肩こりを楽にしていくためには

肩こり を楽にしていくためには肩こりの原因になっている ものから改善して見つけていくことをしなければいけません。

肩こりを楽にしていくためには

肩こりというのは筋肉のこりというイメージが強いために 筋肉のコリばかりほぐして楽にして肩こりを治したと思っている専門家の先生もいますので 筋肉のこりが本当に起きているのか肩こりが筋肉のこりだけで起きているのかということも検査してみないと 治療を進めることができません。

肩こりには肩こりになっている原因がありますので原因から見つけないといけませんがそのためには検査することで 筋肉のコリつまり僧帽筋という筋肉の肩こりが起きているのかということを見つけなければ肩こりの治療を進めることができません。

当院では30年の整体とカイロプラクティックの 歴史がありますから 検査することを 研究して 精度を高めるようにして 肩こりの原因を見つけることをしています。

検査と言うと病院の尿検査や血液検査やレントゲン検査というのが思い当たると思いますがそういう検査ではありません。

病院で行う検査は病気の検査ですから肩こりの検査でもないし病院で行う検査は病気を判明する検査ですからもし検査をすることで陽性反応があって異常が出ていれば病気になっているという意味の検査です。

当院ではそういう検査をしているわけではありませんので検査をしてみると筋肉のコリがあるのか本当に筋肉のこりだけなのかということをを検査するということで肩こりの 治療をしていきます。

筋肉以外の肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリつまり僧帽筋のコリもありますが 僧帽筋のコリ以外で起きる肩こりも多くありますので肩こりの中でも100%中98%の方が筋肉以外で起きている肩こりでした。

筋肉以外で起きる肩こりというのは大変多くの方に起きている肩こりの原因になっているものなのでその原因を見つけていくためには筋肉のこりからほぐしてその先に何があるのか、ないのかということを見つけるようにしています。

一つ一つ解消して改善していかないとその先のものは見えても来ないし分かりませんのでまずは筋肉のこりからほぐして その先にあるものを見つけて行くようにしていく治療をしています。

筋肉のコリ以外で起きる肩こり

筋肉の凝り以外で起きる肩こりが多くあると説明したように筋肉の凝り以外で肩こりが起きていますので それを見つけなければいけません。

そのために 関係する背骨の歪みはずれをチェックすることをしています。

背骨の歪みは何というのは 誰でも起きているものなので特別なものではなく当然として起こる理由があります。

背骨の歪みは何も何かの原因があって起きていますのでその原因を見つけていくことが背骨のズレと歪みを矯正することにもなります。

何も原因がなくて中枢神経系を守っている背骨などが歪んだりずれたりすることはありませんので何かの原因があって中枢神経系を守っている背骨がずれや歪みを起こしているということになりますから。

どうして肩こりを起こす背骨がずれたり歪んだり?

背骨の歪みは何というのは特別なものではなく誰でも普通に起きているものですがそれが硬くになっているのかということがあります。

程度においては歪みは何があっても肩こりを感じていないという場合も多くはあり いつも背骨の歪みはずれは変化しているものなので ひどくなったり軽くなったり悪化したりということで日々違います。

この日々違う原因は体にあるものが溜まったのが原因です。

体にたまるあるものというのは疲れやストレスです

体に溜まる疲れやストレスというのは誰でもあるものですが生活している限り生きている限り仕事をしている限り 色々な疲れやストレスがある子ドキッとすることも疲れやストレスになりますし精神的なプレッシャーでも疲れやストレスは起きてしまいますのでこの疲れやストレスがある部分に溜まることが最大の原因です。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが筋肉異常に溜まるのがある部分なんです。

筋肉に溜まる疲れやストレスというのは 軽いものでしかなく ある部分に溜まるのがそれの数倍から数十倍以上の疲れやストレスになります。

疲れやストレスの蓄積が

疲れやストレスの蓄積というのは、ある部分にたまるって説明したようにある部分というのは内臓です。

内臓と言っても病気ではありませんので何でもかんでも内蔵と聞いただけで病気と考えるのは、また結びつけるのは違います。

内臓に多くの疲れやストレスを溜まることが原因で背骨の歪みは何が起きて行きます。

背骨の歪みは何が起きることで筋肉は緊張したり疲れたりしてリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まっていて循環が悪くなります。

背骨の歪みやずれは誰でも起きているものですが肩こりになっているかなっていないか腰痛になっているか腰痛になっていないか他の原因があるのかということの違いなります。

疲れやストレスというのは大変多く 体に蓄積していますので内臓にたまれば溜まるほど際限なく限界なく溜まっていくのが疲れやストレスです。

内臓に溜まっていくことが多くなればなるほど背骨の歪みは何が起きて行きます。

これを肩こりとして

肩こりというのは内臓疲労から起きるものなので内臓の 働きを弱めてしまって内臓が腫れたり炎症を起こしたりということが考えられます。

内臓が弱ったり疲れたりすることではだけではなく炎症を起こしたり腫れたりということで 色々な問題を起こして行くので背骨の歪みはずれだけではありません。

最近は多くの方が肩こりを起こしていますが肩こりが起きている方は 色々な症状を感じている場合が多くあります。

胃のもたれ、胃のむかつき、嚥下困難や飲み込みづらさ、 咳、呼吸困難、息苦しさ動悸、不整脈、胸元の痛み などが起こりやすい症状です。

内臓の弱りから

これらの症状に関係する内臓が弱っていることで肩こりになっているのが伺えます。

内臓が弱ってくると色々な症状を感じたり内臓が弱っていることで色々な体調の悪さ起こしていくのが内臓なんですが内臓の疲れやストレスというのは検査することも判断することも見た目で見て 治療することもできません。

病院でも体調の検査というものはありませんし病気の検査をしているので体調というのもありません。

当院では30年の経験から30年間研究して臨床を踏まえた上で色々な検査ができるようになっていますので検査することで本当に肩こりがどこから起きているのかということを見つけることがまたは探ることをしています。

しかし最近多くの方が眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅いと脳疲労が起きて行きます脳疲労が多くなると 睡眠負債という状態になりますので睡眠負債が起きると心臓や肺は 弱っていきます。

弱るのよは心臓や肺だけではありません全ての内臓が脳疲労が起きて弱っていくのは当然ですから。

そうするとあちらこちらの背骨がズレたり歪んだりということがいますが多くの方は眠りが浅い方ですが眠りが浅いということも分かっていないぐらい脳疲労が強くなっている方もいます。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

昔でしたら寝つきが悪かったり1時間も2時間も眠れなかったり夜中に目が覚めたら23時間も眠れないという不眠症の方がいましたが今の不眠症の方は夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている不眠症の方です。

夢を見ている時には 目が覚めた瞬間に何か夢を見ていたなという記憶が残っていますが寝ながら考え事をしていると睡眠が多くなりますので寝ながら考え事してると睡眠が一番最悪の睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは寝ていますから自分ではわからない場合も多くありますし目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしている睡眠をしてたという記憶が残らなくなります。

そのため多くの方が 眠れていると思っています。

本当に眠りができている方は肩なんかコリません。

本当に眠りができている方は 風邪をひかない限りは時々急に咳き込むことはありません。

本当に眠りができている方は 時々急に胸の辺りが痛くなったりすることはありません。

 

小倉北区で 肩こり を楽にしてることをしていま

Follow me!