腰痛とは

腰痛とは 腰の痛みが起きる時には原因がありますので原因から改善していかないと単純に表面上の痛みだけを改善して楽になったと思うでしょうが本当は楽になってからの先の治療があります。

腰痛というのは重たいものを持ったり、前かがみをしたりには仕事で座って畑をしていたりする時に立とうとした時に腰が痛くて体が起こせなかったりとか 車の運転をしていると腰が痛くなりやすいとか色々な原因があると思いますが これらは全て切っ掛けです。

切っ掛けは切っ掛けであって原因ではありませんから切っ掛けの裏側に原因が潜んでいます。

普通一般的には切っ掛けが原因のような感じで思うかはもう分かりませんが原因は原因できっかけは切っ掛けです。

骨盤の歪みと腰痛

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのが原因なんですが 骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている時に 重たいものを持ったり前かがみをしたりくしゃみをしたり布団が柔らかい布団に寝ているだけでも腰が痛くなったり腰痛になりますので骨盤の歪みが原因なんですがなにも原因がなくて骨盤が歪んだりすることはありません。

どうして骨盤の歪みが起きるのか、または、どうして骨盤の開きが起きるのかという原因があります。

骨盤の歪みは骨盤の開きは姿勢で起きるものではありませんし姿勢も悪いのは原因があるから悪くなっています。

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると骨盤が不安定になっていますので骨盤が不安定になると体を支えることができませんので体を支えられない姿勢をすると腰痛になります。

腰痛が起きる時には骨盤の不安定性が起きるのが原因なんですがどうして骨盤が不安定になるのかというにも原因がありますからこの原因というのは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどで多くなっているものが原因なんです。

疲れやストレスと腰痛

疲れやストレスの蓄積が腰痛を起こす原因であり骨盤の歪みを起こす原因です。

しかし疲れやストレスが多く溜まっていても 切っ掛けがないと腰痛にはなりません。

しかも疲れやストレスというのは自分の体の中の弱い部分に蓄積していきますので弱い部分が腰痛に関係するところであれば腰痛になりやすいということです。

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけですから疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にも、たまりながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら 100 kg 中 65 kg が水分です。

体の半分以上は細胞や内臓やリンパ管や血液などの多くは水分ですからあと残りの35 kg に問題があります。

35 kg の中には神経と血管とリンパ管などもありますが皮膚の重さ皮下脂肪の重さ筋肉靭帯の重さ骨の重さとあとは中枢神経系と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながら中枢神経系と内臓に多くのたっていきます。

内臓といっても病気というわけではありませんので何でもかんでも即、病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスがたまるということを言っていますので勘違いしないでください。

人の内臓は生まれながらにして弱い内臓とそうでもない内臓がありますが生まれながらに弱い内臓というのは親からもらった遺伝子が関係しているし家庭的な要素が関係していますので親が何かの病気を持っていれば 決定的にその内臓は子供にも受け継がれて受け継がれる時に弱い内臓ということになります。

内臓の病気になっていなくても内臓の弱さで色々な症状が起きているということがありますので病気として完成していなくても因子はあるということがあります。

例えば親が膵臓から起きる糖尿病を持っていれば子供も膵臓が弱く子供のうちは糖尿病ではなくアトピーやアレルギーや乾燥肌や 下痢などを起こしやすくなります。

例えばですが親が肝臓の病気を持っていれば子供も肝臓が弱く子供のうちは肝臓病ではなくアレルギー性鼻炎や花粉症や膝の痛みなどとして起きています。

例えばですが親が心臓の病気を持っていれば子供も心臓が弱くすぐに息が上がったり呼吸が苦しくなったり動悸がしたりということが起きますが検査をしてみても病気という判断はなくわからないことが多くありますが心臓病になる前に肩こりや首の痛みや首のコリを起こしていたり します。

腰痛を起こすのは腎臓

腰痛を起こす内臓というのは腎臓と膀胱と前立腺そして子宮になりますのでそこに何らかの弱さがある方が疲れやストレスがその内臓に溜まりやすく疲れやすいですがたまると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい骨盤が不安定になるので腰痛になります。

腰痛を起こしやすい方は膀胱炎を起こしやすいとか生理痛や生理不順があるとか前立腺の問題がある方はおしっこが出にくかったり切れが悪かったりということが起こりますので腰痛としてではなく、それらの症状から起きていることもあります。

例えばですけど腰痛を起こす原因は腎臓が8割、原因になりますが弱い腎臓に疲れやストレスが溜まりやすくなると 腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなりこの筋肉のバランスの悪さが骨盤を引っ張ったり歪みを起こす原因になり 骨盤が不安定になって腰痛が起こります。

ですから腰痛を治療しようと思うならマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントや医薬部外品などを使ったりすることもいいかも分かりませんし低周波治療器などをして 腰がラクになることはありますが原因である骨盤の歪みは骨盤の開きなど骨盤の不安定性がなくなることはなく腎臓の問題は残ったままになっています。

骨盤の歪みは骨盤の開きなどの不安定性状態と 腎臓の問題が残したままになっていると腎臓にもどんどん疲れやストレスが溜まり細胞の変化、細胞の老化、最終的にはもしかしたら腎臓の病気になるかも分かりません。

疲れやストレスが多くなると 腎臓をも疲れやストレスが多く蓄積していきますので腎臓に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど細胞がいつまでも若々しいままでは入ることはできません。

腰痛を改善するには

腰痛を改善しようと思うなら当院では検査をすることをしていますので検査をしてみて筋肉靭帯の炎症があればそれを改善して抑えることをしています市骨盤の歪みは骨盤の開きの状況を確認しながら骨盤の歪みは骨盤の開きなどを改善して不安定性を解消することに努め背骨のズレがあれば背骨のズレを痛くない方法で矯正したり椎間板ヘルニアになっていれば椎間板ヘルニアを改善することをしてさらに腎臓の働きを良くしていくことをしています。

ですから検査をしないで湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器など起こしになってたりすることは構いませんが原因が全て残ったままになっていますと最終的にはこじらせたり脊椎管狭窄症になったりということもなる可能性が大きくなっていき腎臓のトラブルが起こりやすくなります。

全ての原因は弱い腎臓に疲れやストレスが溜まったのが原因ですから弱い内臓を強くすることをしていかなければいつまでたっても弱いままだしこれからさらに弱くなっていきますので体質改善の治療で腰痛を強くすることを少しずつでもしていきませんか。

体質改善というのは筋肉や内臓を少しずつでも変えていくことができるのが体質改善の治療でやり若返りの治療でありアンチエイジングの治療ですから例えばですけど固くなったものを少しずつ柔らかくして行くことができます。

 

小倉北区から腰痛を解消するなら。

 

小倉北区 腰痛 を楽にしていくことをしています