腰痛を解消

腰痛を楽にしていくためには色々な治療法がありますが 多くは対症療法的な治療法ばかりあります。

腰痛 を楽にする

腰痛には腰痛になる原因が潜んでいるかが腰痛を起こしていますので原因から見つけ出して減らすことをしていかないといつまでも腰痛の原因は残ったままになっていき原因はいつまでも同じままではありません。

腰痛を起こしている原因は骨盤の歪み骨盤の開きなどの骨盤の不安定状態が体を支えられない姿勢をした時に 腰痛を起こします。

骨盤の歪みや骨盤の開きなど骨盤の不安定状態を改善しなくても強い腰の痛みは湿布を貼ったりしてもしばらくすると楽になることもあります。

また整形外科や外科などで痛み止めの注射を打ったりすることでも痛み止めにはなりますから 強い痛みは楽になります。

そして マッサージなどをしても腰の痛みは楽になることはありますが骨盤の歪みや骨盤の開きまた骨盤の不安定状態が残ったままになっています。

整骨院などに行って低周波治療器や電気などをかけてもらうと強い腰の痛みは楽になっていき痛みが和らぐという効果はあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きを 改善しない限りはいつまでも腰が長く悪くなるということがありますので骨盤の問題を解消していかなければ一時的に痛みを抑えるだけになってしまっています。

原因を改善することなく強い痛みを解消できる方法が対症療法という方法なんですが対処療法ばかりしていると骨盤の歪み骨盤の開きまた骨盤の不安定状態が残したままになっているといつかは急激な痛みを起こしたり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになっていくということがあります。

坐骨神経痛や椎間板ヘルニアというのも普通に起きやすく特別なものではありません。

誰でもいつでも起きるものですから骨盤の歪みや骨盤の開きそして骨盤の不安定状態がある方は 腰痛として起きなくても違った形として進行していく場合もあります。

骨盤の歪みや骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因があります。

骨盤の問題が起きるから 腰痛にいつかはなるということがありますからいつでも誰でも骨盤の歪みや骨盤の開きなどの骨盤の不安定状態は起きていますので逆にない方はいません。

しかし骨盤のトラブルがあっても すぐ腰痛になるわけではありません。

腰痛にならなくても骨盤のトラブルがあると生理痛になったり生理不順になったり便秘になったり膀胱炎を繰り返しやすくなったり尿漏れを起こしたりということが多くなります。

骨盤のトラブルが起きた時には骨盤の中に入っている内臓というのは全て影響を出していきますので骨盤の歪みが起きているのに正常ということはありません。

骨盤のトラブルが起きている方が長くなればなるほど内臓も正しく働けない状態になっていき病的段階を起こすこともあります。

腰痛を起こす時には

腰痛を起こす時には骨盤の開きや骨盤の歪みがあるときで 重たいものを持とうとして体を支えられない姿勢をした時に 腰が一気に痛くなったり腰痛になったりぎっくり腰になったりということで起きてしまいます。

骨盤が不安定状態になっている時に前かがみの姿勢をすると 体のジョー半身を支えることができないので収益に骨盤の歪みが広がり悪化して ぎっくり腰になったり腰痛になったり椎間板ヘルニアになったりします。

骨盤が不安定な時に 運動をしたり野球をしたりサッカーをしたりすると 蹴ったりスイングをしたりする動作などで 骨盤の歪みが広がり一気に腰痛に進行していきます。

骨盤が不安定な時に 庭仕事をして花を うえていると 立とうとした時に骨盤が不安定だと腰痛に進行していき椎間板ヘルニアになることもあります。

骨盤が不安定な時にくしゃみをしただけでも腰が痛くなって動けなくなるということもあります。

骨盤が不安定な時に 寝て朝起きたら腰が痛くて動けなかったという方もいます。

骨盤が不安定な時に靴下を履こうとしただけでも腰が痛くなる方もいます。

骨盤が不安定だと 胡座を組んで座っているだけでも腰が痛くなる方もいます

骨盤が不安定になっている時に車の運転をしたりすると腰が痛くなって立てなくなったりすることもあります。

骨盤が不安定というのは骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることです。

骨盤が不安定になるのは

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりして骨盤が不安定になるのは 骨盤と骨盤周辺の内臓に疲れやストレスが溜まった時です。

体に疲れやストレスが溜まると普通一般的に言いますがこの疲れやストレスはどこに溜まっていくのか。

疲れやストレスというのは体の弱い部分にたまりますので 腰が弱いかたは腰に蓄積していき骨盤の歪みや骨盤の開きになっていき内臓疲労としても骨盤が歪んだりします。

体重が100 kg の方がいたら 六十キロから70キロぐらいは水分です。

後残ったものは骨の重さと筋肉、じん帯の重さと神経血管リンパ管の重さと 後残ったものは内臓しかありません。

ほとんど多くのものは内臓に疲れやストレスが最終的に溜まっていきます。

特に腰痛というのは一番関係しやすい内臓は 病気として起こしているものではなくあくまでも 内臓に疲れやストレスがたまるということで理解してほしいものですが内蔵と言うと病気と考える方が多いので注意してください。

疲れやストレスというのは 内臓の中でも腰痛に一番関係するのは 腎臓です。

腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと徐々にお腹の腸の後ろにある大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが崩れていきます。

大腰筋と腸骨筋という筋肉は腎臓に関係する筋肉ですから心臓に疲れやストレスがたまりば溜まるほど多くなればなるほどバランスを崩していき骨盤の歪みや骨盤の開きになっていきます。

腎臓の疲労の度合いでも段階や程度がありますけど大腰筋腸骨筋 のバランスも程度と段階がありますが広くならない限りは何も感じませんし少し腰が張ってるとか腰が疲れているというぐらいにしか感じることができません。

歪みがあっても 何も感じていない方が多くあります。

しかし骨盤が不安定状態の時に何かを持とうとしたり体を前かがみにして 腰の部分に負担がかかることをすると一気に腰痛になっていきます。

また最近は多くの方が眠りが浅く眠れていないと朝から骨盤の歪みは最大限に広がりますので起きようとした瞬間に痛みが走るということもあります。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りが浅い時間が長くなればなるほどハイテンションになっていきます。ハイテンションになれば体調はすごく無茶苦茶と言っていいほど悪いのにそれを感じることができないという方もいます。

ハイテンションになっている方ほど朝からすぐに動ける子あくびが出ません。

最近は夜に寝たらすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

夢を見るということもあるかも分かりませんがえている6時間の間に5時間58分くらい寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

あと残りの2分ぐらいが夢を見ている時間になっています。

えながら考え事をしてる睡眠というのは一番最悪な睡眠ですから体調が悪くなったりオーラが黒くなるということもあります。

オーラが黒くなったかたは妄想に近い睡眠で寝ていますので 自力でそれを減らすことはできないと思いますが最近異常に体調が悪い方はほとんど妄想状態で寝ている方です。

そんな状態で寝ていたら体調も悪いし骨盤が最大限に歪みを起こしていますので対処療法では痛みはなくなりにくく繰り返しやすく長期間に慢性化していきます。

 

小倉北区からも多くの方が来院で腰痛を解消いたします。

Follow me!