整体とは

整体とは痛みや凝りになるのは歪みやズレから起きているということで、歪みやズレを矯正することで痛みやコリ楽にする方法です。

腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などは、必ず歪みやズレが起きていますので、歪みやズレと言っても骨盤の歪みや背骨のズレというズレがあり、ズレや歪みがありますのでズレや歪みがあると痛みはコリになりやすくなります。

しかし、歪みやズレを矯正して直さなくても楽にする方法があるために、根本的なものを直すこともなく、変えることもなく楽にする治療が多く見受けられます。

歪みやズレの部分を直さなくても楽にすることができる治療法というのは例えばですけど湿布を貼っても鎮痛効果があるものですから鎮痛効果の薬剤や冷やすことで炎症や腫れを抑えていくことで楽にすることができるかも分かりませんしドラッグストアなどに売っているサプリメントや医薬部外品などを飲んでもクリーム塗っても痛みコリは楽になることもありますのでにすることばかりの治療法が多くあります。

マッサージをしても、マッサージというのは筋肉を対象にしてほぐすことをしていますので、筋肉から起きている凝りや緊張は楽になっていきます。

整骨院や整体院やカイロプラクティック院で用いられている低周波治療器などを当ててもプラス端子からマイナス楽しいに電気を流すことで筋肉がほぐれて筋肉の凝りは楽になることもありますが、楽にすることをしていると原因も進行してしまいます。

痛みはコリというのは原因があるから起きている訳ですから原因を見つけ出して直すことなく楽にすることが多くありますので、楽にすることの治療法というのは全て対象療法という治療法になります。

対症療法

対象療法という治療法は原因なんかは関係なく原因を見つけ出すこともなく、筋肉を揉んだり電気をかけたり、サプリメントを飲んだり、湿布を貼ったりすることです。

痛みやコリが起きる時には必ず原因がありますので、原因を見つけ出さなければいつまでも原因を見つけ出すことなく楽にすることばかりしていると大変なことに進行していきます。

痛みやコリの原因がいつまでも同じままでは入ることはできませんので、年齢以上に老化して進行していくということが弱い部分では起きていきます。

体というのは弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。

そうでもない部分はあまり痛みやコリになることはなく、関係はしませんが、弱い部分というのはそうはいきません。

ヒトの体というのは、生まれつき弱い部分とそうでもない部分というのに分けられます。弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすく、疲れやストレスを溜めることが原因で細胞が徐々に変化していき、老化していきますので老化するということは余計に急速に悪くなっていきます。

カレンダー暦でいうと、1年に1歳しか歳をとりませんが、それはカレンダーの年数つまり地球の自転と同じですから、1日で1回、回転するということで起きている計算ですから、人の体は1年に1歳、歳をとるということはありません。

痛みやコリが起きやすい所を繰り返しやすいところは、体の弱いところですから、弱いところというのは老化が急速に進んでいくと先将来の問題になっていくということなんです。

痛みやコリの原因

痛みやコリになっていく時には、身体全体に疲れやストレスが溜まっていることが原因で更に弱い部分に疲れやすく、ストレスが多く蓄積していきますので、弱い部分に疲れやストレスが蓄積すると歪みやズレになり歪みやズレから痛みや栗が落ちていきます。

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動したり、ストレッチをしたり、動いたりすることで多くの疲れやストレスが溜まりますが、全ての疲れやストレスは体に溜まりますが、筋肉にもたまりますが、多くはさらにその奥に溜まっていきます。

例えば体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみたら65キロもの水分がぽたぽたと出てきますので、体重の半分以上は水分だということなんですが、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。

35キロの中には筋肉の重さと皮膚の重さと人体の重さと脂肪の重さと骨の重さと中枢神経系の内臓の重さになります。あとは神経と血管とリンパです。

中枢神経系も内臓の1部ですから、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまにながら筋肉よりもさらに何10倍も疲れやストレスを多く貯めてしまうのが内臓なんです。

しかし、内臓と言っても疲れやストレスの蓄積と言っていますので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞くようにしてください。

