浮腫み

浮腫みを解消

浮腫み を減らしていくためには

浮腫みを減らすことをしていますが浮腫みと脂肪というのは違いがあります。

むくみというのはつまんで見れば分かると思いますが ブヨブヨしていたりして中にリンパ液が漂っている状態のことまたはリンパ液が停滞している状態で老廃物が多く溜まっていることを言います。

脂肪というのは簡単に変化するものではなく午前中と午後違うということはありませんので午前中と午後違う場合は浮腫みになります。

浮腫みというのを検索してみると浮腫という言葉がトップページに現れてきますがむくみというのは二種と同じ言葉です。

浮腫みというのは浮腫が大きくなったり多くなる原因があるから浮腫みやすくなっていますので浮腫みの原因を見つけることをしていかないとサプリメントで減らすこともできませんし運動でも減ることはありませんし 食事制限をしても浮腫みは減ることはありません。

元来、浮腫みというのはどうして起きるのかという原因があるからむくんでいるわけですから何も原因がなくてむくんだり浮腫みが起きたりということはありません。

浮腫を起こしているとリンパ療法という治療法もありますがリンパ療法をしても基本的なものからあげて言って整えていくことをしないと、また繰り返し安く起こりやすくなりますからリンパを流せばいいわけではなくどうしてリンパが溜まって滞留してしまっているのかという原因があるということで浮腫みになっています。

浮腫みをおこす原因

浮腫を起こす原因は基本的なことが原因です。 しかし基本的なことを検査する ことはできません。

病院で検査していることも尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などをしていますが病院の検査で発覚するものは病気になってから発覚してしまいますので病気の検査になります。

検査というのも病気の検査ばかりではなく体調の検査や疲れやストレスの蓄積の検査という検査法があります 浮腫が起きる時には体調が悪く調子を落としていることが多くあり調子を落としたり体調落とすことで色々な働きが悪くなってしまい、それがリンパの働きに影響出してしまっていることが原因で老廃物が多くたまり浮腫みになります。

必ず浮腫みが多くなったりする時には体調が悪くなっている時しか起こりません 。

逆に体調が良い状態で浮腫みが大きくなっていると大変なことが起きているということがありますので浮腫みの代表例で言うと体調がすごく悪い形がお腹に水が溜まっているということを聞いたことがあると思いますが、このことを腹水と言いますが腹水は浮腫みが大きくなったものです。

リンパ液が多くを滞留してしまって流れない状態になっている時には体調が悪く調子を落としていて疲れやすトレスが多く溜まっている時にしか浮腫みは大きくなりません。

体調を検査する

しかし自分で体調が良いと言ってきたか違いますが検査して調べてみると常に体調が悪く骨盤の歪みが大きかったり開きがあったり背骨の歪みが起きている以上に椎間板ヘルニアが起きていてこんな状態でとてもという状態の方が体調がいいと言いますのでこのギャップというのがあります。

最近は多くの方が眠りが浅い方が多くなっているのがこの最大の原因を作っていますが眠りが浅いということは脳が日増しに弱っていきますので脳が弱ると脳疲労になり脳疲労が起きると痛みやコリを感じることができなくなります。

痛みやコリを感じることができないし体調がどれだけ悪いかということもわからないという方が脳疲労になっていることがあります。

脳疲労の強い方は骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていてもそれを感じ取ることができませんし背骨の歪みや椎間板ヘルニアが起きていてもその痛さを感じることができませんし 風邪の細菌やインフルエンザウイルスが大量に入っていても隠れ風邪になってしまいまた隠れインフルエンザになってしまっているので体内にこもったままになっています。

隠れインフルエンザという言葉は病院の先生がテレビで言っている言葉なんですが隠れインフルエンザウイルスが異常に増えているのは脳疲労が原因なんですが、 脳の弱りが多く強くあると インフルエンザウイルスが体内に侵入して増殖していても脳が元気じゃないとインフルエンザの症状を起こすこともなく熱を上げることもなく平気な顔をしている方が増えているからです。

平気な顔をしている本人はどうもないようですが周りにいる人たちには感染を広げてしまう結果を起こしていきます。

体調と言う 自分で感じなければいけませんが 夜寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているという方が多くなっていますので 音無理というのは脳から寝ていないと眠りとは言えませんので体が横になって目をつぶっている状態でも頭が緊張したり興奮したりしていることがあると脳は眠りができなくて休養をとることができなくて脳の中では寝ながら考え事をして睡眠が多くなります。

眠りというのは脳が寝ていること又は休養とっていることがね無理なんです。

眠りが浅いと浮腫みが多い

毎日毎日仕事や生活する上でまた精神的なプレッシャーが色々ある上で体には疲れやすいスマオーク溜まっていき眠ることで疲れやストレスを減らすことができますしかし最近多くの方が眠りが浅くなっていることが多くあり疲れを取る 状態ではありません疲れが取れないでまた次の日を迎える状態では疲れは蓄積する度合いが多くなるばかりですから、その疲れというのは どこかに溜まっていきます。

疲れやストレスというのは体に溜まるという風に思う方が多いと思いますので体にもどこかにたまるということが起きています 例えばですが体重100キロの方がいるとしたら65 kg は水分つまり水ですあとの残りは筋肉だったり神経だったり血管だったりリンパ管だったり皮膚だったり脂肪だったり 骨だったり です。

あと残ったものと言うと内臓しかありませんので雷蔵に疲れやストレスが大きい病気ではない状態でいくら検査してもわからない状態で内臓に疲れやストレスが溜まっていきます。

我々の体は食べることで 胃で消化してエネルギーを消費して栄養成分を肝臓で集めて貯蔵することをしてエネルギーとして変換することをして生き肺で血液の中に酸素を混ぜ込むことをして血中酸素を増やして脳を送ることをしています。

内臓にも体力というものがあれば内臓の体力は眠りで押していきますので眠りが浅いと内臓の元気な状態ではなく病気でもなく弱って疲れやストレスを溜めていきます。

肝臓が弱ると浮腫み

特に肝臓が弱ってきて疲れやすトレスが溜まってくるとアルコールの飲み過ぎではなく内臓に溜まった疲れやストレスが多くなれば多くなるほど 肝臓は弱っていきますので肝臓から出るリンパでメーデーを送るホルモンが正常に分泌されないとリンパ管は働くことをしませんので働かなければむくみが大きくなるまたはむくみが多くなるということが普通で起こります。

つまり脳にも 弱りやストレスを蓄積していき全ての内臓に疲れやストレスが蓄積していきさらに肝臓にもお疲れやストレスが多くなればなるほどむくみやすくリンパの働きを悪くなっていき老廃物が多くなり浮腫みになります。

むくみというのはリンパで吸収していきますがリンパ川鎖骨下静脈という二箇所で静脈に流れていきますのでこの流れが悪いということは肝臓の問題や内臓の問題や体調の悪さを示しています。

 

小倉北区浮腫みを解消いたします。

error:Content is protected !!