肩こり を楽にしていくためには

肩こり を楽にしていくためには まずは肩こりを楽にすることから始めていきますが肩こりが楽になったらそれで治ったと思わないで原因を見つけ出すことがそこから始まります。

肩こりには原因があるから肩が凝っているわけですから肩こりの原因を見つけ出さなければいけませんが一般的には筋肉のコリをほぐしてしまえば肩こりが楽になるために筋肉のコリばかりほぐしていますからその先を見つけることをしていません。

肩こりと言うと筋肉のコリだけというイメージがどうしても強いためにしかも肩こりは筋肉のコリをほぐしてさえしまえば楽になることが多くあるために筋肉のコリばかりして肩こりを治療したということを言っている専門家の先生もいますが肩こりには筋肉だけで起きている肩こりというのはあんまり存在しませんのでその先にあるものまで見つけ出すことをしていかなければ本当の意味で肩こりを治療するということにはなりません。

肩こりというのは懲りというのは意味不明な言葉なんですが一番近い日本語で探すと緊張や筋肉疲労という言葉が妥当だと思いますので肩こりは筋肉の疲労や筋肉の緊張から起きている肩こりだということができます。

毎日毎日、肩や腕や指先を使うことが多くありますのでいつのまにか自分でも気が付かないうちに肩に力が入っていたりすることがありますので肩に力が入れば筋肉疲労が起きていきこの積み重ねが肩こりになるということなんです。

本当に多くの人が毎日毎日スマホなど扱っていることが多くありまたゲームなどをしたりして肩に自然に力が入っていますのでその上に ショッピングをして荷物を持ったり軽いものでも重たいものでも同じなんですがバッグを下げたりしていますので持つことでも維持することでも肩の筋肉を使うということになりますので別に黒子をしたり重たいものを急激に持ったりすることがなくても自然と肩に力が入っていて筋肉疲労に繋がっていきます。

筋肉疲労が肩こりに

この筋肉疲労が肩こりになる原因になりますので進行してしまったものが肩こりです。

しかしいつまでも筋肉疲労や筋肉の緊張だけで済んでいるということではなく次第に疲れやストレスが多く溜まってしまうと筋肉は徐々に硬くなっていきこの硬さというのは永久的な硬さになりますので永久的な方だというのは筋肉がどうかした状態のことを言います。

一時的な筋肉の疲労から起きる硬さとは違って永久的な方というのは何をしてもしている時だけはいい感じがしますが長続きすることはなくすぐにまた肩こりに戻って行きます。

高齢の方が膝の痛みを訴えたり膝が変形した状態が起きるのは筋肉や靭帯やまた組織自体が変形していくことで起きる老化性のひざ関節症ですからこれと同じことが肩にも起きるということです。

慢性化してしまったり長期間肩こりになっていたりいつもマッサージをしたり低周波治療器などの刺激療法ばかりしていると筋肉は徐々に疲労や疲れを覚めてしまい筋肉自体が硬くなっていきますのでただ単に緊張や筋肉疲労というだけでは済まなくなっていきます。

そして筋肉の周辺にも神経や血管やリンパ管が通っていますのでリンパの働き会お経悪くなったりということは必然的に起きていますが血管も固くなっていき神経が固くなることで血行不良を起こし握力の低下や手のこわばりなども大きいものを取っても落としやすくなったり維持することが難しくなったりすることもあります。

肩こりの筋肉には永久的な硬さを起こす老化性のものから一時的に疲れやストレスが溜まった状態で血行不良を起こしリンパの働きが悪くなった状態で肩こりになるものと二つがあります。

筋肉以外で起きる肩こり

筋肉以外で起きる肩こりもありますので筋肉だけで起きている肩こりというのはあまりないと思いますが筋肉以外で起きる肩こりというのは背骨の歪みです。

肩こりの多くの方を検査してみると筋肉のコリも伴いながら背骨の歪みが起きていますので歪みもどうして起きたのかという裏の原因がありますので何も原因がなくて背骨が歪んだりすることはありません。

姿勢で背骨が歪むこともなく猫背でも背骨が歪むことはありませんので何かの原因があるために背骨が歪んでいると考えた方が自然だし背骨というのは中枢神経系を保持して守っている役目を終えますので守っているものが歪んだりすると簡単に守れなくなります。

毎日毎日生活や仕事や寝不足状態や精神的な抑圧などで疲れやすいですが体に溜まっていきますがこの疲れやストレスというのがどこに溜まっていくのかということを考えている人は少ないと思います。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に溜まっていきますが内臓にと言ったって病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まるということで歪みが起きるんです。

内臓に疲れストレスが溜まっていくと体の中から崩されていきますので体の内部から 背骨の歪みや骨盤の歪みを起こす原因です。

こりというのは

肩こりというのは毎日毎日の生活や仕事や寝不足状態で多くなっていくものなんですが疲れやストレスというのは唯一減らすことができるのは脳から寝ている眠りだけなんです。

最近は多くの方が眠りというのを勘違いしていますのでただ夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると単純に思っている方が多くなっていますが目が覚めないから寝ているとは言えません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ていますので記憶に残り覚えていることがあります。

しかし6時間の睡眠があったって長く6時間も夢を見ている方はいませんのうが起こすトリックなんですが長く夢を見ていると思ったってたった一秒だったりということがあります

眠りが浅いということは 脳は弱っていきますので脳はあると脳にも疲れやストレスが溜まっていき脳が衰弱状態になっていき衰弱状態を長く続けていると脳が麻痺をしていきます。

大脳が麻痺してしまうと痛みやコリが起きている状態になっていてもそれを感じるとることができませんので軽い状態で肩こりを起こすことはなくひどい状態で肩こりを起こしているということがあります。

肩こりとは

夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから朝まで寝ている子 だから眠れていると思うことはなく寝ているから分からないと思いますが寝ながら考え事をしている時間があとできれ長くなっていることが色々な状態を起こしたり筋肉疲労を回復させにくくしたり歪みを起こしたり内臓が衰弱したりということで肩こりになるということがあります。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは一番最悪な睡眠なので色々なものがわからなくなったり物忘れが多くなったり記憶障害が起きたりうっかりが多くなったりどこかに置いたものが記憶がない状態でどこにいったか探すことが多くなったりしていきますので脳疲労は脳細胞の減少を招き脳を急激に悪くしていきます。

一度脳細胞が減ったものは若返ることはなく再生されることも大変難しいので脳細胞が減ってしまわないうちにまだ働きがあるうちに改善することをしていかないと本当に良い眠りができているのか駄目な眠りなのかということもわからなくなり意味不明な言葉が多くなったり ご自分の事を話しているのに自分ですかというとんちんかんな言葉が返ってくる方もいます。

最近は多くと肩が寝ているようで眠れていませんのでね無理というのは脳から寝ていないと休養をとるということはできませんので体は寝ている状態でも他の方が寝ている方を見ても明らかに寝ている状態でも脳までは分かりません。

脳の中が脳自体が眠れていないと眠っていることにはなりません。

脳が寝ていないと脳が弱っていき脳にも疲れやストレスが溜まっていきそれが多くなると脳が衰弱状態になって目が覚めなくなります。

 

小倉北区肩こりを楽にする為には基本的から。