毎日毎日動いたり仕事をしたりすることで疲れやストレスが多く生まれていきますし、運動することでも暑い時に歩いたりすることでも疲れが生じていきますから、全ての疲れは内臓に溜まりながら筋肉に少し溜まっていきます。

疲れは筋肉にもたまにながら内臓の働きを低下させていきますので、内臓の働きが低下したら骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

背骨のズレ骨盤の歪み

背骨のズレや骨盤の歪みが起きると、筋肉はこれからほじりくっついていますので、骨が動いたり骨盤が歪んだりすると筋肉は引っ張られたり、緊張したりすることでコリになります。

何も原因がなくて筋肉がコリを起こしたり緊張を起こしたり、硬くなるということはありません。

姿勢が悪かったり、猫背になったりすることで背骨がずれたり歪んだりすることもなく、足を組んだからといって歪んだりズレたりすることもありません、横座りをしていたからといって背骨がずれたり骨盤が歪んだりすることはありません。

そんな単純なことよりも、体の中にあるものが原因で歪みやズレを起こしていきますので、歪みやズレを起こしている時には体の内部から崩れを起こしている時なんです。

体の中にある内臓が疲れやストレスを溜めることが原因で身体の内側から崩れていきますので、体の崩れから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり、背骨のズレが起きたりすることが原因で筋肉のコリや痛みになります。

睡眠負債と歪みやズレ

歪みやズレが起きる時には、必ず体に多くの疲れやストレスが内臓に溜まっている時なんですが、最近多くの方が疲れやストレスだけではなくているようで眠れていない睡眠負債状態の方が多くなっています。

昔でしたら不眠症という言葉がありましたが、今でもあると思いますが、寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりする方が不眠症という感じでしたし、夜中に何回も目が覚めてトイレに行くということが起きると不眠症という言葉が言われていましたが、最近の睡眠負債という状態の方は目が覚めないけど、眠りがかなり浅いんです。

寝ているようで眠れていないことが原因なんですが、目が覚めないから寝ているとだけ単純に思っています。

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけお眠りといいます。

つまり、熟睡状態をしている時間だけが寝ていることになります。

浅い眠りをしていると

浅い眠りをしていると、自分でも気がつかない状態で目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますが、眠りなさいということは大脳を急激に弱らせていきます。

しかし、大脳を急激に弱らせていくと脳細胞の急激な現象が起きてしまうことが大変まずい結果になっていきますので、脳細胞を急激に減らしてしまうと元はうっかりやモノ忘れが多くなったりしますが、そのうちに徐々にそれが大きくなっていたり、パニックたりすることが多くなっていきます。

眠りが浅くて脳細胞を言われてしまうと、脳細胞の急激な減少を招いたり、色々なことが起きていきますので、大脳だけではすまない状態で大脳に支配された自律神経もバランスを崩していきますので、体調が奈落の底のような体調をしている状態の方が多くなっています。

整体というのは、ただ単に歪みやズレを解消することだけではありませんので、体の状態を整えていくことをしなければいけませんが、整体というのは保険がききませんので、保険がきかない分だけ保険がきくところでできないものを矯正することはしていますが、簡単なことではなくマッサージをしているわけではありませんので注意してください。

体を整えるとは

体を整えていくことが整体なんですが、整体というのは普通は筋肉を問題にしながらボキボキして矯正することをして電気治療器をかけて終わりという感じが多く見受けられますが、単純に見てもそれだけではダメなんです。

当院の院長である私も初めのうちはマッサージをして筋肉をほぐすようにして骨を動かしやすくしてボキボキしたりすることや矯正でドロップ治療というのがありますので、ドロップ治療で骨盤の歪みや背骨のズレを改善することをして調整したあとに低周波治療器などをかけたり、ホットパックという温める機械を使ったりしていました。

しかし、体を研究すればするほど単純に見てもそれだけではダメなんです。

普通の整体院では分からないから、単純に同じような事を長年かけてしていますが、体というのは老化していきますので、いつまでも以前と同じ症状で来院するということはありません。

 

小倉北区から整体で歪みやズレを整えて、腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などを改善することをしています。