初回から顔が小さくなる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正が評判の良い人気のある ことでも知られています。

当院の小顔矯正は痛くもなくボキボキもしないし顔を無理に押さえつけたりすることもなく 顔が小さくなっていく小顔矯正をしています。

当院で小顔矯正をしていくときに 小顔矯正を始める前に50本の手で顔の大きさや顔の形を覚えてもらうようにしていますので一番はこれが特徴です。

小顔矯正をする前に小顔矯正をした後と小顔矯正をする前の顔の大きさの変化が自分の手で分かるようにしています。

しかしこれは多くの方が簡単に考えて触っていますが簡単なことではありませんのでじっくり手のひらで自分の顔の大きさや形を感じながら触るようにしてください。

後で顔が小さくなったのにわからないということがないようにして欲しいところですが たまに簡単に触ってしまっている方ほど顔をどんなに小さくしてもわからないということが時々あります。

こういうことがないように小顔矯正は触る時にはしっかりと指導をしていますが 完全に顔がわかるという方は 100人中95%の方が分かりますが 5%の方が顔をどんなに小さくしてもわからないという方もいます。

他の方が顔が小さくなったのにご自分がわからないということは大変なことなんですが同じ触り方をしてもわからないかは分からないようです。

顔を触る時に

これには一つの原因があります一番 顔の大きさを把握できない原因は脳疲労にありますので脳疲労を治して行かない限りは顔の大きさをどんなに変えても分かりにくく 顔が小さくなったということが 目で見てもわからないかと思います。

当院で小顔矯正に訪れる方は検査することをしていますので検査をしてみると 体調の状態や歪みの状態や色々な状態が検査でわかることをができますので 調べてみると 体調が異常に悪く奈落の底のような体調や無限大までをしているという状態の方もいらっしゃいます。

奈落の底のような体調や現代まで落ちている体調というのは眠りが浅く寝ているつもりでも夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている睡眠という感じが多くなっている方です。

多くの方が 夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

夜に目をつぶって朝まで目が覚めなかったら寝ているかと言うとそうではありません。

夜に寝ながら考え事をしているという睡眠の方が異常に多くなっているのが現状なので小顔矯正に訪れたかも 眠りというのは脳の状態の問題を起こしていきますから脳というのはすごく深く関係があります。

小顔矯正に訪れた方の中でよく言われる言葉がありますが院長が検査をしてすごく体調が悪いですとか言うと体調が良いと思って きましたということがありますので院長の検査の方が正確です。

痛みやコリが起きている状態でも感じない

痛みやコリや歪みやズレが起きている時には脳の力で起こしていますので脳疲労が強いと痛みもないし歪みもつれも 反応が薄く椎間板ヘルニアがあるぐらい落としていてもその痛みさえも感じない方も多くなっています。

この眠りしかできない 方のことを睡眠負債と言いますので睡眠負債というのは大変恐ろしいことです。

睡眠負債があればまた多くなればなるほど脳疲労も強く起きていきますので脳疲労が起きていくと脳細胞もそのままでは ないからです。

脳疲労どころではなくてまたは脳衰弱でもなくてもっと脳細胞が減って減少していきますので減少していくと眠りも浅く寝ているつもりでも眠れていません。

脳疲労や脳衰弱が多くなると 記憶の問題のトラブルを起こしたりうっかりが多くなったり物忘れが多くなったりして脳細胞がどんどん減少していきますので検証して減少した状態では認知障害を起こす可能性や精神疾患になる可能性が多くなるからです。

痛みやコリがわからなくなったり風邪をひかなくなったりするということは大変なことが起きていると思った方がいいと思いますので体が強くなったと思わないでください。

風邪をひくときにも脳の力で元気だから最近ウイルスが入ってきたら熱をあげたり咳やくしゃみや鼻水で細菌やウイルスを出そうとしていますので細菌やウイルスが体内に入って増殖したからといって、 脳疲労が強くあると 熱が上がることはありません。

どんなに細菌やウイルスが体内で増殖しようとも 高熱をあげることもないし 何も起こさないということはテレビなので 専門の先生が出て喋っているのを見たことがあると思います。

