小顔矯正をしています

当院では30年の経験から 痛くないボキボキしない顔を無理に押さえつけたりすることもない小顔矯正をしています。

 小顔矯正 は痛くもないボキボキしない 小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正を希望されて訪れるが多くいますが 小顔矯正のほとんどの方が体調が すごく悪い方も多くいます。

どうして小顔矯正と体調が関係するのかと言うと 小顔矯正をする時にも体調がすごく密接に関係することが分かっているからです。

小顔矯正をする時に体調が悪かったり疲れやストレスが溜まっていたりすると 効果が出にくかったり 持続性がなく戻りやすいからです。

小顔矯正をする時に 体調が悪いと 回復する力がありませんので回復する力がないと小顔矯正をした後にだるくなる可能性が大きいからです。

小顔矯正をする時には顔の変化をさせていくわけですから 変化が 大きくアルト 抵抗する力がありませんので抵抗する力がないとだるくなります。

顔の触り方

できるだけだるくなることをも 良くないため当院では避けたいところですが小顔矯正を希望されてきた方は、顔を小さくしたいということで 来院していますのでできるだけ顔を初回から小さくするようにしています。

当院の小顔矯正は小顔矯正に入る前にご自分の両方の手で顔の大きさや輪郭や幅などを触って覚えてもらうようにして 小顔矯正をしていきます。

小顔矯正をする前と小顔矯正をした後の変化を比べてもらうことができるのが当院の特徴 なので くらべて もらえるように 顔を触って覚えておくということです。

顔を触って覚えておかないと 小顔矯正をした後にどれくらい顔が小さくなったということがわかりません。

当院では必ず小顔矯正に入る前に顔の触り方を指導して覚えてもらって小顔矯正に入ることを基本理念としています。

しかし 自分の顔を鏡で見るよりも 手で触って覚えるという行為は 簡単なことではありません。

顔を触るときに簡単に触ってしまったほど どんなに小さくしても顔が分からなくなっているか違います。

顔を触って分からない方

顔を触って 分からないということがないようにできるだけしていますが ご自分の感覚神経がどれくらい落ちているかということは初回から分かるものではなく判断はできません。

小顔矯正をする時には 両方の手で顎の部分に手を当てて 顔を触ってもらうようにしています。

顎の部分に手首を合わせて手のひらを少し広げて顔を覆うようにして手のひら全体で顔を触ります。

手のひらが浮いたところがないように触るようにしてください。

手のひらが浮いてしまっているとそこだけ変換も分からないし大きさがわからなくなるからです。

手で顔を密着させるようにして触ったら 大きさや輪郭を覚えるようにします。

一番重要なのは手のひらで顔を触ったら左右差を感じるようにして触ることです。

人の顔は左右が対象ではなく左右の 大きさが違います。

左右の大きさが違うために 右半分や左半分を合わせると別人ができるほど顔の形や大きさは違います。

顔の大きさを触る時に左右さを確認しながら右側が全体が大きいとか左側が部分的に出っ張っているとかというものを感じながら触ります。

左右さを感じるというのも大変難しいことなので手の感覚神経がをしている方手の感覚神経を 落としている方はよくわからないという方もいますが分からなくても一生懸命努力して触ることが 顔が小さくなったのが分かります。

院長も顔をこういう風にして触るというに指導して院長が実際に顔を触ってお見せしていますが多くの方が簡単に触って覚えた気になっていますのでそういうことがないようにしっかりと手を動かすこともなく 全体的に触るようにしてください。

小顔矯正に来て顔の触り方ができていないんじゃ意味ありませんかなこの文章をしっかり読んで触るようにしてください。

顔の触り方がわかったら 小顔矯正に入りますから治療するベッドに上向きに寝てもらいます。

ベッドに上向きに寝てもらったら 院長がもう一度顔の触り方を覚えてもらうようにしますが、これほどしつこいくらい顔の触り方を指導して教えないと分からない方がいるからです。

そして院長が小顔矯正に入ります。

院長が小顔矯正に入る時には顔を揉んだりマッサージしたりするような感覚で小顔矯正をしていきますので痛くもなく怖くもなく小顔矯正ができます。

小顔矯正に入ってから 1分くらいでもう一度顔を触ってもらうようにしています 1分くらいで顔を触ってもらう意味は1分くらいでも顔が小さくなっているので そこで変化が分からないと あと10分以上を小顔矯正をしても分からないことがあるからです。

小顔矯正に入ってからの1分というのは大変大きく変化している場合が多いので顔を触って覚えてもらってこういう風にして小顔矯正に入っていきますということをアピールするためなんですがここでわからないと どんなに顔を小さくしても分かりにくい ようです。

そして小顔矯正は20分ぐらいの治療になりますが20分後には顔が小さくなっていますが20分というのは 一番顔が小さくなる小さくできる時間が20分ぐらいなんです。

それ以上または長時間に及んで小顔矯正をしても変化はないどころか逆に顔が大きくなっていきます。

30年の経験から小顔矯正は20分ぐらいが限界なんです。

時間を長くすればするほど顔は小さくなりにくく効果はありません。

顔をいくら揉んでも顔が小さくなるわけではなく逆にむくみやすくなってくるのが20分の言う時間の限界です。

当院では必ず顔が小さくなる小顔矯正をしていますので 顔を小さくしていくためには20分ぐらいの治療が一番最高に顔が小さくなる時間です。

当院の小顔矯正は二通りの小顔矯正があります。

一つ目の小顔矯正は体調を上げて体を整えていくことで 顔を小さくしていく小顔矯正ですが初回からは体を整えることはできませんので顔だけ触って顔を小さくしていく小顔矯正をしていきます。

多くの方が体調が悪くをとしていますので体を整えていくことで 内臓の働きや筋肉の炎症や骨盤の歪みや背骨のズレなどが解消できていくだけでも 顔が小さくなっていきますが顔にも疲れやストレスをたまっていますので顔にたまった疲れやストレスを軽くしていくことが先決の小顔矯正です。

小顔矯正をしていくときに顔を触って検査していますが検査すると顔にも疲れやストレスが溜まっているということが分かっています。

顔に溜まった疲れやストレスというのは顔をよく見させたり炎症を起こしたり腫れたりと色々な状態が起きている小顔の歪みが起きていたりすることも多くなっていますのでそれらを改善していくことが顔が小さくなるということになります。

本当に多くの方が小顔矯正に訪れる方が体調が悪くしてますので体調というのは奈落の底のような状態まで落としているかと思います。

最近は多くの方が眠りが浅く眠れていませんので寝つきが悪いというよりも夜中に何回も目が覚めるというよりも 夢ばかり見るというよりも 夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思うことが多いため勘違いしてる方が多くなっています。

夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思うのは勘違いもいいとこですが無理というのは脳から寝ないと眠れていません。

小顔矯正を希望された方も脳から眠れていないから体調が無茶苦茶と言っていいほど悪いんです。

しかし体調がめちゃくちゃ悪い方ほど自分の悪さを感じていませんし感じていないから体調が良いと思ってきましたということも言われたこともあります。

 

当院は 小倉北区 で 人気がある評判のいい 小顔矯正 をしています。

Follow me!