人気がある小顔矯正

初回から顔が小さくなることで評判の良い 小顔矯正 をしています。

小顔矯正をしていくときには顔が小さくなるということがご自分でもわかるようにして小顔矯正を進めていきますので小顔矯正と言っても一回で終わる小顔矯正はありませんので数回から数十回以上は強制を受けるようにしてください。

どうして初回から顔が小さくなる小顔矯正なのに 回数を受けなければいけないのかということは理由があります。

初回は顔だけ触って顔を小さくすることをしていきますが顔と体というのは関係が深くがあり体の状態も整えていくことをしないといくら何も症状を感じていないでも痛みやコリがなくても体がボロボロになっているという方が多くなっているからです。

よく小顔矯正を受ける方が聞くことがありますが維持する力はありますか持続させることができますかという風に聞かれますが、それは自分の体調に関係しているからです。

顔を小さくすることを押して行って小顔矯正をした後に触ってみると顔が小さくなったという方がいますが体がボロボロであれば終わった瞬間にまたは立った瞬間から崩れていくということがあるからです。

小顔矯正をしていく時には体の歪みやズレというのも関係しますし体に多くの疲れやストレスが溜まっているとリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環も悪くなっているということもありますがさらにその何十倍の疲れやストレスが身体全体に溜まっていき筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっているということで深く小顔矯正と関係しているんです。

当院では検査をすることができますから検査をしてみると小顔矯正だけではなく体調が異常と思えるほど落ちて悪くなっている方が多くいます。

体調はどうですかという風に院長を聞くと体調はいいですと即帰ってくる方ばかりですが調べて検査してみると体調がどん底のような体調をしていたり奈落の底のような体調をしている方ばかりだからです。

しかしどん底のような体調をしていると普通は寝込むような体調なんですが寝込んでいなくても平気な顔をしている方が多くなっていますがこれらは全て脳疲労が原因なんです。

眠れているようで眠れていない

最近は多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますが普通に考えれば最高に良い睡眠をしているということを言えますが実はこれに間違いがあります。

目が覚めないから寝ているグーグー寝ている状態でもスースー寝息を立てている状態でも脳の中のことは誰も分かりません。

眠りと言うのは脳が休養とって睡眠をとることが眠りと言いますので脳が寝ていない方が多くなっているのが最近の世の中です。

脳から眠れていないと夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

目が覚める瞬間に見ている夢なんですが脳のトリックが起こすことがありますので長く夢を見ていたと思っていても1時間も夢を見ることは脳はできません。

夢を見る時間というのは1秒だったり2秒だったり長く感じても3秒だったりということを脳は起こしますので長期間または長時間夢を見るということはないということです。

あとの残りの時間というのは 寝ている状態でも脳が休めていない睡眠をしていますので 寝ながら考え事をしてる睡眠になっている方が多くなっていますので寝ながら考え事を知る睡眠というのは一応は寝ているんですが脳が眠れていません。

脳が眠れてないと脳は弱っていき脳が疲弊したり衰弱したりという段階までなっていくとどんなに歪みが起きていてもずれが起きていても痛みやコリが起きている状態になっていてもそれを感じ取ることができません。

痛みやコリを感じ取ることができないで麻痺した状態やどんかになってしまった状態の方が体調がいいですと言って院長に告げますが院長が検査をしてみるとどん底のような体調をしている方が多くいます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をしていく時には痛くもなく強くもなく顔が小さくなるという効果がある小顔矯正をしていきますが小顔矯正をする前に自分の両方の手のひらを当てて幅や大きさや形などを覚えてもらうようにして小顔矯正をした後を比べてもらうことをしています。

小顔矯正をしている時には必ず全員に対して顎の部分に手首を合わせるようにして密接させて手のひらと指を顔にくっつけるようにして大きさを覚えてもらい左右さを感じ取るようにしてもらっています。

一番は手が浮かないようにして手のひらが浮いたりしないようにして左右差を感じるということが一番大切なことになります。

これを分かったような感じで簡単に触ってしまう方がいますが小顔矯正で顔が小さくなってもわからないという方はこういう方です。

分からないということがないようにしっかりと触って覚えて欲しいのですがあまり強くは言うことができませんので2回ほど小顔矯正に入る前と小顔矯正に入るベッドに寝てもらった状態でもう一度触ってもらうようにして覚えてもらうことをしています。

顔が小さくなったのが

2回も小顔矯正に入る前に触ってもらうことをしていますがそれでも尚克分からないという方がいますのでただ手で触るだけではなく左右さを感じ取るようにして触ると手の感覚神経と頭の感覚神経が働き出しますから働けば働かせるほど顔が小さくなったということが小顔矯正をした後にわかります。

しかし眠れていない方やねたようなつもりになっている方ほど脳が弱っていますので感覚神経を働かせることができなくて 顔が小さくなったということがわからないという方がいます。

できるだけ当院では2回ほど練習をして小顔矯正に入りますので顔が小さくなったということが分かるようにしていますがそれでもなおかつ完璧ではありません。

特に自分だけで顔を触ることをしてもらい治療する台の上に寝てもらって うえ向きでもう一度先ほどと同じようにして触ってもらい院長がご自分の両方の手のひらの上に手を接触させてこういう風に触るんですよと説明するときにやっとわかるという方までいます。

それほど顔の触るということは難しいことなんですが簡単に触ってしまったかとほど分かりません。

小顔矯正で顔が変わる

小顔矯正をして行く時にはボキボキもしないし痛くもないことで評判のいい小顔矯正をしているわけですから顔をマッサージするような感覚で顔を小さくしたり顔の脂肪やむくみなども解消するということをしています。

しかし小顔矯正ですから表面上の顔の脂肪やむくみだけを減らすことをしても顔が小さくなりますがそれ以上に最近は寝不足状態の方が多くなっていますので寝不足状態になると骨が炎症を起こしたり腫れたりという言葉で起こりますのでそれらを整えていくことで正常に戻していくことで顔が小さくなるという子顔矯正ですから危険なこともなく正常に戻していることで小さくしていくということです。

寝不足状態の方は睡眠負債状態とも言いますけど体調が異常と思えるほど悪くなっていますので脂肪やむくみも多く顔にあり骨までまたは顔面骨まで顔の骨まで炎症や腫れを起こして肥大したり大きくなっているということがありますので特に顎の骨の部分というのは全員が大きくなっていますので顎の部分をしっかり触って小顔矯正をしていくと顔が小さくなって顎のラインがすっきり細く引き締まっていきます。

異常のある部分を検査することで見つけ出すことができますので以上のある部分を見つけて矯正して整えていくことで顔が小さくなるという小顔矯正なんです。

 

 

 

 

 

小倉北区から多くの方が小顔矯正に。