腰痛を楽にして行く為に

腰痛 を楽に行くためには 腰の痛みを楽にしたら 原因になっているものを見つけていかなければ根本的には腰痛を 直しているということは言えません。

腰痛はどうして起きるのかという原因がありますので対処療法ばかりして腰痛を治したと思って いるばかりしていると原因はどんどん進行していきます。

腰痛に苦しむ姿は多くいますがほとんどの腰痛の治療というのは対症療法という治療が多くあります。

対症療法というのは原因は関係なくまた原因を見つけることもなく痛みがあるところに湿布を貼ったりマッサージをしたりする 解消法です。

腰痛起こしているまたまた繰り返しやすい方は原因があって腰の痛みになっていますのでその原因を見つけるようにしないと 原因もいつまでも同じままではいません。

腰痛というのは原因がありますから原因が どんどん進行して年齢以上に悪化したものが先将来、大変なことになっていきます。

腰痛や腰の痛みが起きるのは

腰痛や腰の痛みが起きるのは原因があって起きていますのでその原因から見つけて改善していくようにしなければいけません。

しかし腰が痛くなる前にはあることが起きています。

あることというのは骨盤の歪みや骨盤の開きや骨盤が不安定になっているという現象です。

骨盤が不安定になっている時に重たいものなどを持つと腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤が不安定になっている時に集合しようして立とうとした時に腰が痛くなって体が伸ばせなくなって 腰痛になります。

骨盤が不安定になっている時に 庭仕事をして座っていると腰が痛くなったり立とうとしたら体をまっすぐ伸ばせなくなったりして 腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤が安定していない時に 同じ姿勢を長くしたりして腰が痛くなります。

骨盤が不安定な時に くしゃみをしただけでも腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤が不安定状態の時に あぐらや横座りをしただけでも腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤が安定しない時に 靴下を履こうとしても腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤が不安定な時に 車の運転を長時間しても座っているだけでも腰が痛くなって腰痛になります。

主には骨盤の不安定性が原因ですが 骨盤が不安定な時に 何かをしたのがきっかけという感じで腰痛は起きてしまいます。

腰痛の原因は

腰痛の原因はどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて骨盤が不安定になるのかというのに原因がありますからその原因を見つけていく必要があります。

どうして骨盤が不安定になって安定しないのかということになりますがその原因は筋肉バランスにあります。

骨盤に一番影響する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉ですがこの筋肉のバランスが悪くなったなったために骨盤が開いたり骨盤が歪んだりという現象が起きていきます。

しかしどうして大腰筋腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなるのか。

何も原因がなくて大腰筋、腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなることはありませんので何かの原因が隠れているということになります。

この原因はでは見つけて改善していかないと腰痛は繰り返しやすく原因もいつまでも同じままではいられませんので年齢以上に進行したものが先将来大変なことになるということを言っています。

腰痛を起こす方は しっかりとした原因があって起きているということです。

一時抑えばかりをしていると原因も進行していきます。

筋肉バランスが悪くなる原因

大腰筋と腸骨筋のバランスが悪くなる原因は 普通一般的に我々は簡単に入ってしまっているのが原因なんですがそれは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは 疲れてきたとかストレスが溜まったとか簡単に使っていますがこの疲れやストレスというのはどういうことなのでしょうか。

体にストレスが溜まった。

体が疲れてきた。

この疲れやストレスは体に多く溜まっていきますが 筋肉にはたまりながら多くは内臓に溜まっていきます。

つまり内臓疲労が 筋肉バランスを狂わせてしまって腰痛を起こす原因なんです。

では内臓と言っても色々な内臓がありますので一番腰痛に関係しやすい内臓をは腎臓です。

腎臓疲労が起きれば起きるほど腎臓が腫れて炎症を起こしていきますので腎臓が弱ってくるという現象になりますから腎臓が弱ることが原因で大腰筋腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなってしまって骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしてしまって骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったりしたら腰が痛くなって腰痛になります。

腰痛の方を治療して行く時には 腎臓の働きを確認しなければいけませんが腎臓の働きだけではなくまずは骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことをしなければいけません。

骨盤を安定させることができたら大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスも検査してみなければいけません。

筋肉バランスが解消できたら腎臓機能を上げて腎臓を改善していくことをしていきます。

しかしどうして腎臓に疲れやストレスが溜まっていくのかということも原因になります。

腎臓に多くの疲れやストレスが溜まる時には 原因があります。

人の体には 弱い内臓とそうでもない内臓というのがあります。

普通一般的に言われる内臓と言うと強いというイメージがあると思いますが強い方はいません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく 弱い内臓をいじめることで体の内部から歪みが起きて腰痛になっていきます。

内臓的にそうでもない内臓はあまり症状を起こしていくこともない将来、心配は要りませんが弱い内臓というのは疲れやストレスを溜め安く蓄積して多くなっていくと老化が急速に起こっています。

この老化が進んだものが病気の最終形態です。

つまり腰痛というのは先将来腎臓の病気になりそうな方が起こしているというのが現実です。

老化現象から腰痛に

体には何も原因がなくて腰痛や腰の痛みなどが起きるわけではなくしっかりとした原因がありますが病院に行かれてもいくら検査をしても病気になっていない限りはまだ完成していない限りは分かりません。

病院というところは病気として完成したら検査してみると異常が見つかるところでどうですから尿検査や血液検査やレントゲン検査というのは病気を見つける専門家の先生がしているので病気として完成していない限りはいくら検査をしても分かりませんし完成間近でやっと数値の異常が出ている状態です。

病気として完成しているのを待つだけではなくならないように進行を遅らせるようにしていくのが当院でやっている体質改善という治療です。

体質改善という治療はアンチエイジングの治療であり若返りの治療ですが簡単に行ってできるものではありません。

しかも短期間で体質改善の治療ができることはありませんので体質改善の治療に進むだけでも数回以上はかかります。

体質改善の治療に進むためにはまずは体調を上げて骨盤の歪みや骨盤のズレなどを改善できるようになってからですから数回かかってしまうのは当然です。

体質改善の治療というのは細胞レベルから帰ることができるので筋肉をバランスを整えるというよりも筋肉を直して行ったり腎臓の細胞を少しずつでも改善することをしています。

例えばですけど腎臓が硬くなっているとしたら腎臓の細胞をやらかくすることができれば腎臓が柔らかくなったぶんだけ、よく働いてくれます。

柔らかくなったぶんだけ先将来の進行が遅れて行ったりすることが見受けられます

 

 

小倉北区で 腰痛 を楽にしていくなら 30年の 実績があるカイロプラクティック徳力整体院。

Follow me!