肩こり

つらい肩コリを楽にしていたためには肩こりの原因になっているものから見つけていく ことをしていかないと繰り返しやすくを取りやすく 肩こりを感じていない時でも原因は進行していきます。

肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強いために 筋肉のコリばかり解消して 肩こりが楽になったと 言うことの治療が多いようですから 当院の院長は30年の肩こり を解消する 治療をしていますが 筋肉のコリだけほぐしても肩こりが 楽になったような感じを与えることができるということが分かっています。

確かに肩こりと言うと筋肉のコリや緊張もありますけど筋肉の緊張薬だけで起きている肩こりというのは大変少なく それ以外のものが重なっている状態で 肩こりを起こしている場合が多くあります。

肩こりを楽にしようと思う治療というのは大変多くありますけど湿布を貼ったりして肩こりが楽になる場合もあれば 家族の方に肩を揉んでもらって楽になることもありますし マッサージをしたりして肩こりを解消しようと思う方もいらっしゃいますが そして電気治療器や低周波治療器などをして肩こりを楽にすることもあります。

肩こりを病院でも

病院などでも 注射やブロック注射などを打って肩こりを楽にすることもあります。

しかし原因を見つけることなく肩こりを楽にしようとする方法は対症療法という方法です

対症療法というのは一番簡単で 考えることもなく 肩こりを感じている部分に何かをすることをして 楽にする方法です。

しかし人の体というものは 何かが起きる時には 体の中に何かの異常が起きていると思うようにして欲しいのですが ここまで 見つけることができない方が 対症療法をしている場合が多くありますので対処療法して本当の治療を遅らせる結果になってしまっています。

世の中には対症療法の治療がいっぱいありますので最近は肩こりを解消するというサプリメントや栄養剤や薬まで売られている始末ですから 本当の原因はどんどん改善していくのに遠のいているのが現状です。

肩こりの原因

肩こりの原因というのは見つけることも検査することも 簡単ではありませんので 病院の検査でわかることは病気になってからの検査でしか分かりませんのでいくら陽性反応が 出るか出ないかということよりも 肩こりの原因を見つけていくことをしないと 肩こりは良くなっていきません。

肩こりを楽にすることと肩こりを治すということは全然意味が違います。

肩こりを起こしている原因がどこかに あるわけですけどその原因を見つけることは簡単ではないので 誰でも見つけられるものではありませんから対症療法ばかりして肩こりを治したと思っている方の専門家の先生もいます。

当院では検査することをしています。

検査する技術

当院の院長は30年間以上磨いてきた検査する技術を有していますので検査することで色々なものが判断することができますが一度に判断できるものは一つに限られています。

30年間以上をいつも臨床で使いながら精度を高めたりすることで色々なものが分かってきていますので 筋肉を触って検査するだけで本当にこりが起きているのかということまでわかるようになっています。

筋肉のコリがあっても本当にその筋肉のコリが肩こりを感じている原因なのかということまで見つけて行きます。

肩のコリは

肩こりの 原因は どうして筋肉のコリや緊張が起きたのかという原因がありますのでその理由を探ってみると背骨の歪みや首の骨のズレというのに突き当たります。

歪みやズレが起きることで筋肉は骨から骨にくっついているので 骨が歪みやズレを起こすことで筋肉が引っ張られたり緊張したりするということが起こります。

筋肉を使いすぎていると筋肉が収縮して短くなりますので短くなったぶんだけ骨を引っ張ってしまうという可能性もあるにはありますがこれは大変少ないようです。

多くの筋肉の緊張やこりというのは 背骨の歪みから起きていますので 歪みを矯正して整えることで筋肉の緊張やこりは改善していきます。

背骨の歪みやズレは

しかし背骨の歪みやズレはどうして起きるのか 姿勢が悪いから起きるのか 色々な背骨の歪みやズレがありますがこれらも起こるべきして起きています。

何も理由がなくて 中枢神経系や脊髄を守っている背骨がずれたりしたら大変なことが起こりますので姿勢などで起きるものではなく 体に溜まったあるものが原因で歪みになっていきます。

