顔が小さくなる小顔矯正

当院では人気がある評判の良い小顔矯正をしています。

当院では初回は顔を触って小顔矯正をしていきますが2回目から 全体的に体を整えていくことで顔を小さくしていく小顔矯正をしていきます。

小顔矯正と言ってもただ顔を小さくすれば良いというわけではありません。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたがほとんどの方に全員と言っていいほど体調がすごく悪く体調が悪いと持続時間も短くなったり効果が現れなかったりすることもありましたけど全員の方を最終的には顔を小さくすることができました。

小顔矯正をする時に体調がすごく関係しますので体調唐揚げて整えていくことをしないと持続時間は減りますし維持する力がありませんからこれだけははっきりしておきます。

体調が悪いということは体に多くの疲れやストレスが溜まっていることを言いますけどその疲れやストレスが一般的にはたまったという風に簡単に言いますが疲れやストレスはどこにたまるのかということを知ってる方は少ないと思います。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは大変多くの方に限界なく際限なく無限大に溜まっている場合が多くありますので無限大までまた際限なく溜まった状態のことを奈落の底という風に説明をしていますが最近多くの方が奈落の底のような体調を示しています。

奈落の底のような体調をしている方が来られると多くの場合、体調を上げるよりもまずは小顔矯正という方が多くいますけどそんな状態で小顔矯正をしても効果が出にくいし維持する力もないしという風に思いますが当院では希望の小顔矯正をしていきます。

当院の小顔矯正は小顔矯正というよりも顔の治療をすることで小顔矯正をしていきます。

検査する

当院では検査することができますので検査すると顔の部分に異常がある方が多くいます。

検査することでわかることですが見た目見てわかるものではありませんけど検査すると特に顎のラインの異常を示している方が多くいますので、この異常を矯正して整えていくと顔が細くなって顎のラインがすっきりしてきます。

顔の異常のある部分を解消していくので小顔矯正よりも小顔の治療というように思っています。

遠いの検査は顔の異常のある部分や歪みやズレのある部分を見つけることができる検査なので検査してみると見た目見てわからなくても痛みやコリがなくても何かの症状がなくても顔には異常を示している場合が多くあります。

顔の異常というのは

では顔の異常というのはどういうことなのかということを説明していきたいと思っています。

顔の異常というのは皮膚や筋肉や皮下脂肪や神経血管リンパなども関係して骨までが腫れたり炎症を起こしたりということが起きているということです。

特に多くの方が顎のラインはホホ骨の辺りまで炎症を起こしたり腫れたりしている場合が多くありますのでそれらを矯正して整えていくことで顔が小さくなってすっきりしていきます。

顔を小さくする矯正は

遠いんでしている顔を小さくする矯正はボキボキしたりすることもなく強くもなく痛くもなく顔を無理に押さえつけたりする矯正ではありませんので安心安全な小顔矯正をしています。

ではどういう風にして小顔矯正をするのかと言うと顔をマッサージするようにしたり顔を揉んでいるだけで顔が小さくなっていきます。

しかしマッサージをして顔の炎症や腫れがある部分が矯正できるか解消できるかと言うとそうではありませんのでマッサージではありません。

顔の炎症や腫れがある部分を矯正することで腫れや炎症が解消されていきますので解消されればされるだけ顔がほっそりして顎のラインがすっきりしてきます。

顔の炎症や腫れ

顔の炎症や腫れというのは大変多くの方に起きていますがこれがどうして起きるのかという理由があります。

顔の炎症で腫れというのは疲れやストレスの蓄積でも起きてしまいますし眠りが浅かったり睡眠負債が多くなればなるほど顔が腫れ炎症が起きて行きます。

ですからただ顔の炎症や腫れを解消すれば良いというわけではありませんし体調を上げて整えていうことをしなければいけませんし眠れていなければまた夜に寝て朝まで目が覚めないから寝ていると思うわけではなく本当に眠りができているのかということを検査して探ってみる必要があります。

最近は多くの方が眠れていません

最近は多くの方が寝ていると思っている勘違いが多くなっています。

眠りというのは脳から寝ている睡眠のことを言いますのでただ寝ていればいいというわけではなく脳から眠らないと眠れていません。

最近多くの方が夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますが昔でしたら寝つきが悪かったり夜中に何回か目が覚めてしまったり夜中に冷めたら1時間も2時間も眠れないという方ばかりでしたが最近多くの方の睡眠は夜に寝たら朝まで目が覚めないけど寝ながら考え事をしている時睡眠になっています。

眠りができていないと

寝ながら考え事してる睡眠というのが最悪の睡眠ですからほとんど眠れていません。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠というのは妄想に近い睡眠なので夢よりも浅く脳が休めていないのに横になってスースーグーグー寝息を立てているという状態になっています。

眠りができていない方はあくびが出ることが少なく 寝る前もあくびが出ないし起きてからもあくびがあんまりできてません。

あくびが出るということは眠れているから でないではありませんのでハイテンションになればなるほどあくびが出ません。

最近多くの方が ハイテンション になっていますので朝目が覚めたらパッと素早く動くことができますからこの状態のことをはいてんしょになっていると言います。

配点一緒になっている方ほど元気そうなので健康で元気だ風邪も引かないと言うに思い込んでしまっていますが大きな間違いです。

眠りが浅くて早いほど内臓は疲労していきますけど、その疲労は感じることもできないし脳疲労から起きるゆがみ何も感じることができませんから脳疲労というのは大変、怖いものがあります。

小倉北区で評判の良い小顔矯正をしています。

当院は検索キーワードでも人気があって「小倉北区 小顔矯正」や『小顔矯正 小倉北区』でも上位に表示されています。