人気がある小顔矯正

小顔矯正が評判

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますので始めから必ず顔が小さくなりますから小顔矯正を始める前に、ご自分の顔の大きさや形を覚えてもらうことをして小顔矯正に入るので自分で顔が小さくなったということが分かるようにしているのが特徴です。

当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもないと思われる小顔矯正をしていますので 顔を無理に押さえつけたりすることもなく電気や機械を使うこともなく院長の体のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時には 顔を無理やり押さえつけたりすることもないのに顔が小さくなる小顔矯正をしていますが小顔矯正をする前にご自分の両方の手のひらを顔に密接させるようにして触って顔の大きさを覚えてもらうことから始めていきます。

小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさを覚えておかないと小さくなったのが分かりませんので鏡で見るよりもご自分の両方の手のひらで感じるようにして触ってもらうことをしています。

当院では鏡で見て判断するよりもご自分の両方の手のひらの感覚神経を使うことで変化が分かるようにしていますので鏡で見るようにもわかりやすく顔が小さくなっていきますがこれは大変簡単なことではなく難しい部類に入ります。

しかし鏡で見て判断するよりもなんとなく小さくなったなと思うよりも本当にご自分の両方の手のひらを当てて左右さを感じるようにするとしっかりと頭が働き出して手の感覚神経が増しますのではせば変化が分かります。

今まで小顔矯正に訪れて 小顔の矯正を受けて自分の両方の手のひらを当ててみてわからないという方もいますのでわからないということがないように触って欲しいのですがわからない方は脳疲労が強く寝ているようで眠れていない方がわからないということが多くありますのでもし分からなければ治療を続けて受けるようにしたほうがいいと思います。

本当に顔が小さくなったから顔を触ってくださいと言いますので顔が小さくなっていない時には触ってという風には言いません。

顔が小さくなったから顔を触ってと言ってわからなければ小顔矯正を始める前にシッカリ顔の大きさを触っていなかったかいい加減に触っていたか本当に脳のトラブルが起きている方の場合だけです。

ですからいい加減に触ったりすることなく本当にしっかりと触って記憶するようにして小顔矯正に入ります。

そうすると院長が小顔矯正を始めて2、3分で顔が小さくなっていきますのでその時に途中経過ですが顔を触ってと言いますので触ってみると本当に小さくなったということが分かると思います。

小顔矯正をしている時には簡単そうにして小顔矯正をしていますので勘違いしている方が多くいますが簡単にしているのは簡単そうに見えるから簡単そうに思えるだけであって簡単にしているわけではありません。

小顔矯正をするときにも30年の研究と臨床経験がありますので30年の歴史の子顔矯正をしていますので初回から始めから顔が小さくなる子顔矯正ということで人気があります。

もう痛くもなく強くもなく顔をマッサージするような感覚で顔を小さくしていく小顔矯正をしていますので顔を揉んだり顔をマッサージしたりということで顔が小さくなるという小顔矯正です。

小顔矯正を検査する

小顔矯正をしている時に検査することをしています。

当院では小顔矯正をしている時には美容整体とか美容矯正ではなく 花王の治療という意味合いがありますが顔の治療と言っても整形外科夜形成外科のように手術するということではなく骨を削るということでもなく表面上から手で顔を触ったり揉んだりしているだけで顔が小さくなっていくことなんですが、それには意味があります。

小顔矯正をしている時に昔から院長はマッサージをするようにして顔を揉んでいるだけで顔が小さくなっていくということがありましたがその意味を始めはわかっていませんでした。

どうして院長がすると顔が小さくなるのかということが不思議でたまらないという方がいましたが院長も色々研究することをしていき、なぜ院長がすると顔が小さくなるのかということがわかりました。

検査をすることをしているということを言いましたが検査をしてみると顔に炎症や腫れがあります。

体に疲れやストレスが溜まると言いますが顔にも疲れやストレスがたまるということが分かったからです。 顔に疲れやストレスが溜まると皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯や骨などが炎症を起こしたり腫れたりということが起きているんです。

顔の炎症や腫れを改善することができれば大きくなってしまった骨などを細く小さくなるということで顔が小さくなっていくということです。

30年間で多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員と言っていいほど顔に炎症や腫れがあり大きくなっているということがわかりました。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますがどこに溜まるのか分かっていない方がほとんどです。

疲れやストレスというのは体の筋肉にもたまりますがほとんど多くは内臓に蓄積していき病気ではない状態で内臓を弱らせてしまいます。

内臓に疲れやストレスが溜まるということなので病気ではありませんので注意して下さい。内臓に多くの疲れやストレスが溜まることで骨盤の歪みや背骨のズレや内臓の働きの低下で循環が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっていきます。

ストレスの蓄積

体に多くの疲れやストレスが溜まった状態のことを体調が落ちているとか体調が悪いと言いますので疲れやストレスが溜まれば溜まるほど骨盤の歪みや背骨のズレになっていき顔にも炎症や腫れが起きていきむくみが多くなったり脂肪が多くなって言ったり顔の変形が起きて行きます。

そして顔というのは頭の一部ですから脳にも影響が出て眠りが浅くなったり寝ているような寝ていないような状態になっていきます。

最近は多くの方が寝ているようで寝ていませんので寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

夜に寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているけど夢を見るという方は目が覚める瞬間に夢を見ているからです。

夜寝ていても脳が休んでいないと休養とっていないと眠れていません。

眠れていない睡眠の事を寝ながら考え事を知る睡眠と言います。

眠りは

今僕の方が寝ながら考え事をしてる睡眠をしていますので妄想に近い睡眠ですから夜もずっと頭は活動状態でハイテンションになっていき痛みやコリを感じにくくなっていきます。

脳が弱れば生きていく生命力の脳幹も弱り脳が弱ると生命力も落ちて免疫細胞の数を減少させて行き色々な体調の悪さを起こしていくのはずっと後からですけど限界まで疲れやストレスを内蔵に溜め込んだ状態がどういうふうになるのかということがありますがこれが最近の隠れインフルエンザという言葉に代表されています。

インフルエンザというのは体内にインフルエンザウイルスが増殖してる状態でもインフルエンザにならないということが起きているということですが原因は脳の弱りにあります。

脳が弱ると熱を上げることもなく細菌やウイルスの増殖が起きていても何もなく平気な顔をしている方です。

小顔矯正と体調

小顔矯正をしてる時にも体調というのもかなり重要な持続力を減少させる結果になりますしさらに眠りが浅いということは小顔矯正をしても意味がなかったりということもありますから生命力つまり生きていく力が落ちているのに顔を小さくしてそれだけでいいのかということがあります。

 

 

小倉北区からも多くの方が小顔矯正に。