頭痛を解消

頭痛 を解消しようと思うなら痛み止めの頭痛薬ばかり飲んでいないで原因を見つけ出すことから始めていきませんか。

頭痛には頭痛になるべき原因があるから頭痛になっているわけですからその原因を取り除かない限りは繰り返しやすく慢性化状態になっていくこともあります。

頭痛が起きている方、繰り返しやすい方、いつも頭痛薬ばかり持ち歩いている方は原因から改善していかないといつまでも薬で抑えていられません。

頭痛薬というのは一時的に痛みを抑えているだけですから解決法にはなっていません。

いつまでも一時的に痛みを抑えていることばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行して悪化させた状態で頭痛を起こしたり、形を違えて出てきたりということが起こるのが頭痛です。

頭痛が起きると多くの方はドラッグストアなどや病院でもらった痛み止めの薬を使っていることが多く見受けられますから頭痛薬というのは生理痛や解熱に多く使われるように一時的に痛みや熱を下げるという効果はありますが直しているわけではありません。

頭痛には頭痛の原因がありますが病院に行って検査しても血液検査や尿検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などいろいろな検査がありますがこれらは病気の検査をしていますので病気として完成したら陽性反応でわかります。

しかし頭痛というのは病名ですが病気ではありません。

病気ではないので病院で検査をしても陽性反応は出ないので原因不明です。

しかし本当は病気ではない状態で隠れた原因があるんです。

以前テレビの特集で見た頭痛に関係することを言っていましたが頭痛の方の半数の方が脳梗塞になっていると 言っていました。

しかし脳梗塞になる前ではいくら検査をしても分からないということが多くありますので脳梗塞になってやっとこさ高速状態が分かったりなる直前のものが反応したら分かるということです。

健康な細胞から半年や1年や2年や3年で病気の細胞になることはありませんので 血管も同じことだと思います。

血管の細胞が変化していくから血管が詰まったりすることや出血傾向を起こす可能性が増えてしまうということですから血管が老化して硬くなることが原因ですが硬くなるのも5年や10年、健康な細胞から変化していくのにかかるということです。

頭痛とは

頭痛になる時にはある二つの条件が重なった時に頭痛は起こりやすくなります。

一つ目の条件というのは疲れやストレスです。 疲れやストレスというのはたまるところがあるから蓄積していくわけですけどどこに溜まるのかということが一番の問題になるんですが疲れやストレスが溜まるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら 100 kg 中、65 kg は水分になりますので体の大半は水分でできています。

後残った35 kg のうち皮膚の重さと筋肉、靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパになります。

後残った35 kg 中の中に 中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓があります。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは 中枢神経系も 内臓の一部ですから内臓と筋肉ということになります。

疲れやストレスというのは 内臓に蓄積していくのが一番多いんですが内臓と言っても何でもかんでも病気というのを関係付けることなく内臓に溜まった疲れやストレスが原因で、いろいろな問題を起こし体の中から崩れを起こすことで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

中枢神経系にも疲れやストレスは溜まると説明したように中枢神経系というのは大脳や脳幹や脊髄なんですが最近多くの方が一番大切な脳幹の部分を弱らせている方が多くなっています。

脳幹というのは生きていく生命機能の中枢であり 自律神経の大本中の大元でありまさに自分自身だと言っても過言ではないところなんですが脳幹が弱ると色々なバランスが悪くなりホルモンや内臓だけではなく体温の調節も滞ってしまいます。

しかし脳幹が弱っても病気というわけではありませんので治療する手段というのはありません。

脳幹が弱ると大脳も弱るし周辺にある血管も働きが悪くなりますし 髄膜も炎症を起こしたりということが起きます。

大脳が弱ることや脳幹が弱ることが原因で頭痛になるということが多くなっています。

頭痛と睡眠負債

頭痛が起きやすい方は睡眠に関係する場合が多く見受けられますので睡眠というのは脳が休養とって寝ていることを睡眠と言います。

大脳が休養とって寝ていることを睡眠というますので誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしている方を見て寝ていると考えるようになりますが違うんです。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢を見ている時間というのは1秒だったり2秒だったり5秒だったり1分だったりという短時間なんです。

長く夢を見ていた記憶があっても数秒だったりというのが起こすのが脳のトリックです。

眠りというのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてることが多くなっていますので眠りというのは脳が休養とって寝ていない限りは眠っているとは言えません。

