肩こり

肩こりを楽にしていくためには

当院では多くの方が肩こりを楽にするために訪れていますが ただ筋肉を揉んだりすることなく検査をすることで確認しながら肩こりを楽にすることをしています。

肩こりと言うと筋肉が凝りを起こしていることで肩こりを感じていますが恋というのは筋肉にたまった疲れやストレスが原因で緊張した状態の事を肩コリと言いますので肩の筋肉が緊張した状態で起きているのが肩こりです。

肩の筋肉というのは自分でも気がつかない状態で多くのことをしていますので肩や腕や指を使うことが自然と筋肉の緊張や疲れやストレスをためていくということにつながっていき筋肉の緊張を繰り返し起こしていることが疲れやすトレスを溜めてしまって筋肉が緊張していく状態で肩こりになります。

日常的に指や手首や肘や肩を使うことが多くありますので 指を動かす時でも肩に力が自然と入っていることが多くありますので肩に力が入れば筋肉疲労が起きていくということは当然、 起きています。

冬などに買う灯油缶などというのはタンクも重さに入れてしまえば20 kg ぐらいになりますので20 kg の物を持つということをしていれば筋肉疲労が起きていき肩こりになるのは起こると思います。

車の運転をするときなども動かさないというよりもハンドルを持つ動作ということで肩や腕や指に力が入っていますので力が入ることで疲れやストレスが筋肉にたまっていき緊張になって肩こりになります。

買い物をして買ったものを腕や肩や肘を使いながら持つわけですけど、この持つことでも筋肉に力が入った状態があると筋肉疲労が起きていき筋肉に疲れやすレスが溜まることで緊張して肩こりになります。

日常の中に肩こりの原因がある

軽いものでも 脇に挟んだり手のひらで持ったりすることでも維持する力が働きますので維持する力でも筋肉疲労が起きていき筋肉に疲れやストレスが溜まっていき緊張が起きて肩こりになります。

多くの方が携帯を扱うことをしていますが携帯やスマホを扱うと 指や手首や肘や肩などに力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労を起こし緊張になって肩こりになります。

肩にまた腕に力が入ることをすればするほど全体的に筋肉疲労が起きていき軽いうちに解消できないと残ってしまったものは蓄積していきますので蓄積して物が筋肉に疲れやストレスを起こしていき筋肉が硬くなったり緊張したりすることがリンパの働きが悪くなっていきリンパの働きを悪くなると老廃物が多く溜まって循環が悪くなりますから、これが肩こりになります。

日常的に色々なことをすること自体が肩や筋肉の疲れやストレスが多くなった状態を起こしていますので多くなればなるほど筋肉は緊張して肩こりになっていきます。

日常的にしていることでも疲れやストレスは筋肉にたまっていきますから掃除をすることでも肩や腕を使うことが多くありますので軽い力解消していかないと疲れやストレスを残したままだと肩こりになります。

毎日の生活する時に食事を作る時でも多くの重たいものや包丁を持つ動作をしますので肩や腕の力は入ったままになっていますから肩や腕の力が入ったままだと肩こりになりやすくなります。

何気なくしている動作というのが色々ありますので何気なくしている動作が負担になっているということもあります。

特別な事をしなくても肩がこる

特別な事をしなくても肩の筋肉というのは多くのことに ことが多くありますので使えば使うほど筋肉に疲れやストレスが溜まって行って肩こりになります。

しかし肩こりというのは筋肉だけで起きていることはあまりないと思っているのが院長ですが当院の院長は検査をすることができますので本当に筋肉のコリから起きている肩こりなのかということを検査して見つけることをしています。

検査をしてみて筋肉のコリが本当にあるのかということで検査をして見つけていくことができます。

多くの肩こりの場合筋肉のコリもありますが筋肉のコリと重なって起きているものがあります。

筋肉のこりと重なって起きているものは背骨や首の骨の歪みやズレです。

肩こりの肩の場合背骨の歪みやズレが起きて筋肉のコリが解消できなくなっているという方が多くなっています。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いて歪みを起こすことでも筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んでしまったりということが起こりますので筋肉の状態を確認しながらリンパの働きを悪くなった状態を見ていきます。

筋肉から起きるという歪みやズレもあると思いますが多くの場合背骨の歪みやズレが起きて筋肉のコリが解消できなくなっているということで肩こりになっています。

歪みやズレが起きると肩がこる

何も原因がなくて背骨の歪みやズレが起きるということはありませんので何かの原因があって歪みやズレになっていると考える方が自然だと思います。

背骨の歪みやズレを起こしている原因は体に溜まった疲れやストレスですが疲れストレスも溜まる場所があります。

疲れやストレスというのは筋肉にも溜まっていきますがさらに多くの疲れやストレスはある部分に溜まっていきます。

ある部分に溜まる疲れやストレスというのは大変多く蓄積した状態が長くなればなるほど多くなればなるほど歪みやズレを背骨の部分に起こしていきます。

ある部分に溜まる疲れやストレスというのはどこにたまるのかということが一番の問題になります。

疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきます。

内臓に溜まっていく疲れやストレスですから病気という理由を言っているわけではありません。

内臓に疲れやストレスが溜まるということなので病気とは無関係です。

毎日の生活や仕事の関係上の疲れやストレスまた寝不足状態の疲れやストレスというのは内臓に直結して溜まっていきますので内臓が疲れてしまうことや内臓にストレスが溜まることが起きて骨盤の歪みや背骨のズレになっていきます。

内臓疲労から起きる背骨の歪みや骨盤のズレというのは大変多くの方に起きているものですが さらに悪化させた状態が椎間板ヘルニアになっている方もいます。

椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく日常的に起こりやすいものですが疲れやすレスが多くなった方ほど歪みが起きて歪みが起きるとさらに椎間板が潰されてヘルニア状態になることを椎間板ヘルニアと言います。

背骨が歪むことで肩がこる

背骨が歪むことでも背骨から出ている神経を圧迫してしまうことで痛みになることもありますし椎間板が潰されて膨らんでいきますので膨らんだことが神経を圧迫して神経の痛みとしてどこかの部分に起きているということもあります。

検査をしてみてひとつひとつずつ改善していくようにしていますので筋肉から改善して歪みやズレや椎間板ヘルニアなども改善していくようにして内臓に蓄積してしまった疲れやストレスを減らすことをして肩こりを楽にしていくことをしています。

内臓に蓄積した状態の疲れやストレスというのは大変多くなっていることがありますので一回で全て改善するわけではありません。

回復していくにも 力が必要ですから回復する力というものが必要になりますので最近多くの方が回復する力が 出ていないという方も多くなっています。

回復する力も肩こりを解消するためには必要ですからその原因として考えられているのは脳疲労です。

脳疲労が起きる原因は夜寝ている時に眠りが浅くなっている状態の方が多くなっていますので眠りが浅くなった状態が長くなればなるほど脳は弱っていきます。

 

 

 

小倉北区からも 肩こり が楽になるから多くの方が訪れている 30年を迎える 徳力整体院です。

error:Content is protected !!