小顔矯正

小顔矯正 が人気です

当院は 小顔矯正 が評判の良い ことで知られています。

小顔矯正をしていくときには痛くもないボキボキもしない顔を無理に押さえつけたりすることもしていない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときでは 何をして顔を小さくするのかどういう風にして小顔矯正をしていくのかということが一番の 問題だと思いますが当院では痛くもない強くもない小顔矯正をしていますし顔を無理に押さえつけたりすることもない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときにはどういう風にして顔を小さくしていくのかと言うと顔をマッサージをするようにしてマッサージ感覚で顔を小さくしていくことをしています。

小顔矯正はマッサージ感覚

マッサージをするようにと言いましたがマッサージをしているわけではなくマッサージをしていても顔が小さくなることはありません。

小顔矯正をしていくときにどなたが見ても他の方が見ても顔をマッサージしているようにしか見えないのでマッサージをするようにということをしか言えませんがマッサージをしているわけではありません。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感覚ということで覚えてもらえればいいと思いますが顔を揉んだりしていくことで顔を小さくしていきますが顔を、ただ単にもんだりしているわけではありませんしマッサージをしているわけではありません。

小顔矯正をする時に検査することをしていますので 多くの方が検査することで顔の異常が確認できます。

顔の異常が確認できれば、どうなっているのかということを確認しながら改善していくことで顔が小さくなっていくという小顔矯正をします。

多くの方が顔に異常がありますから今まで30年間小顔矯正をしてきて顔に何も異常がないという方がいませんでした。

人気がある小顔矯正

そして今までに小顔矯正を希望されて訪れた方の顔を小さくできなかったという方はいません。

というのも当院の小顔矯正というのは、特殊な小顔矯正ですから顔の異常のある部分を見つけて改善していくことで顔が小さくなるという小顔矯正だからです。

小顔矯正をしていくときには検査することを重要視していますので検査をしてみると多くの方にというよりもほとんどの方に異常が見つかります。

この顔の異常というのは顔の部分に炎症や腫れがあるという方が多いということです。

顔の炎症や腫れがあったって痛みやこりもないことも多くありますので肌のあれは方は時々います。

顔に炎症や腫れがあるということは顔が大きくなったりむくんだりしやすくなりますので皮膚もたれてきたり炎症を起こしたり晴れたりということが起きますし皮下脂肪というのがありますので皮下脂肪が炎症起こしたり腫れたりしてたり下がったりしているということもあります。

顔の炎症や腫れ

顔にも表情筋というのがありますが表情筋自体が炎症を起こしたり晴れたりということがありますし表情筋が長く悪くなっていると筋肉自体が硬くなっているという方までいました。

今までご自分で体調がいいと思って小顔矯正に行きましたという方ほど体調が悪くなっていました。

体調というのはすごく分かりにくいものです。

痛みやコリがなければ体調はいいのかと言うとそうではありませんし自分で感じていないからといって体調が良いとは限らないということです。

最近は陽気の変動などが大きく眠りが浅くなっている方が多くなっていますから眠りが浅いということは体調がいいことはありません。

夜寝る時間になったら朝まで目が覚めないから寝ているとかいう方が多くなっていますが 本当に眠れていれば問題はありませんがただ寝ている横になっている グーグー 寝息をたてているという方が多くなっています。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思うのは勘違いです。

寝ていると思われる方を検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるのに背骨のずれや筋肉の緊張も多くあるのにということがありますので眠れていなければ全員体調は落ちていますがどれくらいをしているかによって違います。

最近は多くの方が眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠が多くなっていますので昔でしたら夢を見ることが多くあるということがありましたが最近の方は眠りが浅い方が多く寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠というのが一番最悪な睡眠です。

眠りが浅くなればなるほど 脳は弱っていき脳疲労になっていきますので脳が弱れば弱るほど痛みやコリを感じにくくなっていき風邪も引きません。

脳が弱ってしまったほど顔の部分に炎症や腫れが多く見受けられますしそういう方ほど皮膚や筋肉が垂れていくということも多くなっていますので小顔矯正と言っても異常のある部分を見つけて 改善していくことで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

今まで30年間小顔矯正をしてきて一人も体調がいいという方はいませんでしたし全員が顔に炎症や腫れがありました。

顔の炎症や腫れというのは見つけることも難しく改善していくことも困難を極める場合が多くありますが当院では小顔矯正の専門家ですから検査することも簡単にしています歯矯正をすることも簡単にしていますがマッサージ間隔で矯正していくのでマッサージをしているようにしか思えないという方が多くいます。

しかし何度も言いますがマッサージをしているわけではありません市美容的な小顔矯正をしているわけではなく矯正的な小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正をする時には顔の大きさを触って覚えてもらうことを優先してしています。

必ず小顔矯正に入る前に顔の大きさを触って覚えてもらうことをしています。

鏡で見たりすることも構いませんが手の感覚というのを重要視していますので必ずご自分の両方の手のひらを顎の部分に当てて手のひらと指を広げるようにして顔に密着させるようにして触ってください。

手のひらや指を犯してしまうと浮かんだところほどわからなくなりますので浮かさないようにしてしっかりと全部を密着させて左右を感じるようにします。

ここで一番肝心なことは左右さを感じるということです。

左右差を感じようとする時に脳が働いて脳の感覚神経を動員することができますので感覚神経を動員して触ってもらった方がより分かると思います。

しかし左右差を感じるということは脳が働くことでわかるわけですから脳の働きが悪い形や脳の疲労が強い方などはわからないという方もいます。

一番の問題は顔を小さくしているのにわからないという方ですから分からないということがないようにしっかりと記憶しながら左右を感じながら触ってください。

必ず顔が 初回から顔が小さくなっていきますが小顔矯正と言ってもまだまだ帰るべき所がありますので一回で終わる小顔矯正というのはありません。

顔が変わればいいと思う可愛いでしょうが体に多くの疲れやストレスが溜まっていたり歪みや開きなどが多くあったりすると戻りやすくなりますからご自分の体調というのも重要な小顔矯正の要素になります。

本当は初回から体調を上げて顔を小さくしていくことをしたいのですが他の部分をしていても小顔矯正希望ですから満足を得ることはありませんので初回は顔を触って顔を小さくしていくことをしています。

小顔矯正を希望される方は必ず顔の大きさを覚えてもらうようにしてください。

しかし顔を触ってもわからないという方もいますので小顔矯正に入る前に鏡で見て判断するということも重要だと思っています。

 

 

 

 

 

小倉北区で 小顔矯正 をしています。

error:Content is protected !!