人気のある小顔矯正をしています

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い人気のある 小顔矯正 をしています。

小顔矯正をしていくときには ボキボキしない痛くない 怖くない 顔を無理に押さえつけたりすることがない 小顔矯正をしています。

東員の小顔矯正は院長が 顔を振りに押さえつけたりすることもなく強くもない小顔矯正をしていますので マッサージをするようにして顔を持っていくだけで顔が小さくなっていく 特殊な小顔矯正です。

普通では顔をマッサージしたり顔を揉んでいるだけで顔が小さくなることはありませんが当院の小顔矯正のマッサージのやり方は特殊な治療の一つですから普通のマッサージではありません。

しかし誰が見ても本当にマッサージをしているようにしか見えないし顔を揉んでいるようにしか見えません。

そのため患者さんによく分かってもらうために院長は体を動かさないで顔を小さくすることもできますから手を動かさないでしばらく触っているだけで 顔が小さくなっていきます。

しかし普段の小顔矯正のやり方は顔をマッサージしたり揉んだりして顔を小さくすることをしています。

顔を揉んだりしていると 何かをやってもらっているという漢字を受けることができますので 顔を揉んだりしてマッサージするようにして顔を小さくすることができます。

でもマッサージをしているわけではありません。

顔を触って覚えて小顔矯正

当院の小顔矯正は患者さんのご自身に自分の両方の手のひらで顔を触って覚えてもらうようにして小顔矯正をしています。

小顔矯正をしている時に顔が小さくなったということが自分の両方の手で分かることが当院の特徴だからです。

治療院の中庭赤髪も置いていますから鏡を見て判断するということも構いませんが できるだけご自分の両方の手のひらで顔を触って覚えてもらうようにして顔を小さくすることが 一番、お勧めしている方法です。

しかし顔を触るということは簡単ではありませんので顔を触るだけではなく 顔の大きさを覚えておかなければいけませんのでその覚えるためにも左右差を利用しています。

顔を小さくしていく小顔矯正をする前に 顔の大きさを触って覚えてもらうことをしていますが覚えてもらうものは顔の幅や輪郭や 形の違い、むくみ度合いです。

顔というのは多くの方で歪みを起こしていますので右側が大きいとか左側の方が大きいとか右の方の一部分が出っ張っているとか色々な顔の形がありますのでそこの形を覚えるということが小顔矯正をした後の変化がよく分かるようになります。

しかしこの左右さを感じながら変わるということは大変難しく簡単なものではありませんので簡単に触ってしまったほど よくわからないという方も時々います。

顔の大きさが分からない方もいます

当院でもできるだけわからないということがないようにしっかりと触ってもらうようにしていますが 全員には分かってもらうことができません。

小顔矯正を希望される方が100人来たとしてわかってもらえる方は 95人の方がわかってもらえると思いますが5人の方には分かってもらうことができません。

理由は分かっているのですが 初回からは なぜわからないんだということを決めつけることができませんし、つき詰めて言うことができませんからその場を流すようにしていますがわからないということは大変なことが起きています。

全員に対して同じような触り方をしてもらうわけですから 100人の中で95人の形が分かって 5人の方が 同じように顔を小さくしても 分からないというのは大変なことが起きています。

当院では顔を触ってもらう時には カルテを書いた後に治療院の中に入ってもらいますが院長と向かい合って座って 顔の触り方を覚えてもらいます。

院長の説明を受けながら顔の触り方を指導していきますのでその触り方をしっかり触って覚えるようにしてもらっています。

そしてその説明をした後にも 治療する第二うえ向きに寝てもらって うえ向きに寝てもらった時にもう一度顔を触ってと院長が言いますので同じような触り方ををして ください。

そしてその時にしっかりと分かってもらうようにご自分の両方の手のひらの上から 院長が手を重ねるようにしてこういう風に触ってくださいねと言いますからそのように触ってこれで今どちらが大きいですか形が出っ張っていますかということを院長と一緒に見ることができます。

ここまでして5人の方は分からないか違いますのでわからない方はしっかりとご自分と向き合って治療することを考えてください。

 小顔矯正に入ります

院長が小顔矯正を して行く時には顔をマッサージするようにして顔を揉んで顔を小さくしていきますので 小顔矯正に入った時に院長が1分か2分ぐらいでもう一度顔を触ってと言いますのでその時に先ほどと同じような手つきで顔を触ってください。

院長が 1分か2分ぐらい小顔矯正を しましたが1分か2分ぐらいの間にもう顔が少しだけ小さくなって形が変わっているから触ってもらっています。

そしてさらに20分ぐらいの小顔矯正ですが 力を抜いて寝ているだけでどんどん顔が変わっていきますので リラックスして小顔矯正を受けるようにしてください。

時間を長くすれば効果があるというものではありませんので 天気を良く院長はしていますからどれくらいの時間が一番小顔矯正に適した時間かということを考えて20分ぐらいの時間で小顔矯正をしていきます。

20分以上の小顔矯正というのは効果も出ませんし長くすればするほど逆にむくみが多くなります。

小顔矯正をしていく上で20分ぐらいの小顔矯正というのが一番理想的な時間です。

小顔矯正をしていくときに体調が

小顔矯正をしている時に院長は検査をすることをしていますので検査をしてみると小顔矯正を希望される方は体調が悪い形が多く、どん底のような体調の方もいらっしゃるし、奈落の底のように落ちている方もいますので落ちれば落ちるほど脳が鈍感になってしまったり脳が麻痺してしまっていた京都りを感じていないという方もいます。

それは体の方を検査すればわかることなんですが骨盤の歪みがすごくひどいのに何も感じていないし、背骨の歪みがひどく椎間板ヘルニアなども起きていてすごい痛みが起きている状態があっても感じていません。

体調が奈落の底のような体調やどん底のような体調の方というのは 見えているようで眠れていない方です。

最近は多くの方が夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっていますので夢を見るというよりも夜中に何回も目を覚ますというよりも 一番 ダメな睡眠の寝ながら考え事をしていると睡眠が多くなっています。

寝ながら考え事をしてると睡眠は一番眠りとしては浅くれているようでグーグー寝ているようで全然眠れていない妄想のような眠りですが 目が覚めた瞬間にそのことを忘れてしまうという睡眠になります。

目が覚めた瞬間に忘れてしまうため目が覚めなかったから寝ていると勝手に勘違いをしています。

寝ながら考え事をしているという睡眠は妄想に近い睡眠ですからノーも活発化して緊張していて 体にも多くの肥料や疲れが溜まっていますがそういうことさえもわからないために心筋梗塞や 脳梗塞になったり認知症や痴呆になって いきやすくなります。

後はどれくらい寝ながら考え事をしていると親身になっているか脳疲労が起きているか脳マヒになっているか、睡眠負債になっているかということになります。

小倉北区  で 顔が小さくなることで人気ある 小顔矯正 をしています。

Follow me!