小顔矯正でも検査する

当院では小顔矯正できた方でも 検査することをしています。

顔の検査というのも大変、変な話なんですが顔の検査をして顔の異常のある部分を見つけていくようにしていますので多くの方が顔を2以上を持っていますのでその異常を矯正して整えていくと特に顎のラインなどがすっきりして細く引き締まって行きます。

多くの方が顔に異常を持っていますので特に顎のラインは骨や皮膚や筋肉や靭帯などが炎症を起こしたり脂肪が腫れているという方も多くいますのでそれらを矯正することで整えていくことができますから整えて行けば行くほど顔が小さくなってすっきりしていきます。

顔の異常というのは大変多くの方に起きていますので今まで100%全員の方が何らかの顔の異常を持っていましたので、その異常を整えて矯正していくだけでも顔が小さくなったり顎のラインが細くすっきりするという小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときに

当院では小顔矯正をしている時に痛くもなくボキボキしたりしない日を再生たりすることもなく強くもない小顔矯正をしています。

東院小顔矯正の目的は小顔矯正というよりも小顔治療ということになりますので顔の異常のある部分を見つけて検査することで判断をして 矯正していくことをしていますので小顔矯正というよりも小顔の治療ということの方が正しいと思います。

当院では本当に一風変わった小顔矯正をしていますので 院長が顔を触って顔を揉んだり顔を少し押したりして 小顔矯正をしていきますので 治療に入る前には何回も顔を触って覚えてもらうようにしています。

小顔矯正に入る前に話を聞いている時に顔を触って覚えてもらうようにして触り方を 指導して覚えてもらいますのでまた小顔矯正に入る前にうえ向きでベッドに寝た時にまたそこでも顔を触って覚えてもらってこういう風に触るんだということを 指導します。

そして 小顔矯正に入りますが 1分か2分ぐらいで院長の 手で顔をマッサージしていきますので顔が少しずつ変わって小さくなった時にもう一度顔を触ってみてくださいと言いますのでその時には顔が小さくなって顎のラインなどが細くすっきりしています。

そしてそれからさらに顔を触ってマッサージするようにして顔を整えて行って細くすっきりしていくようにしています。

顔を小さくする矯正は

顔を小さくする小顔矯正をして行く時には何回も言いますけど痛くもなく強くもなく顔を押さえつけたり無理な治療ではありませんので 顔を軽くマッサージするような感覚で顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院では顔を無理に押さえつけたりすることなく顔を小さくすることができるテクニックを院長は有していますので 小顔矯正の専門家ですから痛くもなく強くもなく顔を無理に押さえつけたりすることもなく顔の形を小さくする技術を持っています。

矯正をする時にも検査が大事

小顔矯正をしていくときに院長が検査と同時に 顔を触って 押したり揉んだりしている部分というのは異常がある部分ですから異常がある部分を見つけるのは早く検査してるように見えないかも分かりませんが正確な検査を一瞬でするようにしています。

検査することが早いため検査しているように見えないと思いますけど実際に一丁がしばらく 同じところを揉んだりマッサージしたりするようにしている部分というのは異常がある部分です。

異常がある部分を矯正することで整えていく治療なので自然で 初回から顔が小さくなります。

無理な小顔矯正をするとどんなに顔が小さくなることができたとしてもを取りやすくなっていきます。

しかし当院の小顔矯正ももどりはありますがこの戻りの原因は体の状態にありますので体から整えていくこともしないと顔と体というのは大きな関係があります。

どんなにいい小顔矯正をして顔を小さくしたとしても体に疲れやストレスや 歪みやズレが起きていたりすると戻るのは当然だと思いますからそれらを解消していくようにしたいとも思っています。

小顔矯正 をしている時には痛くない方法で 小顔矯正をしていきますので小倉北区からでも多くの方が当院を訪れています。

二通りの小顔矯正

当院では小顔矯正をして行く時には 二つの小顔矯正があります 一つ目の小顔矯正は体調をあげて体を整えたり歪みを解消したり疲れやストレスを軽くしたりして顔が小さくなる小顔矯正と 体質改善と言う 特殊な治療で顔を小さくして維持する力や体を強くしていく若返りのことを若返りの治療ができる 小顔矯正です。

体質改善という治療はアンチエイジングであり若返りの治療になりますので初回からはできません。