頭痛を楽に

頭痛 を楽にしようと思うなら普通一般的にはドラッグストアに売ってる痛み止めの頭痛薬を使うことが多いと思いますが頭痛薬というのは頭痛を治しているわけではなく一時的に楽にしている痛み止めにしかなっていないということがわかっていますか。

頭の痛みや頭痛が起きたりすると誰でも痛み止めを使うことが多いと思いますが痛み止めというのは原因なんかは関係なく、ただ痛みを止めているだけなので本当の意味で痛み止めにしかなっていませんので原因があって起きている頭痛というのもありますからその起きている原因を見つけ出さない限りは 原因もいつまでも同じままではありませんので進行してしまっているという方もあでいます。

頭痛というのは起きやすいかと起きない方がいますので起きない方は頭痛になったりすることもなく頭の痛みで起きることもなく頭痛が起きやすいかというのは何かの原因があるから起きていると考えた方がいいと思います。

何も原因がなくて頭の痛みや頭痛が起きることはありませんので何かの原因があるために頭の痛みは頭痛が起きやすくなっているというふうに考えた方が自然だと思います。

最近見たテレビで特集を組んで頭痛の話をしていましたが専門家の先生が頭痛や頭の痛みを起こしている方繰り返している方置き安い方の約半数が脳梗塞になっていているとデータがあるという風に言っていました。

しかしすぐに脳梗塞になるということではなく先将来なる可能性が大きくなる人が頭痛や頭の痛みに悩まされていると考えた方がいいと思います。

頭の痛みは頭痛というのは何も原因がなくて起きるということはありませんので何かの原因があるから頭の痛みは頭痛になっているということです。

頭痛や頭の痛みに悩まされている方は 寝ているようで眠れていない方が多くなっていますのでイライラしたり頭がぼーっとしたり頭痛になったり頭の痛みになったりということで進行していくと先将来もしかしたら可能性として脳梗塞や脳の病気など色々なものに進行しやすくなっているという可能性が高くなります。

頭痛とは

頭痛や頭の痛みというのは 最近多くの方は眠れていない方が多くなっているのが多いようです。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか 。

単純に目が覚めないから寝ていると思うことは大きな間違いです。

普通一般的にも夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思うと良い睡眠をとっているように思いますが人が見てもグーグー寝ている状態の形を見ていると気持ち良さそうな眠りをしているなと思うかも分かりませんが脳の中の事まで分かりません。

眠りというのは脳から寝てない限りは眠れていません歯膿が休養とって眠ることができると疲れやストレスが溜まった体でも解放させることができるんですが眠れていないと疲れやストレスは最大限に多くなるばかりなんです。

眠りというのは脳から寝ることがで無理なのでただ単に横になってスースー寝息を立てているだけではいびきをかいているだけでは寝言を言わない限りは寝ているとは言えませんので脳の中のことを見てみなければまた頭の中のことまで考えていかなければ本当の意味で寝ているとは言えません。

眠りが浅い形はどうが弱っていきますので脳が弱ると脳疲弊になったりさらに脳が弱るとどうが衰弱状態まで陥っている方が多くなっていますがどうが弱っただけでも痛みはご利用を感じないぐらい鈍感になりますので痛みやコリが起きている状態でも歪みやズレがある状態でも椎間板ヘルニアがある状態でもまたもしかしたら病気の段階でどこかが悪くてもそれが最悪の結果になるまでわからないと行かたまります。

脳が弱っていると 風邪の細菌が体内に入って増殖していても風邪をひくことができませんし熱が上がることもなく少しだけ咳が時々出たりということだけ起こります。

特に高熱が出たりすることもなく咳が時々出るぐらいで風邪を引いたとも思わないし喉がいがらっぽいという状態ぐらいしか思わないと思います。

インフルエンザウイルスが体内に入って増殖して増えていっても高熱を上げることはありませんので隠れインフルエンザという言葉があるように隠れてしまって発症させることはできませんし高熱が上がることもありませんからインフルエンザだと思わないで人に感染してしまっているという方までいます。

脳が弱ると

脳が弱ると身体全身にそれが広がりますので本当は多くの歪みやズレが起きていてもそれを脳が感じ取ることができなければ痛みやこりが起きている体をしていても何も感じませんし痛みやこりもなく体調は逆にいいと思っている方もいますので多くの方が奈落の底のような体調していたり、どん底のような体調している方までいます。

頭痛や頭の痛みが起きる原因の最大のものは 眠りにありますので眠れていない方はどうが弱っていき脳が緊張したり脳が興奮したり脳が炎症を起こしたり脳が腫れたりということで頭痛になる方が多くなっていますのでそれよりも最大に膿が弱ってしまっと大変なことが起きていきますので脳が弱ると周辺にある血管も流れが悪くなり詰まりやすくなるということで脳梗塞に連なっていきます。

本当に多くの方が睡眠負債状態を抱えていますので寝ているようで脳が寝ていないと眠れていませんので体調はすごく悪くなっていますがその悪さを感じていない方が多くなっているのが検査をすることでわかります。

眠りが浅いということは脳細胞の急激な減少を招いていくこともありますので脳細胞の急激な減少を招いていけば認知症が嫌地方を招いたり精神疾患が多く現れてしまったりパニック状態になったり鬱になったり 不安症になったりということを起こしていくのが眠りに関係しています。

眠りが浅いと頭が痛くなる

眠りが浅いか眠れているかという検査を当院ではしていますので検査をすることでその人が眠れているのか眠れていないのかという事までわかりますしどれくらい脳が弱っているかということも簡単に説明をすることをしていますので全て検査をして確認をしながら説明をしていきます。

当院では体の歪みやズレ などを検査することをしていますので検査をしてみて総合的な体調がどの段階なのかということを確認しながら治療に入っていきますので原因を見つけ出すことをしていますが多くの方の場合原因を見つけ出すことよりも体調の悪さが先に目立ちます。

眠りが浅く入れば誰でも体調が落ちて悪くなっていますが脳が弱っていると痛みやコリが 多くあっても感じ取ることができませんし体調の悪さを感じ取ることができないのは身体全身が特に脳が興奮状態をひいてしまっているとはいてんしょになりますのではいていつになればなるほど眠れるわけはありませんし頭が弱っていき頭痛になったりということで脳梗塞の進行を促す結果を招いていきます。

頭の痛みは

頭との痛みというのは脳が弱ってしまって脳の形が変わったことが原因の方もいますので脳が形を変えてたり下がったり頭蓋骨を巻き込みながら全体的になが細くなるという方までいますのでそれらを検査して戻すことをしていますが簡単なことではありません。

骨の細胞や脳の細胞の形が変わった方が多くなっていますがそれらを戻すことは簡単ではなく逆立ちしても戻ることはありませんので一度なが細くなったものの細胞を戻していくのが一番厄介な作業になります。

そして頭の痛みは頭痛を起こしやすい方はイライラしやすく おこりっぽくなりますので人間関係を壊したり家族関係を壊したりすることもいます。

 

小倉北区 頭痛 を楽にしていくためには原因から見つけ出して頭の痛みを楽にすることをしています。