頭痛を楽にする ためには

頭痛を楽にするためには痛み止めの頭痛薬などを使っても構いませんが原因がありますので原因から改善していくようにしないと頭痛の原因はどんどんそのままではいませんので 進行していて頭痛が起きない時でも治ったわけではなく原因は残ったままになっていますので。

頭痛薬を使って頭痛を改善するようにしていても頭痛薬と言うのは一時的に頭痛を抑えているだけなので根本的には原因が残ったままになっていますので頭痛薬を使っても構いませんがどうして頭痛が起きているのかということを探っていく必要があります。

頭痛が起きる時には頭痛が起きている条件があって頭痛になっていますのでその頭痛が起きる条件と言うのが一番の原因になっている場合が多いようです。

頭痛が起きる時には

頭痛が起きる時には体調が落ちて悪くなっていることが原因の一つとして挙げられます。

体調が落ちていなくて頭痛が起きているということはもう何らかの病気になっている場合が多くありますので 病気になっていないならば何かの状態が起きていると考えなければいけません。

頭痛が起きやすい方は病院に行って検査している方も多く 来院 していますけどほとんどが病気ではなく原因不明という状態で病院の治療を受けていない場合が多いようです。

頭痛の方が100人来て病気の場合は1割以下の場合が多いようですので頭痛の原因はしっかりとした原因がありますが病院ではわからない状態が多くあります。

病気になる時も0から100に一気になることはありません。

病気になる前でしたら頭痛と言うのは病院に行ってもいくら検査をしても分からない場合が多くありますので当院ではその頭痛の原因を見つけて改善していくことをしています。

頭痛には頭痛の原因が

頭痛には頭痛の原因があって起きていますのでその頭痛の起きやすい原因として考えられているのは体調と眠りの浅さです。

眠りが浅いということも何回も夜中に起きない限りは寝ていますので本人ではなかなか分かりにくい現状が起きています。

寝ている本人はどれくらい深く眠れているかということはわからない場合が多くありますので頭痛の起きやすい方は多くは寝たつもりになっている場合が多いようです。

寝たつもりですから 眠りが浅く表面的な眠りしかできない方が頭痛になっている場合が多いということです。

眠りで頭痛が

眠りというのも時間を長くとるよりも 短時間でも深く眠るということが本当の眠りになりますので寝たつもりと言うのは夢ばかり見たいと言うよりも寝ながら考え事している睡眠と言うのがありますので寝ながら考え事をしている睡眠が一番あさく一番ダメな睡眠になります。

一番ダメな睡眠でも一応は寝ているわけですから本人は出ているからわかるわけはありません。

当院では検査することやまた頭を触ることでどれくらいその人が眠れているかということは判断できますので本人にも分からないことが当院では検査することで見えてくるものも多くあります。

眠れていないと脳疲労が強くなっていきますので脳疲労が強くなればなるほど 色々な痛みやコリは感じにくくなっていくホルモンが出てしまってモルヒネに似たホルモンが出れば出るほど痛みやコリ他の状態は分からなくなって体調も落ちているのか良いのかと言うことがわからなくなります。

当院で体調を見る時にはこれらを全て関係築けて見ることができますので当院の院長の検査と言うのは大変重要なものになります。

眠りが浅いと頭痛になる

誰でもそうですが眠りが浅いと脳は弱ってしまって脳に疲れやストレスがたまるという現状が起きてしまいますのでこの現象が起きれば起きるほどまた多くなればなるほど脳は弱っていきますがこの時に脳内麻薬が出てしまって 痛みやコリを感じなくなるというモルヒネが出てしまいますのでどんなに体調が悪くてもどんなに調子を落としていても自分の体調がわからないという状態になります。

だから当院の院長が検査してすごく体調悪い状態なのに本人は体調が良いという方がいます。

 

北九州市小倉南区と小倉北区と戸畑区とや八幡東区と八幡西区と行橋市と若松区と門司区と下関市から多くの方が訪れる頭痛を解消する治療院です。

Follow me!