腰痛を楽にするために

腰痛や腰の痛みを楽に生きていくためにはいろいろな方法があると思いますが当院では原因から改善して減らすようにしています。

急性的には湿布を貼ったり電気治療器をしたりマッサージをしたりしても腰痛は 多少痛みが楽になることもあると思いますが当院では隠れた原因から 腰痛を改善して 原因を見つけ出すことをしています。

腰痛を起こす時には原因があって腰痛を起こしていますのでその原因から改善していかないと繰り返しやすく癖になることも多くなります。

色々な物事にも原因がありますので原因から改善していかないと 繰り返し安く 原因はどんどん進行していく場合が多いようですから。

腰痛を楽にしていくためには

腰を痛める時には重たいものを急に持ったり体をひねったりくしゃみをしただけでも腰が痛くなることはありますがこれらは全てきっかけです。

腰痛が起きる時には骨盤のゆがみや骨盤の開きがある時が腰を痛める時ですから 骨盤のゆがみや骨盤の開きがない時にはまた減っていくときもありますので減っていく時には腰痛が起きたりすることはありません。

骨盤のゆがみや骨盤の開きはいつも同じではなくいつも変わっていますので大きくなったり小さくなったりしていても痛みは普通は起きません。

しかし大きな歪みや 大きな開きになっていく場合がありますのでこの時に同じ仕事や同じ生活をした 腰が痛くなります

同じことをしても痛みがある時もあれば痛くないときもあります

同じことをしても痛みが起きる時もあれば起きないとこともありますのでこの差と言うのは海鳥の問題になりますので体重が落ちれば落ちるほどということは疲れやストレスが多く溜まっていることを指しますので疲れやすいですがたまって体調をしている時ほど骨盤の歪みが大きくなっています。

骨盤の歪みやひらきというのはいつも変わっていますからその時の状態と言うのは疲れやストレスの度合いで変化しているということになります。

疲れやストレスの蓄積度合いが多ければ多いほど骨盤の歪みは起きますからこの時に重たいものを持ったりなどに代表する姿勢をすると急激に痛みが起きたり一気に悪化させて椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になっていきます。

椎間板ヘルニアと言うのは特別なものではなく体調を落としすぎると椎間板ヘルニアに誰でもなる恐れがありますので体調を早めにあげて疲れやストレスを減らすことが重要なものになります。

疲れやストレスが

疲れやストレスと言うのがいったいどこに蓄積していくのかと言うことが一番重要な腰痛を改善するための要素になりますのでその部分と言うのは内臓です。

この疲れやストレスと言うのが内臓にたまるということを一般的に我々は胃が疲れたと言うとことを言ったりしますし 目が疲れたと言うことも普通に言いますけどそれ以上のことは考えようともしません。

疲れと言うのは内臓に蓄積していきますので疲れが溜まれば溜まるほど内臓の働き悪くなっていきます

内臓にたまると

内臓には多くの疲れやストレスがたまるば食べるほど内臓の働き悪くなっていきますのででも働きと言っても病気ではありませんから注意して欲しいのですが内臓も疲れたりストレスを溜めると言うことは日常茶飯時に起きています。

この内臓で溜まる疲れやストレスというのが骨盤の歪みを起こして言って靭帯や筋肉のバランスが悪くなる現象が起きていきますので原因は内臓に溜まった疲れやストレスということになります。

北九州市小倉北区から多くの方が腰痛が楽になるので人気がある徳力整体院です。

Follow me!