肩こり を楽にしていくためには

肩こり を楽にしていくためには 筋肉のコリから もみほぐして 柔らかくなるようにしていきます。

筋肉が凝りを起こすと リンパの働きも悪くなって老廃物が多く溜まっていきますので循環も悪くなります。

肩こりを起こしている筋肉からほぐすことがまずは優先されますので筋肉からほぐしていくようにしていますが筋肉だけで肩こりが起きることはあまりありませんのでその先にあるものまで 検査して見つけていくことをしています。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のコリばかりほぐして肩こりを楽にしたように装っていますが本当の意味で筋肉だけでしょうか。

筋肉のコリが起きる理由

どうして筋肉のこりが起きるのかということを 考えもせず筋肉ばかりほぐしても肩こりが良くなったようにまた楽になったように感じますので 筋肉のコリばかりもみほぐして肩こりが治ったと思うことが専門家の間でも多くなっています。

肩こりがどうして起きるのか筋肉が凝りを通して起こすのか肩こりの筋肉がどうして緊張するのかリンパの働きがどうして悪くなるのかというところまで考える方はあまりいません。

肩こりが起きる時にはどういうことが起きているのか考えるようにしてください。

肩こりの状態を見て考えることができれば本当に 肩こりを解決することにつながっていきます。

肩こりと言うと

肩こりと言うと僧帽筋という筋肉の凝りが肩こりを起こすと考えられていますのでその僧帽筋という筋肉は頭の付け根の部分から首から肩から背中まである大きな筋肉です。

この筋肉が凝りを起こしたり緊張したりということが起きると肩こりになるわけですけどどうして筋肉のこりが起きるのか動かさないから順化が悪くなって老廃物が多くと溜まって肩こりになるのか。

筋肉疲労が起きて肩こりになるのか。

どうして筋肉疲労が起きるのか。

肩はよく使うことになりますので よく使えば使うほど筋肉疲労は起きるのか。

肩コリには色々な 問題があると思いますけど多くの場合いつも使っている方ですから腕も使うことが多くなっていますので筋肉疲労が起こりやすくなっていますから筋肉疲労を早めに改善していかないと肩こりになっていきます。

しかし筋肉の問題だけで済んでいるのかということがありますのでその先にあるものを検査することで見つけていかなければいけません。

筋肉以外のものがなければ別に構わないのですが多くの場合その先にあるものは背骨の歪みはずれです。

背骨の歪みはずれがあるということは場合によってはその先にある椎間板などがヘルニアになっていることもありますのでヘルニアというのも 普通一般的に起きているものですから特別なものではありません。

ズレが悪化したものが椎間板ヘルニアになる場合が多くあるからです。

しかし背骨も何も原因がなくて何が起きることはありませんので何かの理由があって背骨がずれていると考える方が自然だと思います。

背骨のズレも何かの原因があって起きていると言いましたが背骨の中に何が入っているかということも考えなければいけません。

背骨が歪むということはもちろん筋肉も引っ張られたり緊張したりということが起きて肩こりになりますが背骨の中には中枢神経系の一部である脊髄が入っています。

背骨が歪むということは脊髄の影響まで出てきてしまうということになりますので大変なことが起きています。

背骨が歪むと、又、ズレを起こすと脊髄の影響まで出てしまってそこから出る神経とその脊髄の下の方は全てやられてしまいますので自律神経なども正しく働けることができなくて出る部分においては交感神経と副交感神経のバランスも悪くなります。

交感神経と副交感神経というのは自律神経の一部ですが自立神経は脊髄から出ている神経なのでゆがみ何が起きるということは自律神経も正常な状態で働くことはできません。

自律神経という神経は実際にある神経ですから背骨の両側にある神経のことを言いますのでずれるということは直接的に自立神経自体を圧迫したり緊張を起こさせたりしてしまいます。

自律神経や脊髄まで影響を起こす背骨の歪みは何というのは大変多くの方に起きていますので特別なものではなく誰でも日常茶飯時的に起きているものです。

肩こりが起きる時には 筋肉のコリも緊張も起きていますがその上に背骨のゆがみ何が起きて脊髄の問題まで起きてしまっているという方もいますし自律神経の状態もバランスが悪くなってしまっているという方もいます。

しかし中枢神経系、自律神経系の方に影響出すほど背骨のゆがみ何がどうして起きるのかということの原因がありますからその原因を見つけていかなければいけません。

中枢神経系 や自律神経系に影響を出すほどの歪みを起こすものとは何でしょうか。

それは誰でも考えても簡単に考えてしまう事なんですが疲れやすトレスです。

疲れやストレスというのは 簡単に考えてしまう方が多く甘く見ているのが疲れやすトレスですが体にたまる疲れやストレスは最終的にはどこに溜まっていくのか。

この疲れやストレスが最終的にたまるところが背骨の歪みは何を起こす原因になります。

背骨の歪みは何まで起こして中枢神経系に影響を与えて自律神経系にも影響を与えてしまうものとは何でしょう。

疲れやストレスがどこに溜まってしまうとそういうことが起きるのか。

疲れやストレスの多くは内臓に溜まっていきます。

体の中から崩れを起こしていき疲れやストレスも際限なく限界なく溜まっていきますのでハマればハマるほど異常な状態になっていきますが最近多くの方が眠りが浅く脳疲労や睡眠負債状態という方が多くなっていますのでそういう方ほど脳が痛みやこりに鈍感になってしまっています。

睡眠負債や脳疲労があるとどんなに痛みやこりが起きる状態で起きていても痛みは、これをダイレクトで感じ取ることができませんので簡単に考えてしまってる方が多くなっています。

中枢神経系の 脊髄までまたは自律神経まで影響だしてしまう歪みはずれが内臓疲労から起きていますので内臓疲労が多くなればなるほど老化が急速に進んできます。

この老化が急速に進んなものが最終的には病気になってきますので病気の手前で肩こりが起きているということをでもあります。

肩こりというのは病気になる前に繰り返し起きていたりいつも肩が凝っていたり時々肩が凝ったりということが起きながら病気の方に進行していきますが病気になると言ってるわけではなく進行度合いと悪さの状態が関係しています。

肩こりといっとも単純なものではなく病気になろうとしている内臓が疲れやすトレスをためてしまうと休息に病気になろうとしますのでなる前に時々痛み送りを起こして自分に知らせるということをしています、これが肩こりになっています。

病気になろうとしている内臓が異常状態を起こしていますので異常状態を自分に知らせるという行為は唯一痛みはこれしかないんです。

ですからこれを簡単に考えて湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器をかけたりボキボキしたりしているとさき将来急速に老化現象が起きるのを早めてしまいます。

肩こり起きやすい時には関係する内臓というのは心臓や肺横隔膜肺肝臓の辺りですからそれらの病気になってしまって 考えます。

しかし病気になってしまって完成するか関西の手前ではないと病院に行っても検査しても異常が見つかりません。

小倉北区 で 肩こり を楽にしていくことをしています

Follow me!