骨盤矯正 が人気あります

骨盤矯正 をしていくときには、初回から骨盤が小さくなるようにしています。

当院の骨盤矯正は 痛くないボキボキもしない骨盤を無理に押さえつけたりすることもなく骨盤を小さくしていくことができる骨盤矯正をしています。

当院では骨盤矯正をしていくときには検査をすることをしていますので検査をしてみると多くの骨盤矯正を希望される方は骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていても痛みやこりもないことも多くありますので今まで100人の方が骨盤矯正に訪れたとしたら100人とも骨盤にトラブルを持っています。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤は大きくなったり骨盤周辺に脂肪が多くなってしまったりむくみやすくなるということもありますので骨盤矯正というのは 検査することで歪みや開きを整えていくことをしていくと骨盤が小さくなっていきます。

骨盤の歪み屋骨盤の開きがあると骨盤周辺の循環も悪くなりますから足がむくんだり足が冷えたりということも起きたりすることもありますから骨盤を整えていくことをしていくと、それらが解消していくこともあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるとリンパの働きも悪くなっていきますのでリンパの働きが悪くなると老廃物が多く溜まっていくことも起きています。

骨盤矯正をする時に検査する

骨盤矯正をして行く時に検査をすると説明しましたがどういう検査をするかということが関係していますがもちろん骨盤の歪みや骨盤の開きというのも検査することをしていますが最近はそれ以上のことが起きている方が多くなっています。

それ以上のことというのはそれ自体が炎症起こしたり骨が腫れたり骨がジュクジュクしているということで骨盤が大きくなっているということは時々見受けられます。

普通は骨盤の骨が炎症起こしたり腫れたりということは起きるものではありませんが最近は多くの方が体調が悪くなって体調を落としていますので体調が落ちた状態の期間が長ければ長いほど骨に炎症が起きて骨が変形していくということがあります。

もちろん普通では骨が変形するということも考えられませんが最近は体調の悪い彼が異常に多くなっていますのでこれ自体も生きていますので骨が変形して形が違っているという方が多くなっていますからご自分でも検査して見ることができます。

自分で検査する時にうえむきになって寝て 骨盤の前側の骨の部分に両方の手を当てて左右差を感じるようにします。

骨の左右が違えば骨が変形しているということが考えられますので当院では院長の経験から簡単にそれがわかるようになります。

骨が変形を起こしていくと特に真ん中の仙骨という骨または尾てい骨という骨ですけどその骨が炎症起こすと両側の骨は大きく開いていきますので仙骨が肥大しながら変形していくということが骨盤を不安定状態に落として行くことになります市骨盤が大きくなって代謝が悪くなってリンパの働きも悪くなります。

最近は多くの方が骨の変形を持っていますので特に恥骨の部分屋ウエストの下の骨盤の骨の部分などを上からかまたは前から彼触るとどちらかの骨が変形して肥大していると出っ張っていますので左右さを感じることができますがこの左右差を感じると言うのは簡単なことではありませんから院長が起動しながら触ってみるとよくわかります。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には検査をすることで骨盤の歪みや骨盤の開き骨自体の炎症やはれやじゅくじゅく状態を検査して見つけることができますからどこの骨がどれくらい 問題を起こしているのかということを検査して見つけることができます。

検査して見つけたらそれらを正常な状態に整えていくことで骨盤が小さくなって小尻になることができます。

しかし骨盤が炎症を起こしたり ゆがみ何があるということはその中に入っている内臓も正常な状態ではありませんので骨盤の内臓の臓器を確認する必要があります。

便秘がある方は骨盤が大きく開いて歪みが起きています。

生理痛がある方や生理不順の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

膀胱炎を繰り返す形や尿漏れのある方は骨盤の開きや骨盤の歪みが起きています。

骨盤を正常に戻すだけでもこれらが解消することもあります。

もちろん内臓の治療も必要になることもあります。

骨盤矯正と言っても骨盤の歪み骨盤のズレだけではなく骨時代の問題や雷蔵も深く関係していますのでそれらを整えて正常な状態で持っていくことでも骨盤が小さくなって小尻になることができます。

美容的な骨盤矯正をするよりも骨盤のトラブルを解消して小尻になる方が効果があって長続きします。

骨盤の幅を覚える

当院では骨盤矯正に訪れた方は、すべて全員骨盤の幅を触って覚えてもらうようにしています。

当院では骨盤矯正に入る前にご自分の両方の手のひらを開いて股関節の両横に当ててもらいます。

そして幅を覚えてもらいますが幅を覚えようとする時に手のひらだけではなく脳が働かないと感覚的に覚えることができません。

骨盤がどれくらい小さくなるかということが分かるようにしていますので必ず骨盤の幅を触って覚えてもらうようにして骨盤矯正に入っていきます。

一回でどれくらい骨盤が小さくなるかということがありますけど必ず初回から骨盤が小さくなりますのでご自分で分からないと骨盤が小さくなったということがわかりませんので自分の両方の手をメジャー代わりにして触るようにしてください。

ズボンやスラックスが緩くなるという方もいますが ご自分の両方の手の感覚を当院では大事にしていますので自分の両方の手のひらでわかるということが一番重要になりますから両方の手のひらを当てて左右差を感じるようにするとわかると思います。

眠りが浅いと

しかし最近多くの方が眠れていません。

最近は多くの方が眠りが浅く夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますので眠りが浅い状態で朝を迎えていても眠りとは言えません。

眠りが浅いことと骨盤矯正がどうして関係するのかと言うと深い関係が実はあります。

どんなに良い言葉の矯正をしても脳疲労が強く眠りが浅い形は維持する力がありませんので維持できるように治療を進めていく必要があります。

最近は多くの方が夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますので寝ていても寝ながら考え事をしていると睡眠になっていれば最悪な睡眠ですから最悪な睡眠が あって寝ていると脳疲労が強くなって睡眠負債になります。

睡眠負債が多くなればなるほど脳が弱っていき内臓の疲弊状態が出てしまって全身が崩れやすくなっていけますが崩れても痛みはこりを強く感じるかと言うと脳疲労が起きていると痛みはこれを強く感じません。

痛みはこりを感じないからといって体調が良いとは限りませんので当院ではそういう検査することもしていますので体調からあげて整えていくことをしないと骨盤を小さくしてもまた戻りやすくむくみやすく歪みやすくなります。

夜寝る時間になったから寝るということで寝ているとあくびが出ないうちに寝ていると脳は緊張状態を残したまま寝ようとすると眠りが浅くなって寝ながら考え事をしている時間になります。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳疲労が強くなって行けますので痛みはくりに麻痺した状態で鈍感になっていきます。

鈍感になればなるほど痛みはこれを感じなくなって体調が良いと思っている方が多くなっています。

眠りが浅いということは体調が良いことはありません。

眠りが浅いということは痛みやこりを感じにくくなっていきます。

眠りが浅くなればなるほど脳疲労が強く起きて脳細胞の減少が急激に進行していきます。

 

小倉北区からも多くの方が 骨盤矯正 に訪れる徳力整体院です。

Follow me!