頭痛を楽にしていくためには

小倉北区からも多くの方が訪れている 頭痛 を改善していく 当院では 頭痛 の頭の痛みを改善したら原因を見つけて、どうして頭痛が起きるのかという原因から 変えていくことをしています。

頭痛と言うと 普通一般的に頭痛薬や頭の痛み止めを ドラッグストアなどで買ってきて 服用する場合が多くありますが 頭痛薬というのは 一時的に 頭痛を抑えているだけですから 頭痛を治しているわけではありません。

頭痛を一時的に抑えて治ったと思っていないで原因を見つけないと先将来に大変なことにつながっていきます。

頭痛が起きたりすることは普通では起こる理由は無いので何かの原因があって頭痛になっていると考えなければいけません。

頭痛になる時には頭痛の原因が潜んでいると考えるようにしないと 本当に大変なことになりますので簡単に考えて頭痛薬で頭の痛みや頭痛を抑えたり押さえつけたりすることなく原因を見つけていくことを考えましょう。

一般的には本当に頭痛薬などで頭の痛みがしばらくすると改善する場合が多くありますがこれらは原因を変えているわけではなく一時的に痛み止めをしているだけですから痛みの原因になったものが残ったままになっています。

頭痛には頭痛の原因がある

頭痛にはどうして頭痛が起きるのかという原因があると言ってるわけなので当院では原因を見つけ出して改善していくようにしていますので、首の筋肉の緊張をほぐすようなマッサージでもないして低周波治療器をかけて 緊張薬折尾チラシていることなく原因を見つけるようにしています。

頭痛と言うと肩こりからくる頭痛や首の痛みやこれから起きる頭痛や目の使いすぎなどで起きる頭痛という感じに説明されている場合が多くありますがこれらは別個のものとして考えるようにしてください。

たまたま同時に起きていることですから 検査することもなく適当に言ってるだけですから。

適当に誰かが言ったことが一般的になっただけです。

しかし適当に言ったことでも世間に広まってしまえば常識になってしまいます。

当院では検査することができますので検査をしてみると表面上で見えないものでも判断することができますから検査することでいろいろなものを見つけ出すことができます。

病院の検査でも

検査と言うと病院の検査が思い当たると思いますが当院で行う検査法というのは病気を見つけるものではありませんので尿検査や血液検査やレントゲン検査などをするわけではなく ある部分を使いながら検査することをしています。

当院の検査技術は 検査することを研究したり印象を踏まえながら 精度を高めるようにしていますので 表面上で見えないものを判断することができます。

ある程度は肩こりも関係しますので肩こりや首の痛みやコリがある場合はそういうところからほぐすようにもしていますが頭痛は 頭から何かの原因で起きていると考えなければいけませんが肩こりを良くしても頭痛が楽になったり首の痛みやこりを楽にすることでも頭痛が楽になるということは確かにあります。

この確かにあることが原因で肩こりは頭痛から来ているとか首の痛みやこりから頭痛が来ているとかと言われます。

頭の痛みで起きている時には圧力が上がって起きていますのでその圧力は上がっていることを下げることをすると時には 頭の痛み頭痛が楽になるということです。

近しい楽にしても原因は残っていますので原因を見つけて改善するようにしないと根本的には頭痛は良くならないで頭痛や頭の痛みがないときでも原因は進行していつまでも同じままではありません。

頭痛がないときでも原因は進行していきますので進行したものが今ではなく先将来に大変なものとして自分の身に返ってきます。

自分の身に返ってくることは 重大なものとして帰ってきますので取り返しがつきません。

取り返しがつかないほどの重大なこととは頭痛が起きている方の約半数の方は脳梗塞に繋がってるということです。

脳梗塞になると言ってるわけではなく確率がどんどん上がっているということですから確率が上がれば上がるほど上がりやすい方ほど頭痛になっているという根拠があります。

頭痛は重大です

最近、多くの頭痛の方は 脳疲労から起きている頭痛が多くなっていますので脳疲労から起きる頭痛というのは眠りができていない方です。

眠りというのはただ寝てしまえばいいというわけではなく眠りの浅さが問題なんですが浅い方ほど自分は眠れていると勘違いしている場合が多くあります。

昔でしたら眠りの問題を言う時には寝ようとすると寝つきが悪かったり寝ようとしても1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたり夜中に何回もトイレに入って眠れなかったり 夢ばかり見て寝ていたりという感じが多かったのですが。

最近の眠りの問題の方は夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると勘違いしてる方です。

当院では検査をすることができるといいましたので無理ができているかできていないかということを判断することができますし検査しなくても頭を触れば眠れている脳なのか眠れていないようなのかということがすぐに分かります。

最近は多くの方が夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思って体調が良いと思っている方が多くいます。

夜に目が覚めないから寝ていると思っている方です。

夜に寝て朝まで目が覚めないから寝ていると、どうして思えるのかというほど体調が悪い方が多くなっていますのでそういう方を検査してみると 寝ながら考え事をしていると言う時間が圧倒的で、これが一番最悪の睡眠になっていることさえ分かっていません。

寝ながら考え事をしているという睡眠は この日にちや時間が多くなればなるほど睡眠負債になっていきますのでテレビでも言っているように睡眠負債というのは取り返しがつかなく取り戻すことができませんので寝だめということもできません。

人間はクマではありませんからねダメと言うので補うことはできないということですから昼寝をしても駄目ですし夜に長時間睡眠時間を取ってももう取り返しがつきません。

睡眠負債というのは負債などで返すことができないと命とのやり取りで内臓を悪くしていきますので内臓が悪くなってしまったらもう手術しても治らないというものもありますし脳梗塞や脳溢血が急に起きたりして 死亡する場合も多いからです。

眠れていないと心臓が 止まるということも起こりますから。

睡眠負債で頭痛が起きている方が多くなっている理由がこれですが 多くの睡眠負債なっている方ほどわかっていません。

睡眠負債というのは脳の疲労になっていて脳疲労を通り越して脳の衰弱段階まで落ちてる方がいっぱいますから衰弱段階まで落ちると脳の麻痺が起きてしまっていたみやごりを感じにくくなったり体調の悪さも分からなくなったり 風邪をひくこともできません。

体内に風邪の細菌が入ってきたら細菌の増殖を減らすために自分で熱をあげたり自分で席を出して最近を出そうとすることをしています。

これが風邪をひくということです。

脳の力で熱を出して細菌を減らそうとするために 風邪をひくということをしているわけです。

脳が弱ってしまったら体内に風邪の細菌が多くなっても熱を出すことも熱を上げることもできません。

風邪を引くような生活や風邪を引くような格好をしている ことがあっても 風邪を最近ひかないから元気なんだと勘違いしています。

 

小倉北区で 頭痛 を楽にしていくためには 原因から改善していくようにしないと。

Follow me!