小顔矯正とは

小顔矯正 をする時には初回から顔が小さくなると評判の良い人気がある小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をする時には 痛くもなくボキボキもしないでんきや機械を使うこともなくての技術力のみで顔を小さくするという特殊な小顔矯正をしていますので顔を無理に押さえつけたりすることもなく顔を小さくしていくことができます。

そして当院の特徴はご自分で小さくなったのが確認できるように小顔矯正を進めていくことができますが小顔矯正と言っても一回で終わる小顔矯正はありません。

どんなに小顔矯正で顔が小さくなってもまた顔を小さくしても一回で終わることはないというのは理由があります。

小顔矯正をしている時には初回は顔だけを触って顔を小さくすることに専念していきますが 小顔矯正をしていくときには一番の邪魔になる天敵というのがあります。

この邪魔になる点滴が多くあればあるほど戻りやすく効果がなかったり維持することができないということがあるからです。 どんなに顔を小さくすることができても維持することができなければ意味はありません。小顔矯正をしても戻りやすくなっていると効果がなかったりというのを 考えてしまいますのでどうして効果がないのか持続力ができないのか維持することができないのかということを変えていかなければ小顔矯正をして顔を小さくしても意味はないということです。

維持する力、持続力

小顔矯正をしていく時には初回は顔だけを触って顔を小さくしていくことを専念していきますが2回目か3回目からは体の整えていかないと顔と体というのは深い関係を持っていますから 体の歪みが起きていたり何が起きていたり体調が悪かったり寝不足状態になっていると 持続する力や維持する力がないのは当然なんです。

小顔矯正に訪れている方を検査をしてみると異常と思えるほど体調が悪くなっている方が百人中100人いますので全員と言っていいほど体調が良い方はいなくて体調の悪い方ばかりなんですが体調が悪いと言ってもそれを感じていないぐらいの方が多くなっているのが最近、目がつきます。

小顔矯正を希望されて訪れた方に院長から体調はどうですか調子はどうですかと聞くと全員の方が体調の悪さを訴えることもなく体調はいいですとか調子はいいですとか調子は悪くありませんとか言いますけど検査をすると体の状態がすぐに分かりますのでそんな状態じゃないぞと思っていてもそれ以上は何も言えないということも多くなっています。

体調というのは自分で感じなければいけませんがある現象が起きていると痛みやこりに鈍感になってしまい自分の体調さえも分からなくなっている方が多くなっていますが体調が悪いと脂肪が多くなったむくみやすくなっていきますから顔にむくみが多くなったり体にむくみが多くなったり脂肪が多くなったり太りやすくなったりということで体調の悪さを示している方も多くなっていますがそれ以外でも生理痛は生理不順や便秘などのでも大きいます。

顔の吹き出物が多くなったり肌のツヤがなくなったり肌の色が悪くなったりということでも体調の悪さを伺えることがあります。

体調の悪さというのは痛みはくりとしてだけではなくお化粧のノリも悪くなってしまうということがありますので顔がくすんだりすることも多くなっていきますが痛みやコリとして起きているだけではありませんので総合的に見ても体調がどういう状態なのかということも考えなければ体を調整したりすることができない、整えたりすることができない、顔をいくら小さくしても顔の艶がなかったり元気がなかったりしているとまた眠りが浅いと顔を小さくしても半減してしまいます。

体調というのは痛みはくりとしてだけではありませんので肩こりがなくても腰痛がなくても頭痛がなくても肌の色や肌のツヤに出ていたり、かさつきが起きたりすることでも体調が落ちているということがわかります。

体調と小顔矯正

体調というのは体調が落ちている調子を落としている体調悪くしているという ことですが 毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張、最近は、眠ているようで眠れていませんので眠りでも疲れやストレスが溜まっていきます。

人の生活というのは大変、多くの疲れやストレスを産んで行きますので疲れやすレスを限界なく多くをしてしまっても普通は痛みやコリとして起きて行きます。

しかし日常働いたり動いたり運動をしたりする疲れやストレスというのは美味しい焼肉を食べても減ることはありませんしうなぎを食べても減ることはありませんしサプリメントを飲んでも減ることはないと思いますので唯一を減らすことができるのは寝ている時だけなんですが 寝ているというのは脳から休養とって寝ていないと寝ているとは言えません。

サプリメントでも栄養や何かのエキスやミネラルを取ることができます。

しかし一番の回復する力というのは脳が元気になることなんですが眠りが浅いということは脳は弱っていきますので元気な方向とは逆の方向に落ちていきます。

脳が元気だから顔が小さくなる小顔矯正の効果が上がりやすくなりますので脳を回復させて行かない限りはいくら小顔矯正をしてもまた眠れて いないと顔を小さくする持続させる力はありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから覚えていますが夢を見ている時間というのは1秒だったり2秒だったり数分間の時間だけなんですが後の睡眠の残りの時間はどうでしょう。

例えばですけど 6時間睡眠のある方がいるとしたら 寝付く時間と夢の時間と目が覚める時間が10分ぐらいであとの5時間50分後は寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をして睡眠というのは寝ているから分からないでしょうが一番最悪な睡眠のひとつなんです。

小顔矯正と眠り

小顔矯正と眠りというのは大変深く関係がありますから膿から眠りができていないと体調はどん底のような体調をしていますし奈落の底のような体調をしているという状態になっていきますのでそんな状態の方が入りすることができませんし顔を小さくしても立った瞬間からまた終わった瞬間から戻っていくということもありますが完全に戻るということはありません。

急速に戻っていくのは眠りに関係している場合が多いようなんですがね無理というのは脳から出ていることを言いますので脳から寝ていない限りは いくら顔を小さくしても戻りやすくむくみやすく体にも多くの歪みやズレ内臓の不調状態なども起きていきますがそれらを感じていない方が多くなっています。

当院では小顔矯正をしている時にはご自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを判断してもらいながら小顔矯正をした後と小顔矯正をする前と比べることができます。

本当に顔を小さくすることができるから小顔矯正をする前とした後を比べてもらうことをしていますがこれは大変触り方にしろ感覚に白感じ方にしろ一番難しいことですから鏡で見て判断するよりもご自分の両方の手のひらで判断してもらいたいので手のひらの 感覚を大切にしています。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をしている時にはボキボキしたり痛いということもなく顔を無理やり押さえつけたりすることもない小顔矯正をしています。

小顔矯正に入る前に顎の部分に手首をくっつけて手のひらと指を顔に1着させて大きさを判断してもらいますがただ触っただけではわかりませんので左右差を感じようとして触ってください。

この左右さを感じようとして触らないと顔を小さくしてもわからないという方がいますので小顔矯正をするときも10 CM 20 CM も顔が変わるということはありませんので2センチだったりということで顔が変わって小さくなっていきますからその数センチの変化をしっかりとわかるようにしてください。

自分の顔の大きさがわかった方はすぐに変化がわかりますのでしっかりと触ってわかるようにしてもらいたいんですが 体だけではなく頭を使わなければ記憶と感覚神経が上手に働きませんので感覚神経の問題が落ちている方は眠りが浅いという方です。

眠りが浅いとどうしても脳は弱ってしまいますのでノーは言われという言葉運動神経にしろ感覚神経にしろ生きていく脳幹の働きにしろメンタル面にしろ全てが落ちていきますので一生懸命触らないとどんなに小さくしてもわからないという方は必ずいます。

当院ではできるだけ分からないということがないように2回も練習をしています。

2回、練習するのは顔を触るということなのでわかってもらうために2回も練習をしています。

 

小倉北区小顔矯正をするなら。