肩こり

肩こりを解消

肩こり を楽にしていくためには。

肩こりを楽にしていくためには原因を見つけ出して改善していくことをしていますので楽になることは1回や2回でできると思いますが、原因から改善していくためには、しばらくの通院が必要になります。

肩こりと言うと多くの治療法があると思いますがほとんどの治療法というのは対症療法ばかりしていることが多く見受けられます。

肩こりには肩こりを起こしている原因がありますが原因を見つけることは簡単なことではありません。

体というのは大きさも違いますし 肩の張り出し方も全員と言っていいほど違いますし筋肉の質も全員が違いますから原因を見た目だけで見て見つけ出すということは困難を極めます。

体というのは大きさも違えば年齢は違いますし男性女性の違いもありますし肩の筋肉の作りも違いますから一概に肩こりを検査して見つけ出すということも簡単なことではありません。

当院では肩こりの方が 来院 すると 検査することを重要視して筋肉のコリから改善するようにしていますが筋肉のコリがある場合は筋肉の凝りから改善しますが筋肉以外で肩こりの原因が見つかれば、その原因から改善するようにしています。

肩こりを改善する対症療法

肩こりを改善する治療法という名目で 対症療法と療法という方法がありますが 対症療法というのは原因を見つけることもなく 痛みやコリがある部分に対して何らかの治療法をすることです。

何かの治療法するというのは間違った方法ではありませんが原因がその場所にあるとは限りません。

どこから肩こりが起きているのかどうして起きているのかということを見つけ出さなければ本当の肩こりを治すということはできませんので楽にすることは出来ると思いますが。

肩こりを楽にする方法としては

肩こりを楽にして行く方法というのは湿布を貼ったりしても 2で良くなる程度の肩こりであれば楽になります。

湿布というのは暖かい温湿布もあれば冷たい冷湿布もありますがどれもこれも温めても冷やしても同じような結果になります。

温かい湿布というのは循環が良くなるような感じで言っていますが コリを起こしたりする時には軽く熱を帯びている場合が多くありますので温めるというよりも本当は冷やした方がいいと思いますが冷やした湿布を取ってみるとベタベタで暖かくなっているということがありますので温めるというよりも循環を良くするというよりも冷やした方が熱をとってくれています。

なんでもかんでも循環を良くすればいいというわけではなく循環をしても負担になる場合もありますので負担になることを考えれば冷やした方がいいと思います。

温湿布と冷湿布

昔テレビ番組の特集で 学生を10人ぐらいアルバイトで雇ってきて階段の上り下りをさせて5人は冷やす方法を押してあとの5人を温める方をしたということを実験することがありましたが温める肩よりも筋肉痛が早く聞いたのは冷やした方のほうでした。

肩こりというのは筋肉痛とは違いますが同じような結果が 出ると思いますので冷やした方がいいと思いますが当てた時のヒヤッとした瞬間が嫌だという方もいます。

しかし冷湿布と言ってもしばらく当てていれば 熱を取ってくれて湿布自体がベタベタになっていますので、これは熱を取ったという証拠だと思います。

気持ちよさだけ言えば温めた方がいいと思いますが肩こりを考えると気持ちよさよりも肩こりが楽になる方法を考えた方がいいと思いますから確かに温めると循環が良くなってリンパの働きが良くなりますし老廃物が多く流れていくということがありますが筋肉の凝りが起きている時には炎症を同時に伴って起きていますので炎症がある時には冷やした方がいいと思います。

温かい気持ちよさをとるか肩こりが楽になる方法をとるかの違いだと思います。

筋肉を触ると冷えた感じがする場合は温めた方がいいです。

肩の筋肉を触って 冷たい感じがしなければ 熱を帯びている場合がありますのでかっかするという状態よりも若干暖かいなと思うことがあったら冷やした方がいいです。

動作を見るときに他の部分を触ってみると他の部分と温度差があればどういう温度になっているかということを考えて欲しいところです。

他のところを触って 他のところは熱がないのに肩を触ると温かいという場合は熱を見ていますので冷たい方がいいと思います。

しかし尻尾を張ったりすることよりも肩こりの原因になってるものを見つけることが先決だと思います。

肩こりを起こしている原因

肩こりを起こしている原因として考えられることは背骨の歪みやズレです。

背骨の歪みやズレがあると 筋肉は骨から骨にくっついていますので 骨が動くことで筋肉まで緊張してしまってこれが肩こりになるというのが肩こりです。

必ず肩こりというのは背骨の歪みやズレがあります。

しかし背骨の歪みやズレがあるからと言って背骨の歪みやズレを改善しなくても筋肉だけをほぐせば肩こりは一時的には楽になります。

背骨の歪みやズレを改善していかなければ肩こりは本当の意味で楽になることはありませんが 背骨の歪みやズレもどうして背骨の歪みやズレが起きるのかという原因があります。

背骨の歪みやズレが起きる原因は体に溜まったある物が原因で起きています。

背骨の歪みやズレを起こす原因は体に蓄積する疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まって痛みやコリを起こしていきますので疲れやストレスが多くなればなるほど限界まで際限なく多くしてしまうことができますので つもりつもりば山となるというような感じで肩こりになっていきます。

肩こりが起きる時には体調全体に調子がいい状態で起きるということは考えられませんので体調全体の状態を落としながら更に肩こりに関係する部分に疲れやストレスが溜まることが肩こりになります。

肩こりを感じる方の場合、肩や腕や首の筋肉が弱いということが考えられますので弱い部分ほど疲れやストレスが多く貯めてしまい筋肉が緊張していくということで肩こりになるという方もいます。

肩こりを感じる時にはある部分に疲れやすいですが溜まっていることが原因で肩こりになりますが筋肉にもたまりながらさらに何十倍の疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

内臓といっても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけるのはやめてください。

内臓に疲れやストレスが溜まるということを言っていますので病気というのは関係ありませんので注意してください。

肩こりに関係する内臓に疲れやストレスが溜まることで背骨の歪みが起きていきます歪みが起きれば筋肉は緊張して引っ張られていきますので、これが肩こりになる原因です。

最近は多くの方が眠りが浅く寝ているようで眠れていませんので眠れていないと内臓に疲れやストレスが溜まるということが起こりますし日常的に生活する上でも疲れやすいとは多くなるばかりです。

生活上でも疲れやストレスが溜まりますし仕事上でも疲れやストレスが溜まり精神的なものでプレッシャーを加わると疲れやストレスは溜まりますし眠りが浅いことでも疲れやストレスは溜まるということが多くあります。

疲れやストレスがないという方はいませんので疲れやストレスがどれくらいどこに溜まったかで起きる症状が違うだけです。

当院では検査することができますので検査することで 関係する部分の状態を確認しながら強制に入ることができます

 

小倉北区肩こりを解消いたします。

error:Content is protected !!