頭痛を改善するなら

最近は多くの方が 頭痛 で悩まされている方が多くなっています。

しかし最近の頭痛の方は昔の頭痛の方の症状と若干変わってきているような気がします。

昔でしたら肩こりがある方が頭痛を同時に併発している場合が多くあったり目の使いすぎなどから頭痛になるという方も多くいたり首の痛みや首のコリを伴いながら頭痛が起きるということが多くありました。

しかし最近の方は目の使いすぎから起きる完成披露や肩こりから起きる緊張性の頭痛や首の痛みや首のこりから起きる頭痛というよりも、眠りが浅いことから起きている頭痛という方が多くなってきました。

自分では寝ているつもりだから眠れていると思っている方が多くいますが、最近の方の頭痛の場合は、ほとんど頭を触ったりすることでも分かりますが検査をすることを当院では重要視していますので検査をしてみると眠れていないということから起きる脳の緊張性の頭痛ということが多くなってきました。

つまり寝ているつもりでも眠れていないということの頭痛が起きている方が多くなってきましたのでこの症状から起きる頭痛というのが大変、危なくて危険な症状なんです。

以前の頭痛は

昔でしたら夜寝ている時に 夜中に何回も目が覚めてトイレに行くことが多かったり寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり寝ているけど夢ばかり見ているような気がするという方が頭痛になっている場合が多くありましたしそれプラス肩こりや首の痛みや首のこり 目の使いすぎなどから起きる頭痛という方が多くいました。

眠りの問題から起きる頭痛の方ももちろん多くいますが 変化しているかというのは寝ているようで眠れていない状態で起きる 症状が多くなってきていることです。

本人は寝ていますのでどんな眠りをしているか 分かりませんしねている状態で記憶に残りやすいものは目が覚める瞬間の10分から10分くらいの眠りの中の問題だけです。

特に最近は寝ている状態でつまり夜寝ようとすると眠れるわけですけど眠りが浅いという状態の方が多くなっていることです。

本人は寝ているので目が覚める瞬間の約5分から10分前の眠りの記憶しかありません。

そして夢を見るというよりも目が覚める瞬間のたった数秒から10分の間の夢を覚えているだけなので後は眠れていると思っています。

夢というのは長いようで一瞬だったりという ことを脳が起こしていきます。

長いストーリーだったりすると感じることもありますが時間にしたらたった一瞬だったということもあります。

自分で感じているよりも実際には夢を見てる時間というのは瞬間的に短かったりする場合が多くありますのでそんなに長時間、長い夢を見るということはないと思います。

実際に夜寝る時間になったら布団の中に入って寝ようとするとすぐ眠れてしまいますが寝た瞬間からあることが起きて行きます。

出た瞬間から起きる物事というのは脳の活性化です。

もう少し活性化というのを分かりやすく言うと脳が緊張して興奮状態に陥っているということです。

体は疲れていますから体は寝ようとしますが 脳が眠ることをしないと体もまた内臓も休むことができません。

毎日毎日の生活をしているだけで疲れやストレスは多くなったりしていきますがこれを減らす努力をしていませんので体にも全体的に疲れやすくレスは溜まっていきます。

生活していくだけでも疲れやストレスは多くなりますし 仕事をするだけでも疲れやストレスが多くなったり運動やスポーツやストレッチでも疲れやストレスが多くなったりします。

この多くなっていくだけの疲れやストレスを人はどこで減らすことができるのか。

疲れやストレスを減らすことができるのは唯一眠れている時だけです。

疲れやストレスを減らすことができるメモリができていないということは体に日増しに疲れやストレスが多くなっていきますし眠りが浅かったり眠れていないとさらに上乗せで疲れやストレスが乗っかっていきます。

疲れやストレスというのは限界泣く蓄積していきますので蓄積すればするほど老化が急速に早くなっていき筋肉や靭帯が硬くなったり内臓の状態を進行させて悪化させていきます。

眠りが浅いということは免疫細胞の数も減っていきますので免疫細胞の数が減れば風邪を引きやすくなったりということはもちろん起こりますがアレルギー症状が強く反応したりまたは色々な症状になっていきます。

眠りが浅いことを最近の言葉で言うと睡眠負債と言いますが睡眠負債と言うのは毎日毎日の眠りが浅いことが積み重なった状態で多くなってしまった状態のことを言いますので睡眠負債の負債は取り返すことができないし借金として自分の身に帰っていきます。

睡眠負債というのはアメリカでもよく研究されているものですけど アメリカで研究者の中では睡眠負債というのは大変多くなっているということをテレビで言っていましたが院長もその通りだと思いますので睡眠負債というのをよく考えるようにしたほうがいいと思います。

睡眠から起きる頭痛

睡眠負債が多くなればなるほど脳の部分で起きている頭痛というよりも頭痛以外のものも進行していきます。

頭痛が進行するということは大変まずい結果に繋がっていきますので精神疾患を患ったり脳梗塞になったり脳疲労から起きる心臓の弱りが起こりますから心筋梗塞などにもなりやすくなるということはテレビで言ってました。

睡眠負債状態から頭痛が起きているという可能性も多くの方に見受けられますので当院では状況判断をしながら脳の活性化を図ったり脳がどうなってるのか眠れているのか眠れていないとかという判断しながら頭痛の改善に努めています。

しかし多くの方が頭痛の改善に訪れていますが皆さんを簡単に考えてしまっている場合が多くありますし頭痛がどうして起きるのかということも知らない方がほとんどです。

頭痛と言うと頭痛薬を使ったり痛み止めを使えば数時間で治ってしまう場合が多くありますがこれは一時的に痛み止めを使っていることをしているので頭痛を痛み止めつまり直しているわけではありません。

多くの方が頭痛薬を安易に用いることは別に構いませんが 痛みを一時的に止めたからといって治っているわけではありませんし原因が頭痛にはありますから原因がどんどん進行していきます。

頭痛薬というのは

頭痛と言うと頭痛薬を持ち歩いていたりする方も多くいますし定期的に頭痛が起きたら頭痛薬を服用するという方も多くなっていますが安易にそういうことばかりして抑えていていいのかということを考える必要があるということを言っています。

頭痛には大変な原因が潜んでいますのでその原因から見つけて改善していくことをしないと大変な結果になっていく可能性が多くなるということです。

あくまでも可能性が多くなるということを言っていますのでなると言っているわけではありませんから注意してください。

当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると眠りができているのかどーこから頭痛が起きているのかということを見つけていくことができますが初回や2回目の治療では全部が全部を突き止めることができませんし多くの症状が重なって起きているという方も多くなっていますのでそれらを突き詰めていくためにも数回以上の治療がかかります。

特に眠れてない方は体調がいいことはありませんので自分でわかっていなくても体調はむちゃくちゃと言っていいほど悪い形が多くなっています。

むちゃくちゃ体調が悪いのに一回や二回や2回で体調が上がることはありませんし脳の疲労が強い方はそんなに簡単に上がることはありません。

小倉北区で 頭痛 を改善しようと思うなら原因から改善している徳力整体院が人気あります。

Follow me!