体調とは

体調とは

体に多くの疲れやストレスが溜まることで歪みになっていって 歪みが起きると調子が落ちていくのでこの事を体調が落ちる悪くなるといいます。

体調が悪くなるということは体に多くの疲れやストレスがたまっている時でたまると必ず体は歪みになっていきます。

この歪みが痛みはこれまでなくても調子が悪くなったり 体調が落ちる原因になっていきます。

体調というのは簡単に上がるものではなく サプリメントを 飲んだりしても 栄養素ですからサプリメントを飲むよりも食事で摂るようにしたほうがいいと思います。

食事ができない方がサプリメントなどを飲むというようなことをしないとサプリメントというのは栄養補助食品ですから。

食べれない方が栄養を取るために補助するのがサプリメントの役目なので最近多くの方が意味を履き違えている方が多くなっています。

そして体を癒すマッサージというのは目的は筋肉を癒すことなどでマッサージというのも筋肉の表面上のものでしかなりません。

普通の整体やカイロプラクティックの 治療でボキボキしたりすることや電気をかけることをしていますがこれらも 体調をあげることはできません。

特に低周波に代表される電気などは体に刺激を与えているだけなので刺激を与えれば与えるほど体調は堕ちて行きます。

ではどうすれば体調は出ることができるのかそこに最大のものが 存在します。

当院でも

体調をあげるということをしていますが体調は出るということは大変難しく簡単に考えている方が多いのが現実です。

痛みは腰が軽くなったから体調は上がったと思うのは大きな間違いですから体調を上げていくということをしないと繰り返し起こりやすく中途半端で止めてしまうと また落ちやすくなったり痛みやコリがないからといって元気とは限りません。

体調をあげるということは大変高等テクニックなので簡単にあるものではありませんが基本的なものでもあります。

初診の方や 郵便物を持って来られる方の体調がすごく悪い場合が多くありますが入り口を入った瞬間にワッすごい方が来たということがあります。

しかし体調がどんなに悪くてもそれを感じていない方は凄く多くなっていますので自分の体調は自分で確認できて把握していないと意味ありません。

当院では

個人個人違う体調を簡単に測るよう にしていますが簡単にしているわけではなくできるから簡単なように見えるだけです。

お医者さんでも体調というのは見た目見てわかるしかなく 体調を見ているわけではなく見た目だけで見て判断している場合が多くあります。

体調が悪い状態で手術なんかすると よくない状態何かが起きてしまうこともあると思います。

体調というのは基本的なベースなので体調が悪いと色んな物になりやすくいた京都に関わらず内臓の不調状態も起きてしまっています。

コメント

error:Content is protected !!