カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのはダニエルデビッドパーマーが創始者と言われている人なんですがパーマは1845年3月7日カナダのオンタリオ州ポートベリーに生まれました。

彼は20歳の時に生まれ故郷を出てアメリカに移住しました 。

アメリカではイリノイ州ニューボストンに住居を構えある一つのテーマに没頭していきます。

このテーマというのはある素朴な疑問から生まれたものでしたが同じ親から生まれ同じ食べ物を食べなぜ一人は強く一人は常に弱いのか、または病弱なのか そして同じ体でもなぜある臓器が弱く他は正常なのかなどなど体の疑問について考えていく日々が多くありました。

そして内臓のどこかが悪いかもしれないのに全身に効く投薬を試みる医学の問題について常に疑問を持っている日々が続いて行きました。

パーマは脊柱の異常あるいは不成立を主とした 人間の神経線維に悪影響を及ぼし病気を起こす 背骨の異常と病気との関係を理論的に考えていく日々が続きました。

パーマは1885年 アイオワ州ダベンポートの街角に引っ越して4階にオフィスを開業しました。

パーマは病気を治すのが転職であると悟り病気の配合には共通するひとつの原因があるという考えに取り憑かれて寝るのも忘れて研究する生活が続いたのです。

カイロプラクティックの転機

たまたまオフィスを構えた ところのビルにハーヴェイリザードという名前の管理人兼掃除人がいました。

リザードは17年以上も昔周囲の音やだ詰んをほとんど聞き取れないほど耳が悪かったのです 1910年に刊行されたダニエルデビットパーマーの自叙伝ではこの最初のアジャストメントつまり強制のくだりが書かれていますそれによるとパーマはリザードが突然死かも奇妙な形で聞こえなくなったということに注目しています。

それは窮屈な姿勢で狭いところで身をかがめた時に背骨のところで痛みが走るような感じがしてそれ以来耳が聞こえなくなったということでした。

1895年9月18日のことでしたがパワー周りなどの脊椎を検査しているときに こぶのような不自然な突起物を発見することができました。

パーマは診察台の上にリザードをうつ伏せに寝かせ脊椎の不成立を正そうと両手でその椎骨に強い力を加えたということですがこれがカイロプラクティックの最初の矯正つまりアジャストでした。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのは何もボキボキしたり痛いというイメージがカイロプラクティックだけではなく当院ではボキボキもしないし痛くもないけど骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていたり 背骨の矯正ができるという方法でカイロプラクティックを実践しています。

当院のような 方法で調整することができない方がボキボキしたりということをしていますので当院でも初めの頃はボキボキすることばかりしていました。

カイロプラクティックで背骨や骨盤を整えていくことで楽になるものはいろいろありますがまずは腰痛や肩こりや生理痛や生理不順や便秘や膝の痛みや頭痛やめまいや坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなど色々な対象項目がありますがほとんどは歪みやズレから起きているものが原因で症状を起こしていますのでカイロプラクティックの適用項目になります。

色々な痛みというのは 歪みやズレから起きていますのでどうして歪みやズレが起きるのかという原因も潜んでいることがありますのでか下に潜んでいるものを見つけ出して改善することをしていけば根本的な原因が除去されていくということで楽になっていきます。

ボキボキすることがカイロプラクティックじゃない

体というのは日常生活的に疲れやストレスが溜まることが多く生活する上でも疲れやストレスが多くなりますし仕事をする時でも疲れやストレスが多くなったり精神的なプレッシャーや緊張状態でも疲れやストレスは多くなりますしね不足状態をすると疲れやストレスは多くなって行きますが唯一疲れやストレスを減らすことができるのは寝ている時だけです。

寝ている時だけだと言っても本当の意味で眠れていないと 疲れやストレスとは減ることはなく寝ることで眠れていないとさらに疲れやストレスは多くなっていき朝から体調が悪いとか朝から腰が痛いとか朝から頭痛があるとか朝から肩こりがあるとかいうことになります。

寝るということは大変多くの方が勘違いしていますがその勘違いというのは夜寝る時間になったらすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方です。

普通で考えたら良い睡眠をしているように思えますが実は脳の中では大変なことが起きているからです。

夜、眠るとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないしという方も目が覚める瞬間に夢を見ているとその夢を覚えていますけどその夢を見る前の長い時間がどうなってるかということを考えていません。

夢を見る前の時間というのは多くの方がどういう睡眠をしているかと言うと寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

夜寝ようとすると寝ながら考え事をしている睡眠になってしまうと表面上の睡眠しかできなくてすごく浅い睡眠になっていますので脳が休むことはなく脳が働きぱなしな状態で体は休んでいき脳は昼間と同じ状態異常なことが起きているので脳疲労が強く起きていき脳疲労がどんどん多くなると脳麻痺になっていきます。

脳麻痺になった方は痛みやコリを感じていませんしどんなに痛みやコリが起きていても不思議じゃない状態になっていても痛みやコリを感じませんし風邪の細菌が多く体内に侵入して増えていても何も発生しませんし熱を上げることもなく インフルエンザウイルスが体内に入っていても増殖していてもインフルエンザウイルスが発症することもなく熱を上げることもなく平気な顔をして歩いています。

脳が元気だから

大脳が元気だったら細菌やウイルスが体内に侵入した時点で風邪っぽくなったりインフルエンザぽくなったりして熱を上げて咳やくしゃみや関節が痛いとか異常にだるいということで休養をとらせようとすることが起こります。

しかし大脳が弱ってしまっていると 何も感じませんし限界まで細菌やウイルスを溜め込んでしまってやっとこさインフルエンザになったり風邪を引いたりということが起こりますけど普段は何も感じていない状態で他人にインフルエンザや風邪などを映してしまっているのが現状です。

脳が元気だから風邪やインフルエンザウイルスが入ってくると熱をあげて休養をとらせようとする働きを起こしますがどうが元気ではないと何も感じませんし何も症状を起こすことはありません。

疲れやストレスというのは内臓に多く溜まっていきますから疲れやストレスが病気ではない状態で溜まっていくと歪みやズレになったりして痛みやコリに進行していくということになります。

疲れやストレスの蓄積というのは大変多くの方に起きていますので疲れやストレスがないという方はいませんけど疲れやストレスを分からないという方は多くいます。

疲れやストレスが多ければ多いほど内臓に蓄積していきますので内臓疲労から内臓の細胞が徐々に変わり始めていき廊下が強く急速に怒っていくと最終的には病気になっていくこともあります。

疲れやストレスが多くなればなるほど 歪みやズレが起きていき痛みやコリを感じるのが普通なんですが脳が弱ってしまっているとまた脳麻痺の段階まで落ちてしまうと痛みやコリを感じないということが普通になり平気な状態になっていき麻痺状態が強くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

小倉北区 カイロプラクティック で歪みを矯正することをしています。