人気の骨盤矯正

骨盤矯正 が人気があるボキボキしない痛くもない怖くもない初回から言葉が小さくなると評判の良い骨盤矯正をしていますが多くの方の骨盤を30年間で小さくすることに成功していますが骨盤矯正というのも分かっていない方が多くいますので骨盤矯正を説明していきたいと思います。

骨盤矯正というのは骨盤を小さくすることですから骨盤というのは中央の仙骨と両方の部分にある寛骨という骨が骨盤を形成していますのでこの骨盤を小さくすることをしていかなければ骨盤矯正ということはできません。

骨盤には 歪みや開きが起きていることもありますが歪みや開きが起きていることは当然、対象になりますけど歪みや開きを改善して言っても骨盤が小さくなることは少ししか起こりません。

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると骨盤周辺もむくみや脂肪が多くなったり足が太くなったりということは起こりますが単純に骨盤の歪みは骨盤の開きを整えて矯正すればいいというわけではないしゆがみやひであきを矯正すると小尻になるということもありません。

骨盤矯正をする時には何をしたら骨盤が小さくなることができるのか骨盤矯正をしていくときにどうすれば骨盤を小さくすることができるのかまた言葉が小さくなっても維持することができるのか持続力があるのかということが一番の問題になります。

骨盤矯正をして行く時には言葉を小さくすることをしていきますが骨盤周辺にあるもの全てが対象になりますので骨盤の周りにあるものと言うと骨盤の骨と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と神経と血管と内臓がすべての対象になりますのでそれらを整えていかなければ骨盤矯正をしても効果が少なく戻りやすくなります。

消去法で言うと分かると思いますけど骨盤には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯そして腹膜と内臓と骨盤の骨があります。

もちろん皮膚が厚くなっている方は皮膚を薄くしたり脂肪が多くなっている方は脂肪を減らしたりということをしていかなければいけませんが、それだけではありません。

骨盤矯正とは

いつのまにか大きくなってしまった言葉を小さくしていくわけですから 当院では骨盤矯正をして行く時には検査することを重要視しています。

そして骨盤矯正に入る前にご自分の両方の手のひらを骨盤の両横に当ててもらって幅を覚えてもらうようにして骨盤矯正に入りますが メジャーで測ったりすることもなく触ってもらうだけで大きさを確認しながら覚えてもらうようにして骨盤矯正に入りますが大変これは難しく簡単な方法ではありませんがこの方法で分かれば笑顔が違います。

他人がメジャーで測ったりすることもなく自分の両方の手のひらで骨盤が小さくなったのがわかるということが一番の笑顔だと思います。

そのため大変簡単なようで難しいことなんですがご自分の股関節の部分に両方の手のひらを片方ずつ当ててもらいながら幅を覚えてもらうようにして骨盤矯正に入りますので必ずこれは覚えておいてください。

そして骨盤を触る時にはただ手で触るだけではなく頭を働かせながら感じようとして目をつぶって触ると余計にわかりますので目を閉じて感じ用として左右さを感じてください。

骨盤矯正をしている時には骨盤の幅を目を閉じて感じようとすることが一番大切なことなんですがこれが大変難しいということです。

触り方はすごく簡単なんですが感じようとする左右差を感じようとする時に大脳が働くことをしないと 感覚神経がおろそかになって働きませんので手だけで触ってしまっていると変化がよくわかりません。

骨盤矯正と言っても10 CM 、20 CM も変わることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという風に骨盤が小さくなっていきますので1 CM 変わってもわかるように触ってておいて欲しいんです。

骨盤矯正をして行く時には

骨盤矯正をして行く時にはボキボキもしないし痛くもないしての技術だけで骨盤を小さくすることができますので機械や低周波治療器などを使うことはありません。

手の技術力だけで言葉を小さくすることをしています。

唐院骨盤矯正をしている時にはマッサージをするような感覚で骨盤周辺屋骨盤を揉んで行くと骨盤が小さくなっていきますので必ずご自分で骨盤の幅を確認しながら矯正に入っていきますので全員が骨盤が小さくなっていくということです。

しかし骨盤矯正をする時に点滴になるものがあります。

骨盤を小さくしていくときに邪魔になるものなんですがそれは体調と睡眠負債状態です。

最近は骨盤矯正をしていくときに患者さんに体調はどうですかと聞いてみると多くの方が体調は悪くないですとか体調はいいですという風な返事が返ってきますが検査することができますので調べて見るととんでもない体調をしている方や無茶苦茶と言っていいほど体調を閉じている方が多くいますが、それらを感じ取ることができていません。

体調がどん底のような体調している方や奈落の底のような体調してる方が平気で体調はいいですと言っていますのでそれらを調べてみると睡眠負債状態が深く関係しているということがわかっています。

睡眠負債

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんのでね無理というのは脳から寝ていない限りは寝ているとは言いませんので夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

単純に目が覚めないから寝ていると思うことなく誰が見てもスースー寝息を立てている状態でも脳の中のことまでは分かりませんし脳の中まで見て寝ていると思う方はいません。

夢というのは目が覚める前に見ているから夢を見ていたという記憶が残り覚えていますが最悪の睡眠は目が覚めない睡眠なんですが脳からもう寝ていないし脳が活性化してる状態で見ている睡眠がありますのでその睡眠の事を寝ながら考え事をしてる睡眠と言います。

眠りと骨盤矯正

眠りが浅い形は脳が弱ってきますので脳が弱ると全身に衰弱状態を起こしていきますので脳が弱ることでその衰弱状態までをしたことを感じ取ることができませんのでハイテンションになっていきますからハイテンションでなればなるほど動けますから体調はいいと勘違いして疲れ知らずなんです。

色々な部分に負担が起きている状態でも感じ取ることができなければ体調はいいと思うし調子はいいと思うでしょうがそんなことはありません。

当院で行う検査というのは 骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレも確認することができますし内臓が疲弊してる状態を確認しながら検査することができますから脳も内臓の一部ですから脳の状態を確認しながら整えていくことができます。

寝ているようで眠れていないと脳は弱っていきますので脳が弱ることで骨盤が歪んだり骨盤の開きが大きくなっていき脂肪やむくみなどが多くなったり内臓の働きも低下して悪くなっていきます。

内臓の働き悪くなると言葉の中に入っているの愛情というのは 膀胱屋敷親卵巣や大腸ですから生理痛が起きたり生理不順になったり便秘になったり下痢になったり膀胱炎を繰り返しやすくなったりということが起こるのが特徴です。

骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなると尿漏れを起こすかと思いますので骨盤の歪みは骨盤の開きを整えていくということも大変重要な骨盤矯正になります。

骨盤が歪んだり言葉が開いたりすることでも脳の力が落ちていると維持することができませんのでどんなに小さくしても脳が元気ではないと戻りやすくむくみやすく骨盤がすぐ開いてしまうということもあります。

体にも多くの疲れやストレスが多く溜まっていると 内臓冷えになっていきますので内臓に疲れやストレスが溜まっていくと骨盤の歪みは骨盤の開きが起きたり背骨がずれたりそして内臓の調子も落としていたり働き悪くなったりということで骨盤は安定しなくなります。

 

小倉北区 骨盤矯正 をしています。

Follow me!