腰痛を解消

腰痛を原因から解消いたします。

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になっているものを見つけ出さなければいけませんが多くの腰痛を改善するという治療には対症療法的な要素が多くあり一時的に間に合わせの痛み止めばかりしていて本当の腰痛の原因を見つけることは難しいために対症療法ばかりしています。

腰痛には腰痛を起こしている原因がありますので、その原因を検査することで見つけることをしています。

腰痛には腰痛を起こしている原因がありますので原因を見つけることは簡単ではありませんので原因が見つからず湿布を貼ったりしたり病院に行ってブロック注射などを打ってもらったりマッサージをしたり針とかお灸をしたり低周波治療器などの電気をかけたりということが解消両方になりますので対処療法というのは原因は関係なく痛みを少しでも楽にすることばかりして腰痛を治したと言っているだけです。

腰痛を起こす原因というのは普通一般的には重たいものを持ったから腰が痛くなったとか腰痛が起きたとか中腰で何かをしていたら腰が痛くなったとか車の運転をしていたら腰が痛いとか靴下を履こうとしたら腰が痛いとか寝て朝起きたらベッドから起き上がれないほど腰が痛かったりとか 中性状態でぎっくり腰を起こしたりということが多くありますが、これらは全て体調の悪さに関係しています。

体に何かの痛みやこりが起きる時には体調が落ちて悪くなっている時しか起こりませんので悪くなっていることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレなどが起きたりまた悪化したものが椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりということがあります。

痛みは鮴というのは体が唯一起こしてくれる Body Language つまり警報と同じですから警報のベルが鳴っているのに仕事を見つけることなく、ただ単にスイッチ切ってベルを止めることばかりしていると先将来と言うか大変なことになり腰痛としてではなく形が違った状態で出てきます。

腰痛には腰痛を起こす原因が存在するから存在する方が腰痛を時々起こしていくということがありますのでそんなにしょっちゅう起きることはありませんが一年に一回や二年に一回腰痛が起きるということを起こしながら原因が進行をしていきます。

腰痛の原因

腰痛の原因というのは体に蓄積してしまった疲れやストレスの多さによって骨盤の歪みや骨盤の開きが大きいまたそれ以上に背骨のずれが起きて悪化したものが椎間板ヘルニアになっているということがありますので椎間板ヘルニアや腰痛になってしまうと長期間悪くどこに行っても改善しないという方もいますし 1年も2年も3年も腰痛が治らないという方が多くいますし手術するしか腰痛を治す手段はないと言われたという方までいます。

多くの治療法では体調を改善させることができませんので体に溜まった疲れやストレスがどこに溜まったのかということも見つけ出さなければ腰痛を改善することはできません。

普通一般的に何も考えずに体が疲れたとかストレスが溜まったと簡単に行きますがこの疲れやストレスというのはどこにたまるのかたまる場所があるからたまります。

疲れやストレスというのは筋肉にももちろんたまりますが筋肉異常に何十倍の疲れやストレスがある部分に溜まっていきます。

例えばですが体重が100キロの方がいたとして 65%つまり65 kg が水分です。

あとの35%つまり35 kg が骨の重さと筋肉の重さと脂肪の重さと神経と血管とリンパ管と皮膚になります。

後残ったものは内臓や中枢神経系の大脳や脊髄しかありません。

疲れやストレスというのは内臓に蓄積していく方が多く中枢神経系の大脳にも貯まるということが起きるということです。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まりながら溜まっていくと骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたり椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になるということも進行していくとおきますので特別なものではありません。

腰痛を起こす原因として内臓に蓄積していく疲れやストレスはどこの内臓に蓄積していくのか。

内臓疲労から腰痛が起きる

多くの疲れやストレスが内臓に溜まりますが腰痛を起こす内臓は腎臓疲労から起こりますので腎臓疲労というふうに入っていますので病気というわけではなく腎臓に疲れやストレスが溜まることで骨盤の歪みが大きい骨盤が開いたり背骨がずれたりということが起きるのが普通の状態の腰痛です。

普通の状態の腰痛という割には普通ではない状態の腰痛があるということなんですが、それは最近多くの方が起きている現象なんですがどうが弱っている方が多くなっているのがあり脳が弱ると骨が炎症を起こしたりハレたり脊髄まで炎症を起こしたりハレたり椎間板まで炎症を起こしたり腫れたりという特別なことが起きています。

普通では考えられませんし起きる理由はありませんが最近は寝ているようで眠れていないという方が多くなっていますので眠れていないと異常状態の体調になっていきますので疲れやストレスというよりも変な状態の痛みになりますからこれが腰痛になっているという方までいます。

寝ているようで眠れていない

出ている本人には分かりづらいんですが夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが本当で言えばこれは最高に良い睡眠だと思いますがしかし頭の中を覗いてみると頭は寝ながら考え事をしている状態の妄想状態になっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、ただに寝ている状態ではなく体調を通していく睡眠ですから妄想が 多くなると大変なことにつながっていき大変なことになっても大脳が弱ってしまっていると痛みやコリを感じることもなく インフルエンザウイルスが体内に入って多くなっていてもインフルエンザが発症することもなく熱を上げることもなく隠れインフルエンザになっていき変な体調を示しているという方がいます。

寝ているようで眠れていないわけですから体調が異常に落ちるのは当然ですし 落ちても痛みやコリを感じなければ体調が良いと自分で言っている方も今までいました。

眠りが浅いと体調が落ちる

毎日の生活する疲れやストレスよりも仕事をする疲れやストレスよりも精神的な緊張やストレスなどの疲れやストレスもさらに何十倍も大きなものが眠りの浅さにありれているようで眠れていないことが原因で寝ている時に体調がどんどん落ちていくということが 起きています。

体調というのは落とせばどん底まで奈落の底まで落とすことができますので無限大まで体調が落ちた状態の方はいくら脳を元気にしようとしてまた骨盤の歪みや骨盤の開きを解消しようとしても背骨のズレを解消しようとしてもあまり効果が上がらないという方がいますので上がらない肩話題の方が極端に弱っていたり生きていく命機能の中枢である脳幹が極端に悪くなっているという形までいます。

大脳や中枢神経系のおちかたの大きさにおいて回復すると愛があるかないか決まりますので回復する力がないといくら外側から整えようとしても立った瞬間から崩れていきます。

簡単には大脳の問題を解消することは困難ですが徐々に回復させていくことができますのでしばらく通院してみることをお勧めしています。

背骨というのは中枢神経系を治めていますので中枢神経系の背骨の横にある自律神経も影響を受けていて自律神経のバランスが悪くなって崩れていくということも起こりますので背骨の歪みやズレというのは色々な状態を乱していきます。

 

 

 

 

小倉北区腰痛を解消いたします。

Follow me!