肩こり

肩こりを楽にしていくためには

肩こり を楽にしていくためにはいろいろな方法があると思いますが 肩こりと言うと湿布を貼ったりしても楽になることもありますし家族の方などにマッサージをしてもらっても肩こりが楽に感じることもありますが専門家のマッサージを受けても肩こりが楽になることもあるでしょうし 電気治療をしても肩こりが楽になったり病院で注射を打つことでも肩こりは楽になることがあると思います。

肩こりを感じる時には筋肉で感じていますので どうして筋肉の凝りが起きるのかということを考えていく必要があります。

何も原因がなくて肩こりを起こす筋肉が凝りを起こすということは考えられません。

どうして肩こりを起こす筋肉のコリが起きるのかということを見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを改善したことにはならないと思います。

しかし肩というのは大変多くの物事に使いすぎている場合が多くありますので使い過ぎていればいるほど 肩の筋肉は緊張したりしてコリを起こしていきます。

肩というのはいつも多くの方が使いすぎていて酷使している現場がありますから肩の筋肉というのは力が入ることで筋肉が緊張して疲労していくということでこれを起こしていきます。

肩の使いすぎが肩こりに

冬などに灯油缶を持つことでも力で持つというよりも肩の筋肉で持っていますので肩の筋肉を使いすぎていることにもなります。

車の運転を長時間することでもハンドルを持ったりすることで 力が入りぱなしになっていますので肩の筋肉が緊張したりしてコリを起こすということはあります。

最近は多くの方がスマートフォンや携帯などを操作することをしていますが 操作することで肩に力が入ってしまって筋肉が緊張したり疲労したりしてこりを起こしていきます。

家で寝転がっている時にて枕をすることでも肩の筋肉の国司に繋がっていきますから肩の筋肉が酷使になれば疲労を起こしていき肩こりになります。

ショッピングや買い物などをして 荷物を持ったりすることでも腕で持つというよりも力で持つというよりも筋肉で持っていますので筋肉で持つということは筋肉の使いすぎにつながっていきますので肩こりになります。

何も重たいものを持つことばかりが肩の筋肉の使いすぎになることはありませんので軽いものでも持っていること自体で肩の筋肉の使いすぎになりますから肩の筋肉を使いすぎれば肩こりになります。

仕事においても肩や腕の筋肉を使うことばかりですから肩や腕の筋肉を使えば使うほど使いすぎという状態で筋肉は疲労していきますから筋肉が疲労することでもリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環も悪くなりますから循環が悪くなったりすることで肩こりになります。

肩コリの方は気づいていなくても

肩こりの方は自分でも気がつかない状態で肩の筋肉を使いすぎていることが多くありますから 肩の筋肉を使いすぎることで 筋肉は疲れやストレスをためてしまい肩こりになります。

本当に肩こりの方は肩の筋肉を使いすぎてる割には肩の筋肉を癒す事をしていませんし肩の筋肉がどれくらい疲れ切っているかということを考えることをしていません。

何かをしたら肩の筋肉は緊張したり疲れやストレスをためていきますので疲れやストレスを食べれば緊張したりコリを起こしていくのは当然だと思います。

肩の筋肉を使いすぎたかは肩の筋肉を癒したりほぐしたりすることが必要になります。

しかし肩の筋肉を使い過ぎても本当は内臓から出るあるホルモンが筋肉のコリを解消してくれていますが、これも正常に働いている場合で働いているから ホルモンが分泌されて筋肉のコリをほぐすということをしています。

我々があまり考えてはいませんが食事をすることで内臓は消化することをしていますが消化するときもエネルギーを使ったりして紹介していきますが消化することで内臓は疲れやすいですをためていきます。

これと同じように筋肉も使いすぎているといつのまにか疲れが取れなくなって疲れやストレスが多く蓄積していくということが起きてしまいます。

筋肉が疲れることが肩こりに

筋肉に疲れやストレスが溜まれば緊張したり硬くなったり張ってしまったり老廃物が多く溜まったりリンパの流れが悪くなったり循環が悪くなったりということが起きるのは当然ですしそういう理由から肩こりになるということは考えられると思います。

筋肉疲労というのが肩こりの原因になる場合が多くありますが肩こりを起こす時には筋肉疲労だけは ありません。

背骨の歪みや首の骨からも 歪んだりずれたりすることで筋肉が引っ張られてしまって肩こりになるということもあります。

背骨の歪みや首の骨のズレというのは大変多くの方に起きているものですが筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いてしまうと筋肉は引っ張られたり緊張したり硬くなるということが起きますので リンパの流れが悪くなって老廃物が多く溜まってしまって循環が悪くなって肩こりになって行きます。

しかしなにも原因がなくて中枢神経系を守っている背骨や首の骨が曲がるということはありませんので何かの原因があって歪みやズレを起こしていると考える方が妥当だと思います。

肩こりと言うと多くの人の場合本当に筋肉のコリから起きているものもあり背骨や首の骨の歪みやズレから起きている肩コリもありますので検査をすることでどういう状態で肩こりが起きているのかということを見つけていくことをしています。

肩こりを起こす筋肉として知られている筋肉は首の付け根から肩から背中のあたりまである僧帽筋という筋肉が中心で肩こりを感じています。

僧帽筋の筋肉を使いすぎることで肩の筋肉は疲労して 肩こりになります。

僧帽筋という筋肉が大きな筋肉ですから大きな筋肉が筋肉疲労を起こすことで肩こりに繋がっていきそれから背骨の歪みやズレが起きるということもあります。

筋肉のコリや緊張が起きて背骨や首の骨がずれてしまっているのか または筋肉が緊張したり使いすぎで 肩こりになるのか。

どういうわけで肩こりが起きているのかということを見つけていくことでも検査をすることで確認しながら改善することができます。

当院ではマッサージをしているわけではありませんので筋肉だけをほぐしたり柔らかくすることをしていません。

肩こりになっている原因を見つけ出して改善していくことをしていくのが当院の肩こり解消法ですから。

しかし最近多くの方が眠りが浅い方が多くなっています。

眠りが浅いということは肩こりになりやすくなります。

一見、肩こりと眠りというのは関係がないように思えるかも分かりませんがいつは密接に関係があります。

昔でしたら夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れないという方や寝てしまっても夜中に何回も目は覚めてしまったりという方もいますし夢ばかり見るという方が不眠症という状態で言っていましたが最近は多くの方が夜寝る時間になったら眠れているという方が多くなっています。

夜寝る時間になったら寝て朝まで目が覚めないという方ですがその睡眠の中でも寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が多くなっているからです。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは眠りが異常に浅く寝ています。

しかし目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしている浅い睡眠をしていたということを忘れてしまっています。

眠りが浅いということは脳が弱っていきますので脳の弱りから背骨の歪みやズレが起きやすく筋肉も緊張して肩こりになります。

 

小倉北区で肩こりを楽にするなら多くの方が来院していることで評判の良い人気のある徳力整体院です。

肩こり を楽にしていく方法をしています。

error:Content is protected !!