この体に溜まったあるものとは疲れやストレスです。

疲れやストレスも多くなればなるほどどんどん限界なく溜まっていくことができますので貯まれば貯まるほど背骨の歪みが大きくなっていきます。

背骨の歪みやズレは

背骨の歪みやズレは 疲れやストレスの蓄積と言いましたがこの疲れやストレスがどこにたまるのかということは最終的に肩こりを起こしている原因になります。

よく人は疲れが溜まったとかストレスが溜まった後簡単に言いますけどその疲れやストレスがどこにたまるのかということまで考えようともしません。

疲れやストレスが多くなればなるほど限界なく溜まっていきますので限界なく貯まれば貯まるほどその内臓は早く急速に老化してしまって病気に近づこうとしていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのも簡単に考えるわけにはいきませんので 体の中のどこにたまるのかということを追求していかなければいけませんが多くの場合は内臓に疲れやストレスが溜まっていきます。

しかし内臓と言っても病気ではありませんので注意して下さい内臓に疲れやストレスが溜まるということを言っていますのでそこ何でもかんでも内臓の病気というのを結びつけて考えるのは良くありません。

内臓に疲れやすレスが溜まることが多くなればなるほど背骨の歪みが起きて筋肉のコリや緊張が起きて肩こりを起こしていきます。

弱い部分

しかし疲れやストレスというのは たまりやすいところとたまりにくいところというのがあります。

疲れやストレスというのは内臓の弱い部分に溜まってきますので弱い部分に貯まれば貯まるほど歪みが大きくなっていきます。

人によっては悪化しすぎて椎間板ヘルニアまで起きていることもあります。

疲れやストレスは内臓に溜まって行くと言いましたけど肩こりに関係する内臓というのは心臓や肺、横隔膜、肝臓などが主な原因になります。

ですから肩こりの方は動悸や息切れや不整脈や時々胸元が痛くなったり呼吸がしづらいとかいうことがあったりため息が多くなるのが 起きやすくなります。

コリを改善するためには

肩こりというのは 内臓の弱い部分に多く疲れやストレスが溜まったことから背骨の歪みが起きて背骨の歪みが起きれば筋肉は緊張したり引っ張られたりしてこりを起こし肩こりになるというのが肩こりの状態です。

弱い内臓に疲れやすレスがたまるということを言いましたけど弱い内臓は年齢を重ねればさらに弱っていきますので終われば老化が急速に早くなりますから早くなればなるほど病気になりやすくなっていきます。

病気になっていくのを待っているだけではなく自分から積極的に動いて 弱い内臓を強くする方法があります。

簡単な方法ではありませんが少しづつずつでも 変えることができます。

この方法のことを体質改善と言います

体質改善という方法はアンチエイジングの方法であり若返りの方法です。

しかし体質改善の治療は初回からはできませんので体調が上がって安定した状態を数回で作った後にできる治療になります。

まず何よりも肩コリを楽にしていかなければいけませんので肩こりを色々な面から楽にする治療のことを体調を上げる治療と言います。

体調が上がって安定した時に対してタイでの治療ができるのかということがありますが風邪をひいていたり疲れやストレスがあったり眠りが浅かったりして脳疲労が起きていたりすると体質改善の治療はできません。

最近多くの方が 眠れていません

最近は多くの方が眠りが浅く 夢を見るというよりも夜に寝たら朝まで起きない睡眠が多くなっています。

夜中に何回も目を覚ましたりすることなく夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

眠りが浅い方は頭を触ればわかりますが頭が固く張っていたり ブヨブヨしていたりします。

人においては表面上はぶよぶよしてるけど ぶよぶよの奥底は非常に硬く頭が張っている硬くなっているという方もいます。

頭が硬くなればなるほど 脳細胞の減りは早く急激に脳の細胞が減って行って戻ることはありません。

脳細胞の減りが急速に年齢以上に早くなればどういう風になるかということは推測がつくと思います。