肩こりを楽にしていくためには

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリばかりに注目していないで原因を見つけ出すことが大事になります。

どうして筋肉の凝りが起きるのかという原因を見つけ出すことをしないとただ低周波治療器などはおかたに当ててもマッサージをして肩こりをほぐす落としても肩こりが良くなるというサプリメントを使っても病院に行って注射を打ってもらっても 整体院やカイロプラクティック院などでボキボキしてもらっても全てその先にあるものを解消して行かない限りは肩こりは繰り返し起こりやすく肩こりを感じていないからといって安心はできません。

肩こりを楽にするためには色々な治療法があると思いますけど多くの治療法は対症療法的に原因を考えることもなく原因を検査して見つけることもなく抽象的にしているだけですから本当の意味で肩こりを楽にしているとしか言えません。

肩こりを楽にすることと肩こりを治すということは全然意味が違います。

肩こりを改善するためには

肩こりを楽にするというのは一時的に楽にすることであり 肩こりを治すということは 永久にではなく原因を見つけ出して変えて行くことが肩こりに繋がるという風に考えることです。

人の体は常に動いています、老化も年齢上に急速に進む場合が多くありますので肩こりと言っても老化に関係して起きている肩こりがあります。

老化に関係している肩こりというのは、例えば 肩こりを起こしている筋肉というのは僧帽筋という筋肉ですからこの僧帽筋の筋肉が凝りを起こしぱなしだと 筋肉も老化することがありますので筋肉が老化することは固くなるということでおきますので筋肉が硬くなって行けば行くほど肩こりを起こしやすくなる方もいますし肩こりを感じなくなる方もいます。

肩こりを感じなくなるかというのは神経が麻痺してしまってこりを感じないという意味です。

筋肉も老化することがありますので 神経の老化してしまえばその筋肉を支配している神経が老化すれば痛みはコリを感じませんからどんなに硬くなって言っても肩こりを感じることはありません。

痛みやこり

この例えとして言えることは虫歯になった時に神経を抜いてしまったら虫歯が進行してもわからないということと同じです。

肩の神経を抜くわけではありませんが神経も老化してしまうとコリーを起こしたりすることもなく感じることもなく 実際に起きていることさえもわからないということが起こります。

当院では肩こりの原因になってるものを見つけ出すことができますのでその見つけ出すためにも検査をすることをしています。

当院に来られる肩こりを解消しようと思ってくる方は単純な方はいませんので単純以上の状態の方がよく 来院しています。

本当に厄介な方ばかり来られるので簡単にはいかない方ばかりですが考えながら検査をすることで改善 している場合が多くありますが治療法がどんどん変わって向上していきますので治療は変われば変わるほど 原因を見つけ出すことができます。

筋肉のコリは

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いためにどうしても筋肉ばかりほぐしてしまって楽になるから楽にしたように装うことができますが当院ではその先にあるものも見つけて行くことができますから見つけて治療することをしています。

肩こりの筋肉の先にあるものは背骨の歪みや首の骨のズレです。

しかし考えたらわかるように背骨というのは中枢神経系を守っている役目を折っているのに歪んだりずれたりしていては中枢神経系を守れなくなっています。

そこに何かの原因があるから中枢神経系までゆがまざるを得ないということを考えた方がいいと思います。

どうして中枢神経系を守っている背骨の骨が曲がったり首の骨がずれたりするのか。

その原因は内臓疲労にあります。

多くの肩コリの方の場合、内臓疲労が最終的な原因なんですが内臓にも弱い内臓とそうでもない内臓というのが存在します。

弱くはない内臓というのは あまり関係することはありませんが弱い内臓というのは多くの疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まってしまうと 背骨の歪み首の骨のズレにつながっていきます。

これが肩こりになる原因です。

肩こりというのは背骨の骨や首の骨がずれたり歪んだりすることで筋肉は骨から骨にくっついていますので歪みを起こせば引っ張られたり はったり緊張したりということが起こりますからこれが肩こりです。

しかし内臓疲労から背骨や首の骨が歪んだりずれたりすると説明しましたが 雷蔵に多くの疲れやストレスが溜まってしまうとただそれだけではすみません。

弱い内臓に疲れやすレスが貯まれば貯まるほど 溜め込むことができますので溜め込んでしまえば 内臓は 老化が急速に進んでいきます。

時間も急速に進むのは弱い内臓などで弱い内臓が急速に老化が進めば進むほど最終的には病気に近づいていきます。

しかし病気と言っているわけではなく病気に近づこうとしているということなので 説明をしていきます。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりば貯まるほど老化が急速に起きていきますので 廊下が起きて行って最終形態が病気というわけですが老化して行ったり悪くなることも半年や一年や2年や3年で悪くなるものではなく 5年も10年も20年もかけながら悪くなっていきます。

10年以上かけながら病気に進行していくので10年以上前から肩こりが起きているということがあります。

例えばですけど逆算してみて今現在病気のほうでしたら 今現在から10年や20年遡った時の症状を振り返ってみればわかると思いますが 何か思い当たる節があるかも分かりません。

人の体というのは全てに関係していますので関係がないものは起きることはありませんから関係がない痛みが凝りは起きていません。

肩こりと言っても全てに関係してしまっていますので1稼いで肩こりだろうとか時々起きる肩こりだろうと思うことなくすべてを関係付けて考えていく必要があります。

最近は多くの方が眠りができていない方が多くなっていますので眠りができていない方は先将来脳の病気や精神的な病気を患いやすいということが考えられています。

昔の睡眠というのは不眠症ということで説明していくと 寝ようとすると眠れなかったり寝つきが悪くなっていたり夜中に何回も目を覚ましたり夢ばかり見たりということで不眠症状態でした。

しかし最近の 眠りの問題を持っている方は 夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていることです。

どれくらい深く寝ているかということは脳が関係していますので脳が寝ていないと内臓も休養をとることができません。

24時間365日働きぱなしということもあります。

どんなことをしている場合は 脳疲労が強く起きてしまって内臓疲労を起こしながら睡眠負債状態になりますので睡眠負債状態が多くなればなるほど脳細胞の減りが早く認知症やボケになっていきます。

眠りが浅いという方は自分で気が付かない状態でも起きている方が多くいますので可能性として精神疾患になるか認知症になるかということの判断を問うことになります。

最近は多くの形が寝不足状態で睡眠負債状態ですから 自分で家臣をしないで当院の院長は検査をしてみたり頭を触ることで眠れている頭なのかということがわかります。

眠れていないということは脳麻痺が起きていますのでノーひまわりがを切れば切るほど痛みやコリを感じなくなって鈍感になっていきます。

ですから桐蔭でも時々ありますが委員長が検査してみて体調がすごく悪いと判断したのに本人は元気だと思ってきましたとか言う、とんちんかんがいますが、 背骨と骨盤を検査してもひどい状態で歪んでいたりずれていたりする人いるので当然体調が悪いわけですけど。

そういうことさえも分からなくなっている方が時々います。

 

小倉北区で 肩こり を楽にしていくことをしています。

Follow me!