眠りが浅い睡眠の中でも夢ともう一つ最悪な睡眠があります。

最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは、最近は多くの方が寝ている状態の時に寝ながら考え事をしているという風になっています。

寝ながら考え事を知る睡眠というのは 多くなればなるほど大脳を弱らせていきますので大脳が弱ってしまったかたほど脳疲労になりさらに弱ると脳衰弱状態まで陥ってしまいますと体にどんなに歪みやズレが起きていたり痛みやコリが起きていても不思議じゃない状態でも感じ取ることができませんから体の状態は悪くないけど、ただ頭痛が起きると勘違いしています。

頭痛が起きる時には体に痛みやコリがなくても体調がすごく悪い時でしか起こりません。

しかしその体調の悪さを感じていないしわかっていないんです。 どんだけ自分の体が状態が良くないのかということが分かっていないということです。

じゃなかったら頭痛なんか起こりません。

どうして頭が痛くなったり頭痛になるのかということを深く考えてみてください。 体に何かの痛みやコリが起きる時は大変なことが起きていますが人はそういうことを考えもせずにただ単に痛み止めの薬を使ったり湿布を貼ったりという事で改善しよう楽にしようと思っています。

一時的に止める湿布を貼ったり痛み止めの薬というのは大変危険な行為なんです。

痛みが止まってしまえば治ったと思わせるからです。

しかし痛みが止まってしまっても治ったわけではないからです。

頭痛になる時は

頭痛になる時には必ず体にも多くの疲れやストレスが溜まっていて骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨のズレが大きくあってガタガタした状態で椎間板ヘルニアなども起きている可能性があります。

頭痛になる時には頭痛だけで起きていることはあまりありませんので関係した色々なものが起きています。

しかし睡眠負債状態があると脳が弱っていますので脳が弱ると頭痛だけ感じてしまって他の痛みは感じなくなってしまいます。

つまり体の痛みなどは麻痺した状態になりますので頭痛だけが起きていると思っています。

体の状態がどんだけ悪いのかということも分からずに。

疲れやストレスの蓄積が多いと内臓に蓄積していますので内臓に疲れやストレスが溜まるとただ単にそれだけでは済まないのが怖いところなんですがそこまで考えてもいない状態の方が多くいます。

疲れやストレスが内臓に溜まったり筋肉に疲れやストレスが溜まった状態が多くなったり長期間に及ぶと細胞は変化していきます。

細胞が変化したから頭痛になっています。

しかし変化した細胞もいつも痛みを起こすわけではなく時々痛みを起こしながらさらに進行していきます。

進行した最終形態が脳梗塞に連なったり脳出血につながったり 脳の状態を何かのトラブルを起こしたりします。

頭痛というのは病気の可能性があることが多く関係していますが 病気になっていない状態で進行途中で起こしているのが頭痛なんです。

しかし病院では病気になってしまわないと分かりませんのでいくら病院で検査しても健康ですよと言われても安心はしていられません。

病気になっていない状態で痛みが起きているからです。

本当に健康で何も異常がなければ痛み何か起こることはありません。

頭痛というのは頭で起きているから頭に何らかの問題があるということを考えなければいけません。

しかし今すぐに病気というわけではなく未病だということです。

頭痛を解消するなら

頭痛を解消しようと思うなら頭痛の原因を見つけ出すことをしなければいけませんがそのためには疲れやストレスの蓄積した内臓を元気に回復させたければいけません。

初回は頭だけ触って頭痛の解消を図りますが2回目か3回目の時には体を整えていくことをしなければ体が歪みやズレを起こしている状態があると頭痛を解消することの邪魔になります。

体の歪みやズレで痛みやコリを感じている方もいますが感じていない方も同じようにして見つけ出さなければいけません。

頭痛が起きている方又は初回の方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがありますが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは内臓疲労から起きています。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくと 歪み が大きく内臓疲労を起こし内臓疲労から骨盤の歪みや背骨のズレが起こります。

逆に何も原因がないのに頭痛が起きていたら可能性として病気かも分かりません。

歪みやズレは病院では強制ができませんのでまずは体を整えていくことから頭痛の解消を図っていきませんか。

 

小倉北区から 多くの方が 頭痛 を改善するために訪れています。