肩こりを解消

肩こり を楽にするためには色々な方法があると思いますが当院では根本的に肩こりの原因になってるものを見つけ出して解消していくようにしていますので他とはやり方が全然違います。

肩こりを改善するためにはどうしたら肩こりが良くなっていくのかということを考えるようにしていますので単純に何も考えないで湿布を貼ったりすることは一番簡単な方法なんですが簡単な方法をして楽にすることを選ぶよりも原因から見つけ出すことをしないと原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりというのは原因があって肩が凝っているわけですから何も原因がなくて筋肉のコリが起きることはあまりないのでその原因を見つけ出さなければ肩こりの原因になってて物もいつまでも同じままではいられません。

確かに肩こりと言うと湿布を貼ったりしても楽になることはありますがインドメタシンという薬剤が鎮痛効果がある何かのエキスとか色々なものが入っていると思いますのでそれらは貼って緩和ができるかも分かりませんが緩和しても肩こりを楽に装うことができても何をしたわけではありません。

肩こりを起こす時には肩こりの原因を見つけ出さなければいけませんのでよく肩こりは姿勢が悪いとか猫背から肩こりが起きると言われますが姿勢や猫背 が起きているのも原因がありますので原因を見つけたので見つけ出さなければいけないのにただ猫背だとか姿勢が悪いとかいうことが原因ではありませんので決めつけないでください。

肩こりには肩こりを起こしている原因があります。

しかし原因を改善しなくても肩こりは楽になります。

肩こりを楽にすることと肩こりを治すということは意味が違います。

多くの治療法は肩こりを治すということではなく肩こりを楽にしているだけです。

今まで30年間で肩こりを多くの方に対して 治療を行って肩こりを楽にすることをして肩こりの原因になってるものを見つけ出すようにしていますか最近の肩こりの方は全然原因が違いますし以前とは違った状態でこじらせている方が多くいます。

一番厄介なのはこじらせている肩こりを解消することなんですがしばらくの通院が必要になります。

肩こりをこじらしている場合は歪みやズレだけではなく何かの原因が重なっている状態の方が多いからです。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしても付きまとってしまいますので筋肉のコリを改善しても楽に感じることができますが本当は原因がさらに奥に潜んでいます。

この原因から改善していかないと肩こりを本当の意味で単純に楽にすることだけをしているにしか過ぎなくなります。

肩こりというのは毎日毎日の腕や肩や指先の使いすぎて筋肉を酷使している状況がありますので筋肉の酷使から起きる肩こりは多くなっています。

酷使ほど使いすぎなくても毎日毎日の積み重ねが肩こりを起こすいろいろな原因になっていますので 使いすぎなくても肩こりは起きてしまいます。

肩こりを起こしている筋肉というのは僧帽筋という筋肉ですから僧帽筋という筋肉は免疫に関係する筋肉なので免疫力低下状態の方は僧帽筋の筋肉が緊張しやすくコリを起こすということもあります。

しかし何も原因がなくて筋肉のコリや緊張が起きることはありませんので何かの原因があると考えた方が自然だと思います。

疲れやストレスと肩こり

人の体は毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などでも多くの疲れやストレスを溜めていきますのでこの疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら体をキュッと絞れば65 kg は水分になります。

体の大半の体重は水分だということなので水分と言っても血液や リンパ液や体液が細胞の中にある。

水が何かを起こすというのは考えにくいので残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まるところがあります。

35 kg の中には 何があるかと言うと皮膚の猛者筋肉靭帯の重さ脂肪の重さ骨の重さとあとは中枢神経系と内臓ですが中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄も内臓の一部ですから疲れやストレスがこの中でたまりやすいというところは内臓と筋肉ということになります。

疲れやストレスが筋肉にもたまにながらその筋肉にたまる何十倍の疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。 内臓に溜まった疲れやストレスが体の内側から 崩れていきます。

主に筋肉というのは骨の外側にあるものですから骨の外側が何かを影響だということはあまりなく体の内側からトラブルを起こすことは一般的に知られていることですから体の中から崩れると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がなにかの原因で動いたりすることが起きると骨は引っ張られたり緊張したりします。

つまり内臓疲労から起きる背骨のズレが原因で筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んだりということで肩こりになります。

しかし何も原因がなくて背骨がずれることはありませんので何かの原因があるから背骨がそれを起こしています。

それが内臓疲労です。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まると体は徐々に歪みやズレを起こしていきますので歪みやズレが起きると骨の移動が起きていますので筋肉は引っ張られたり緩んだりということで 肩こりになります。

睡眠負債と肩こりというのもありますが睡眠負債状態というのは最近は夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると単純に勘違いしてることが多くなっていますから眠りが浅いということは脳が弱っていき脳が弱るということは脳細胞の急激な現象が起きていき脳麻痺になってしまいます。

最近は多くの方が脳が弱っていることが原因で痛みやコリに鈍感になっています。

骨盤を検索したり背骨を検査するとすぐわかることなんですが骨盤の歪みがむちゃくちゃあったり骨盤が開きが大きくなっていたり背骨がずれてガタガタしている状態でも本人は体調の悪さを感じていませんし痛みやコリをわかっていません。

だから院長が体調はどうですかと聞くと多くの方が同じ答えを答えます。

同じ答えというのは体調はいいですという意味です。

しかし背骨を検査すると背骨はガタガタして 椎間板ヘルニアなども起きている方もいますが 本人は何も感じていません。

脳が弱ってしまったほど脳麻痺になってしまったかたほど風邪の細菌も体内に多く侵入していても何も起こしませんし熱を上げることもありませんから風邪もひかないと思っているかも分かりません。

インフルエンザになっていても脳が弱っていると発症もしませんので隠れインフルエンザということで人にはつしてしまいます。

大脳は弱るということはいろいろなところに波及していきますので 単純に自分だけではすみません。

肩こりというのは大変なことなんです

例えばですけど脳が弱ってしまった方は 多くの場合肺や心臓が弱ってしまっていますので肺や心臓が弱ると胸椎の1番目と2番目の骨が曲がってずれていますから曲がったりずれたりすることで筋肉は引っ張られて緩んだりして肩こりを起こしています。

多くの方が感じる場合は 息苦しさや胸苦しさや時々心臓のあたりの胸の位置でチクッとする痛みが一瞬あるとかなんです。

しかし脳が弱りすぎるとそれぞれも感じ取ることができません。

脳が寄りすぎているとハイテンションになりますのではいてんしょになれば朝からすぐ動くことが出来ますし疲れ知らずで動くことができるため体調は良いと思っている方も多くいます。

体調は良いと思っているのに背骨を検査するとガタガタです。

 

 

小倉北区から肩こりを解消する。