから誰でも疲れやすレスは存在していますが最近は多くの方が、疲れやストレスを以前ほど感じなくなっています。

疲れやストレスを感じにくい原因というのは睡眠負債状態が多くある方の場合なんですが睡眠負債状態というのは寝ようとすると夜すぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方です。

寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないと言われれば最高に良い睡眠をしているように思いますが実は体はグーグー寝ていても脳が寝ていないと眠りをとっているとは言えません。

眠りと言うのは脳から寝ていることが眠りなんです。

寝ている方を見れば気持ち良さそうに寝息を立てているような状態で寝ているかも分かりませんが頭の中のことまで考えていません。

頭の中というのは夢ではなく寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事を知る睡眠から見れば夢はまだ寝ている方です。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし最悪の睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまっているほど1番浅い睡眠になりますので浅い睡眠を多くするとどうが弱っていきの肥料になり脳が疲弊していき脳が衰弱している方までいます。

脳が衰弱状態や脳が疲弊状態になっていくと記憶力が落ちていきますし変な行動や言動が多くなったりうっかりが多くなったりします。

脳の衰弱や脳の疲弊状態が起きるとイライラしたり頭痛になるかと思いますし目がかすんだりする方までいます。

脳から出ていないとどうが弱ったままではどうに疲れやストレスがより多く蓄積していくと脳細胞の働きも悪くなるということも起きますが内面的には脳細胞の減少が急激になり脳への血流が悪くなり脳へ酸素や栄養成分が運ばれることなく老廃物がより多くためれば血管も固くなっていき出血傾向を起こす方もいるかも分かりません。

脳の弱りというのは最終的には人においては進行が早い方は地方や認知障害になる確率が高くなりますがあくまでも確率という話をしています。

脳が弱るとどんなに骨盤の歪みやズレが起きていても背骨に何が起きていても最悪の結果で椎間板ヘルニアなどが起きていてもそれを感じ取ることができません。

痛みやコリというのは脳が元気だから感じ取ることができますがどうが弱ってしまった方は痛みやコリがわからなくなりますし風邪を引くこともできませんしインフルエンザウイルスが体内に入って増殖していてもそれさえもわかりません。

あるということは麻痺状態になり鈍感になっていきますのでどんなに体調を落としていても何も感じ取ることができない方は認知障害に進行していくということもあるかも分かりません。

最近は院長から体調はどうですかと聞かれると体調はいいですという返事が返ってきますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方ほど体がガタガタの人ほど体調はいいですと言っています。

これは冗談ではなく大変なことが起きているということなんですが本人はあまり分かってもらうことができない方が多いようです。

小倉北区 で歪みを矯正するなら カイロプラクティック で。

error:Content is protected !!