腰痛を改善していくためには

腰痛  を改善していくためには 原因から改善していくことを考えるようにしてください。

腰痛が起きる時には必ず原因がありますのでその原因から見つけて改善していくようにしないと 原因もいつまでも同じままではなく腰痛としてではなく腰痛が悪化してというわけでもなく他の形を変えて進行していきます。

腰痛には腰痛を起こしている原因がありますが、腰痛を起こす時には切っ掛けと原因の両方が揃って初めて腰が痛くなったり腰痛になります。

切っ掛けとは

腰痛を起こしていく時には切っ掛けが必要ですから一般的には原因だと思われることは実は切っ掛けです。

腰痛を起こす切っ掛けというのは、重たいものを持ったり して腰が痛くなったり腰痛になったり、体をひねったり、 腰が痛くなったり 腰痛になったり、運動をしたりして腰が痛くなったり、庭仕事で 立とうとして腰が痛くなったり、 靴下を履こうとして腰が痛くなったりして腰痛になることや 車の運転を長くして腰が痛くなって腰痛になったり くしゃみをしただけで腰が痛くなったり 色々な腰痛の切っ掛けがあります。

普通一般的には何かをしたら腰が痛くなったと言われますのでこれらは全て 切っ掛けであって原因ではありません。

原因と切っ掛けは全然違うものです。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因として一番に考えられるものは骨盤の歪みや骨盤の開きです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは大変多くの方に起きている ものですが骨盤の歪みや骨盤の開きがあるからといって腰が痛くなるとは限りません。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのも程度があって 程度というのは 歪みや開きの度合いです。

日常生活や仕事や眠りの深さの関係から骨盤の歪みや骨盤の開きというのは大きくなったり少なくなったりしています。

日常的に誰でもいつでも起きている骨盤の歪みや骨盤の開きがありますからこの骨盤の歪みや骨盤の開きというのはどうして起きるのかというのが理由としてあります。

人は生活しているだけでまた生きているだけで仕事をしているだけで 動いたり運動したりすると 生まれるものがあります。

この日常的に生まれ出てくるものが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは 日常的に生まれるものが原因だと言いましたがではいったいこの日常的にあるものとは何なのかということになります。

日常的に生まれるものとは

日常的に生まれる ものとは骨盤の歪みや骨盤の開きを起こすものですが その正体というのは疲れやストレスです。

生活したりすることだけでも何もしなくても疲れはストレスは生まれます。

気温差が激しいだけでもまた気温差があるだけでも疲れはストレスは できていきます。

気圧の関係が変化しただけでも疲れやストレスは生まれます。

お風呂に入っているだけでも疲れやストレスは多くなっていきます。

携帯の音が鳴って その音を聞くだけでも疲れやストレスは生まれます。

車のクラクションを聞いただけでも疲れやストレスは生まれます。

目覚まし時計の音を聞いて目が覚めただけでも疲れやストレスは生まれます。

人に何かを教えるためになる音というのはすべて警報音になりますから非常ベルでなくても警報音というのは精神的にかなりの疲れやストレスを生じさせてしまいます。

例えば信号を渡る時の 音でも 警報音に近いために気がついていないだけで精神的にはかなり 疲れやストレスになっています。

テレビなどでお笑いの方が起こることや大声を出すのを聞いただけでも疲れやストレスは知らない間に体にたまって言っています。

このように色々な疲れやストレスがありますのでそれがない生活をすることは大変難しくいつでも誰でも疲れやストレスは産まれています。

後の疲れやストレスが 体に蓄積して行けば行くほど多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きになっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は疲れやストレスが原因ですが疲れやすトレスはどうしてどこに溜まっていくのか。

疲れやストレスというのは体に蓄積するということは普通一般的に誰でも知っていることなんですがそれがどこにたまるのかということを知っている方はいませんし専門家の方もわかっていません。

当院では疲れやストレスの研究をしていますので疲れやストレスが最終的にどこにたまるのかということを検査することで判断することができます。

疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきますが内臓といっても病気ではありませんので即なんでもかんでも病気というのを結びつけることなくしっかりと説明を聞いてください。

日常的に生まれる 疲れやストレスというのは 筋肉にももちろん貯まりますが筋肉以外では たまるところがありません。

人の体は例えばですけど100 kg の体重の方がいらっしゃったら100 kg中、 70 kg が水分だと言われています。

体をぎゅっと絞ったら100 kg の人が70 kg ぐらいは水分ですから絞ることができますので絞ってみるとあと残ったものの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

後に残るのは 筋肉や靭帯や血管や神経やリンパ管やリンパ節や 皮膚や皮下脂肪 と骨です。

筋肉にも疲れやストレスは溜まりますが筋肉に溜まる疲れやストレスというのは 軽いものです。

さらに多くの疲れやストレスが溜まる場所があります。

それが後に残った内臓です。

内臓というのは日々働いて勝手に動いてくれていますが、その内臓に疲れやすレスがたまると 働きが弱くなっていきます。

内臓に溜まる疲れやストレスというのは、大変、多く蓄積すればするほど 限界はなく 溜まっていきます。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まって 骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきますが どのようにして骨盤の開きや骨盤の歪みが起きるのかという理由があります。

骨盤の歪みや骨盤の開きを 作るのは内臓の中でも腎臓が一番関係しています。

腎臓の弱いかたが腎臓に疲れやそれすがたまりやすく心臓に疲れやストレスがたまると股関節の内側についている筋肉である大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉に影響を与えてしまって大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなっていきます。

大腰筋腸骨筋のバランスが悪くなっていくと骨盤を支えることができませんので筋肉靭帯までいるんでしまって 骨盤が開いたり骨盤が歪んで行きます。

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりした時に重たいものを持ったりすると腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤が歪んだり骨盤が開いているときに 前かがみの姿勢をしただけでも腰が痛くなることもあります。

骨盤が歪んだり骨盤が開いてる時に 靴下を履こうとしただけでも腰が痛くなります。

骨盤が歪んだり骨盤が開いているときに 車の運転を長くして体を支えられない状態になっていくと徐々に腰が痛くなります。

骨盤のトラブルが起きた時に くしゃみをしただけでも腰が痛くなります。

これが腰痛を起こしていくメカニズムです。

腰痛の原因が腎臓にあるということを知っている方の 先生はあまりいません。

ですから急激な痛みというのは湿布を貼っても楽になりますし、マッサージをしても楽になることもありますし低周波治療器を腰に当てるだけでも楽になることもありますが、骨盤の歪みは起きたままだし、開いたまま出し腎臓の問題は残ったままになっています。

急激な痛みというのは 一時的な炎症や腫れで起きていますので炎症や腫れを抑えることができれば強い痛みは 改善されていきますが 表面上の治療ばかりしていると腎臓はどんどん進行していきますので腎臓が進行したものは病気に近づこうとしていきます。

腰痛というのは腎臓に関係して起きていますので先将来腎臓の病気になる可能性が大きくなって言っています。

未来の予想ですので病気になると言っているわけではありませんが病気として完成してしまわないと病院では分かりませんからいくら人間ドックをしても健康だと言われていても 完成するか完成間近 なものしか分かりません。

腎臓の病気として完成してしまった場合と腎臓の病気として完成間近であれば検査をしてみると数値的に異常が出てきますがそれ以外はまた進行途中では分かりません。

病気というのはあくまでも完成してしまわないと検査をしようもなりません子検査する手段もありません。

当院では小倉北区からも多くの方が 腰痛 の治療に訪れています。

Follow me!