肩こりを解消する

肩こり を解消するためには肩こりの原因になっているものから解消していくことが必要になります。

肩こりと言うと肩こりを起こす筋肉というものがありますがその筋肉は主には僧帽筋という筋肉です。

肩こり起こす筋肉として知られている僧帽筋は緊張したりする疲労することで肩こりを起こすことも多くあります。

普段から多く肩や腕を使うことが多くなったりしていますのでスマホを見たりパソコンで事務仕事をしたりすることもまたレジ打ちや重たいものを持ったりすることで色々な肩こりを起こすことうの仕事がありますからこれらを連続してきに使えば使うほど肩こり は起こリやすくなります。

肩を使うと

肩を使えば使うほど筋肉疲労は起きていきますので筋肉疲労が起きれば肩こりは起こります。

いつも肩などを使う仕事や物事をしているといつのまにかそれらが蓄積した状態で筋肉疲労が起きて筋肉疲労から肩こりになります。

筋肉 疲労も 軽ければ解消していく場合も多いようですが積み重なっていくとなかなか自力で回復することは難しく肩こりとして起こる場合が多いようです。

筋肉疲労がを あればあるほどリンパの流れも悪くなって老廃物が多く溜まって余計に筋肉疲労が強くなりますから筋肉疲労から肩こりが強くなります。

筋肉疲労をすると

筋肉疲労をすればするほど筋肉は疲れをためていきますので疲れをためていけば肩こりが強くなってリンパの流れが悪くなって老廃物が多く溜まっていきます。

筋肉が疲労するということは骨の歪みも起こす場合もありますので筋肉疲労と言うのを早めに改善していかないと骨が歪んだりずれたりする場合もあります。

しかし多くの場合筋肉が疲労するということはありますが骨が筋肉で引っ張られると言うよりも逆の場合が多いようです。

逆の原因と言うのはほとんど多くの場合皆さん思っていることと違います。

肩こりを起こす原因は体の中に疲れやストレスが溜まって体の中から崩れた状態のことを言います。

体の中から崩れる状態と言うのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因です。

もちろん内臓に溜まった疲れやストレスというわけですから病気ではありませんのでご注意して下さい。

体に疲れやストレスが頑張ったと言いますが内臓にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

この内藤に溜まった疲れやストレスの関係で 内臓に関係する所の背骨の歪みはずれが起きて行きますそして次には背骨のズレやゆがみが起きると筋肉が緊張してこりを起こして行きますこれが肩こりです。

多くの肩コリの場合この手順を踏まないと肩こりにはなり得ませんので 逆はあり得ません。

姿勢が悪い時にも 体の疲れが多く溜まっているわけですが姿勢を悪くしてしまうまた猫背にしてしまう原因は内臓疲労から起きています。

内臓に多くの疲れやストレスがたまると前かがみの姿勢になって前傾姿勢になりますのでこれが猫背の原因です。

胸を張って歩くことが難しくなりますので前屈みになって猫背になることが 肩こりにつながってくることもあります。

しかし中心的に起こっていることはすべて内臓に溜まった 疲労や疲れやストレスが原因ですから。

 

北九州市小倉北区から肩こりが楽になるために訪れていますカイロプラクティック徳力整体院です。

Follow me!