骨盤矯正とは

骨盤矯正 とは骨盤を小さくしていくことですから 骨盤矯正をしていくときには骨盤自体を小さくしなければいけませんが骨盤というのは骨なんです。 骨を小さくできるのかと言うと骨を小さくすることはできません。

骨盤というのは二つの関節を持っていますので関節を矯正することができるのか整えることができるのかと言うと 可能なのは可能なんですが少ししか小さくなることができません。

それでは骨盤矯正と言っても骨盤を小さくすることができないのではないかという疑問があると思いますが特殊な骨盤矯正があるんです。

当院では骨盤矯正をする前には骨盤の横の幅を触ってもらって覚えてもらうようにしながら骨盤矯正をしていきます。

しかし簡単な触り方ではありませんので 触り方をしっかりと覚えてもらうように2度ほど骨盤矯正に入る前にしています。

骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の大きさを触って覚えておかないと どれだけ小さくなったのかということがわかりません。

他人やスタッフなどが骨盤を計測すること をすると位置が違ったりきつく測ったりゆるく測ったりという感じでまちまちになりますので自分の両方の手のひらで感じるぐらい変わればわかると思いますが簡単な触り方ではありませんので手を当てればいいというわけではありません。

自分の骨盤の横に手を当てて 自分の骨盤の幅を感じようとしないと手を当てているだけです。

骨盤の幅を感じようとしないで手を当てているだけの方が多くいますので感じようとしないと感覚神経が働きませんから感覚神経が働かないと、どんなに小さくなってもクエスチョンマークが浮かぶような感じではダメなんです。

今まで骨盤矯正をしてかなり骨盤を変えても両手で触ってもわからないという方が時々いますので分からないという方は脳の感覚神経を働かせることができていませんのでただ骨盤の横を触っているふりをしているだけです。

人は動物の中でも高等ですから感じようとするとわかると思いますのでわかるように左右さを感じてください。

骨盤の部分というのは右と左で出っ張り度合いが違うこともありますので 左右が対称で同じという方はいないと思いますから左右差を感じようとしないと骨盤が小さくなったのがわからなくなります。

当院では履いてきたスカートやスラックスのウエストの部分などが ゆるゆるになるぐらいの方もいますのでそれらは下がって覚えておかないと分からないと思います。

骨盤矯正に入る前に 右手は右側に左手は左側の真横に手を当てていきます。 骨盤の幅を触るということをしてもらいますので しっかりとわかるように触って覚えておいてください。

当院ではしっかり触り方の説明をしているのに触り方ができてなかったりいい加減に触る方がいますのでそういうことがないようにしっかりとわかろうと感じようとして触ってください。

簡単な触り方ではありませんが骨盤矯正をして骨盤が小さくなったら本当に顔が違います。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時にはどういう風にして骨盤を小さくしていくのかと言うと 電気や機械を使うこともなく 手の技術力のみで骨盤を小さくしていくことをしています。

骨盤矯正をする時には手の技術だけで骨盤矯正を していますが どうやって骨盤を小さくすることができるのかという疑問があると思いますので骨盤矯正の方法は簡単な方法なんですが簡単ではありません。

実際に骨盤矯正を受けている方の 感想を聞くと 簡単に来ているようにしているのにどうして変わるのか とよく言われます。

実際に本当に簡単にしているようにしか見えないので専門家の先生が横にいても同じように骨盤矯正をしていますが徐々に小さくなっていくのが分かるというような骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正はマッサージをするような感覚で骨盤をマッサージしたり 揉んだりしているだけで骨盤が小さくなる骨盤矯正です。

本当に骨盤矯正は 骨盤自体をマッサージするような感じで骨盤を小さくすることができる骨盤矯正なんですがマッサージをしているわけでもないしもんで小さくなることはありませんので特殊な技術を持っているからできることです。

特殊な技術があるから骨盤をマッサージしているような感覚で骨盤を小さくすることができます。

当院の院長は骨盤矯正をして30年以上の経験がありますので 研究に研究を重ね特殊な技術を有していますから本当に骨盤をマッサージするような感覚で揉んでいるだけで骨盤が小さくなっていきます。

骨盤矯正で検査をする

骨盤矯正をする時には検査をすることをしていますので検査をしてみると今まで骨盤矯正を希望されて訪れた方、全員が体調がすごく悪くむちゃくちゃと言っていいほど体調が悪いのに悪さを感じていない方が多くいます。

院長が体調はどうですかとか調子が悪くないですかと聞かれても全員の方が体調悪くありませんとか調子は悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが痛みやコリなど何かの症状を感じないからと言って体調が良いとは限りませんし調子がいいとは限りません。

体調が良いか悪いかということは骨盤の歪みの度合いや開き戸度合いや背骨のズレの確認を行うことをすればすぐにわかりますので体調が悪い方ほど骨盤が大きく歪んでいますし歪みに限らず開きが大きくある方もいます。

そしてさらに 背骨のズレが大きく起きていてガタガタになっているにも関わらず痛みやコリを感じていないという不思議な現象が起きています。

不思議な現象と言いましたが本当は原因が分かっています。

骨盤の歪みや開きが大きくあるのにまた背骨のズレがむちゃくちゃあるのに痛みやコリを感じない状態の方が多くなっていますので麻痺して鈍感になっているという事なんです。

しかし普通は麻痺したり鈍感になることはありませんのでそれに何が関与するのかと言うと睡眠負債です。

睡眠負債と骨盤矯正

最近は異常と思えるほど眠りが浅い方が多くなっているんですが眠りが浅いということさえ気がついていない方が多くいるからです。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。

大脳が休んでいることを眠りと言います。

寝ている時に夢を見ている時間があると寝ていません。

しかし夢よりも最悪な睡眠があります。 最悪な睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると思って勘違いしている方が多くいますが単純に目が覚めないから寝ているとは言えません。

眠りというのは先ほども説明したように大脳が休養とって寝ていることを言います。

誰が見てもスースー寝息を立てて寝ているような状態でも脳の中のことまで見えていませんから体の状態のことしか分かっていないのに寝ていると勝手に判断しています。

夢というのは目が覚める瞬間に見るから記憶に残り覚えていますが夢を見ている時間というのは短時間です。

寝ている間の多くの時間は寝ながら考え事をしている時間に費やしています。

寝ていなければいけない大脳が寝ながら考え事をしている 睡眠になっていると 寝ていません。

例えば6時間の睡眠がある方が寝ようとする時間が3分から5分夢を見る時間が1分目が覚める時間が 2分とするとあとの残りが全て寝ながら考え事をしている時間になります。

つまり5時間53分が寝ながら考え事をしてる睡眠になっています。 ですから目が覚めなければ寝ていると 単純に目が覚めないことを理由に思っているだけの方が多くいます。

眠りというのはそんなものではありませんので眠りが浅いと 脳細胞の急激な減少までいていきイライラしやすくなったり頭痛になったり 物忘れが多くなったりうっかりが多くなっていきます。

脳細胞の急激な減少は認知症や痴呆などの進行を早めてしまいますので大変なことになりますが 進行途中の方は大変だということもピンと来ません。

眠りが浅いということは当然体が無茶苦茶と言っていいほど悪くなりますが 痛みやコリを滞納が感じ取ることができませんので痛みやコリが起きているような体つきでも痛みやコリを感じ取ることができませんし風邪の細菌が体内に多く入っていても大脳が弱っていれば熱を上げることさえできなくなります。

大脳が元気だから熱を上げることができます。

ウイルス細菌で熱を上げているわけではありません。

骨盤矯正をする時には脳の力がないとを取りやすく、またすぐに歪みを起こしていきます。

体調が悪いのに疲れやストレスが多く溜まっているのに持続する力はありません。

しかし疲れやストレスというのは ある部分に多く溜まっています。

内臓と骨盤矯正

骨盤矯正をする時には骨盤を小さくするわけですけど骨盤が小さくなったぶんだけ骨盤の中に入っている内臓はどうでしょう。

今まで大きな部屋に内臓が入っていたのに骨盤矯正で 骨盤が小さくなったわけですから小さくなったぶんだけ内臓は圧迫されてしまいます。

骨盤の中に入っている内臓というのは大腸と小腸と膀胱と子宮と卵巣と前立腺です。

女性の場合は大腸と小腸と膀胱と子宮と卵巣です。 骨盤矯正と言っても内臓の影響がかなり大きいと思いますので骨盤のゆがみや骨盤の開きが起きているだけでも考えても内臓の状態は正常ではいられません。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきますので内臓といっても即何でもかんでも病気というのを考えることなく内臓に疲れやストレスがたまるということが起きるんです。

つまり大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣にも疲れやストレスが溜まっているということで働きが低下してしまっていると考えた方がいいと思います。

場合によっては大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣などが炎症を起こして腫れているということもありますので 内臓からも調整する必要が骨盤矯正にはあります。

 

小倉北区から 多くの方が 初回から骨盤が小さくなるので 人気がある 骨盤矯正に訪れています。